「仮面の王イ・ソン」あらすじ(ネタバレ)第12話

大妃様は、自分の誕生祭で行われた影絵を見て衝撃を受け倒れてしまった。
自分がした事が影絵となって臣下達の前で披露されたのだ。

寝所に戻った主上陛下(イ・ソン)の着替えの手伝いをするガウンに主上は
「君の父を殺したのは私ではない。仮面の中の顔を見たのか」と。

そして「時がくれば真実を話してあげるので、当分の間は秘密にしてくれ」と主上が言った。

翌日、世子は頭領として大妃様の元へ足を運んだ。
「どうしたの」と尋ねる大妃様に「デモクが私を殺そうとしました」と演技をした。

世子は、自分を殺そうとした大妃様を利用し、デモクを倒す事を優先させたのだ。

次にデモクは中殿を選び大妃様の動きを封じようとするだろうと話す世子。
だが、主上はもう成人している為に阻止はできないだろうと。

そこで、大妃様が”禁婚令”を出し主導権を握るよう話した。
大妃様は、デモクを倒す為に世子を殺す計画を遅らせる事に。

大妃様はガウンを呼び、自分の誕生祭でガウンの父の恨みを晴らす約束をしたのに守れなかった事を謝った。
そして以前、主上の寝所に忍び込んだ時に見た竹筒に何かあると読んだ大妃様はガウンに持ってくるよう指示した。

世子は、ファグンにお願いがあり呼び出していた。
ヤンが死んだ時に持っていた毒の正体を知るために。

世子は、外国との取引をしているファグンなら何か知っているのではと思ったのだ。

だが、ファグンは毒を瞬間顔色が変わった。
ピョンス会が作った毒だと言う世子に”分からない”と答えた。

ファグンは、倭商達に聞いてみると言い世子から毒を預かった。

その頃ガウンは、大妃様の命令により主上の元へ。
睡眠薬入りのお茶を飲ませ竹筒を持ち大妃様の所へ向かった。

その途中で、メチャンが「ガウンお嬢様。私と少しお話しできますか?」と話しかけて来た。
ガウンが大妃殿に向かうことも知っていた。

メチャンは、むやみに動くと命が危ないと話した。
そして、ガウンが床に置いた竹筒をすり替えていた。

ガウンが大妃様に持って行った竹筒の中身は空だった。

寝てしまっていた主上(イ・ソン)は、行商の頭領と会う時間だとやってきたヒョンソクに起こされた。
ヒョンソクは主上の手に禁断症状の斑点を見てチム花薬を飲んでいない事に気づいた。

だが、置いてあったはずの薬が無くなっていた。

そして、イ・ソンに会いに来た世子は温室に通された。
そこにはヤンと同じ症状のイ・ソンの姿が。

「デモクが私をチム花薬中毒にさせました」と話すイ・ソン。
世子は苦しむイ・ソンに必ず薬を取ってくると話し、デモクの屋敷に忍び込んだ。

だが、侵入したことがバレてしまい入った部屋にはファグンの姿が…

その頃、毒が回り苦しむイ・ソンの側にはガウンが居た。
ガウンは、主上の手を見た時ヤンと同じ事に気づいた。

そして、同じ症状のヤンは死んでしまった事を話すと。
自分もそうなるからと主上はガウンに想いを寄せて居る事を話した。

そして、デモクの屋敷に侵入した世子はファグンがデモクの孫娘であることを知った。

ファグンから自分が渡したチム花薬を受け取り、ゴンの道案内の元デモクの屋敷を後にした。

世子はイ・ソンに薬を届け、一命を取り留めた。
ガウンは、15日後とにピョンス会が陛下に持ってくる竹筒を渡した。

それを見た世子は、父にも同じ竹筒が届いていた事に気づいた。
ガウンが竹筒を盗んだことを知った世子は宮殿は危険な場所である事を伝え
何故、宮女になったのか再度尋ねた。

ガウンは「お父様の汚名を晴らしてくれると約束しました。」
その為に、宮女になったと。

そして、誰が言ったのか聞き出そうとした時、またしても尚膳の邪魔が入った。

世子は、自分が知った全てをウボと師友に話した。
イ・ソンもヤンもチム花薬の中毒であった事。
そして、朝廷の大臣達はこの毒によってデモクに操られている事も。

大妃様は、禁婚令を発令し頭領(世子)には宮殿内に出入りする為に官職を与えた。
揀擇(王室の王妃・世子嬪を選ぶ行事)の選出が始まった。

その中の一人にガウンの姿があった。
ガウンは”チェ・ソヨン”と名を変えていた。

そして、大妃様や他の審査員の前でお茶を入れる作法をしていく候補者たち。
一番最後がガウンだった。

ガウンもお茶を飲もうとした時、お茶の匂いで何かを感じ取ったガウン。
すると、大妃様を始め次々に倒れて行った。

唯一、ガウンと手伝いのメチャンだけが毒にかからなかったのだ。
「医者を」と言うガウンに、倒れていないガウンが疑われるとメチャンは毒入りのお茶を進めた。

犯人になるか、毒を飲むかの二択を迫られたガウン。

メチャンは、「毒を盛られた」と急いで報告に出た。

 

第12話  感想

世子は、自分を殺そうとした大妃様を逆に利用しようと。
デモクを倒す為には、やはり権力のある大妃は必要なんですね。

大妃も大妃で、デモクを倒したいので世子を利用しようと。

ただ者ではないデモクを倒すには、今は協力する事が一番とお互い
同じ目標がありますからね。

ですが、最後に揀擇と言う王室の女を選ぶ行事で皆が毒で倒れてしまいました。
大妃様もとなると…誰が毒を盛ったのでしょう?

中にはデモク側の人間の娘もこの行事に参加しています。
謎に包まれたまま12話は終わってしまいました。

気になるのは、メチャンです。
彼女は、本当に世子の味方なのか…?

 

 

あらすじ 全話

「仮面の王イ・ソン」あらすじ(ネタバレ)第1〜20話

 

 

無料動画

「仮面の王 イ・ソン」動画(日本語字幕有&無)

第1〜40話 ユ・スンホ&キム・ソヒョン主演