『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』  

あらすじ 第9

祈雨祭で見事雨を降らすことが出来たソは

王や町民たちに認められた。

一方好機を逃したヨは苛立ち母である

后妃に怒られる。

またハジンは光宗がソであることに気付き、

皇子達がソに殺されてしまう事に不安を感じる。

しかし、ハジンはソの本当の姿を知り

自分の力でソを変えようとする。

雨が降ったお祝いに王がウンと

スンドクの婚姻を行う事を決めた。

ハジンを好きなウンは拒否をするが、

王の前では認める事しか出来なかった。

婚姻当日、ウンは引きこもってしまう。

ハジンの説得と失恋した事を実感し

婚姻を行うことにしたウンだったが、

スンドクを妻として

受け入れることが出来ずにいた。

皇子達が楽しそうに過ごしているのを

遠目で見ていたハジンだが、ソを見ると

ソが皇子達を殺していく映像を

見てしまい、恐怖に怯えてしまう。


その晩、ソは后妃、ヨらに呼ばれ

家族で食事を共にする。

優しく接する后妃はムの暗殺を命じヨを

次期王にしようと企てていた。

しかしソはムに仕えていく事を自ら選んだと

して母親の命令を断るのであった。

ソはその足でハジンに会いに行くが

恐怖に怯えているハジンは怯えていた。

自分を避けるハジンに傷つくも

ハジンを離そうとしなかった・・。

 

『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』  

あらすじ 第10話

ハジンを外へ連れ出したソは海へ行く。

そしてハジンは好きな人がいると

宣言するもソは聞く耳を持たない。

ウクを思うハジンはソの愛情を

受け入れられないでいた。

宮女であるハジンを皇宮の外へ

出すことは禁じられていることであった。

そのためハジンを心配したウクと

ジョンは必至で探していた。

海から戻る道中、ウクらと出会うが

ハジンはウクと戻らずソと戻ってしまう。

この1件から更にウクはソに対し、

苛立ちを覚え始める。

その苛立ちを知ってか否かヨがウクに対し、

誰を標的にするか考えておいた方がよいと告げる。

ハジンとウクはいつもの場所で

落ち合い、ウクは婚姻を申し出た。

しかしオ尚君に見つかり、

その場所が封鎖されてしまう。

オ尚君は昔、ハジンのように皇子と

恋仲にあった頃、王の座を目に指した

皇子(現在の王)に捨てられた話をする。

そして王の座は人を変えるため、皇子との恋を

やめさせようとするもハジンは聞かなかった。

一方ウクも婚姻を考えていると

母とヨナ公主へ伝える。

しかし王を目指さず、一族を

見捨てようとするウクに怒り、

ヨナは后妃側へ着いてしまう。

ヨナと后妃らは手を組み、ソとムとの

関係を崩そうとするだけでなく、

皇宮で開かれる重陽節の宴でムに

毒を盛ろうと企てていた・・・。

 

無料動画もあります。

 麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』 

無料動画(日本語字幕なし) 第1~20話(最終回)

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!