『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』  

あらすじ 第19

皇チェリョンの一件からハジンと

ソの関係がギクシャクし始めていた。

その中、ウクとウォンの企みにより、

ベガとの仲も引き裂こうとした。

その企み通り、ベガはソの元から

離れて行ってしまう。

ソが出した新たな条例に民衆が

反旗を翻したが、それを止めるために

ベガの愛するウヒが民衆の前で

自殺をしたためである。

愛する人を失ったベガはソの方針

に耐え切れなくなっていた。


ある日、ウクが謀反を企てたとして

処刑を行うことをきめた。

ハジンはソを止めようとする。

そんなハジンに対してヨナはハジンのせいで

ウクが変わってしまったのだと告げる。

ハジンは自分がソやウクだけでなく、

多くの人の運命を変えてしまったのだと

気づいてしまう。


ソはハジンやウクからハジンとウクが

将来を誓い合った仲であり

愛し合っていたことを聞き、失望してしまう。

タイミング悪く、ジョンがハジンを

皇宮から出すために自分との婚姻を申し出た。

昔、ヨが皇帝出会った際にハジンとの婚姻を

認める文書を持っていたため、

誰も止めることが出来なかった。

ハジンもジョンとの婚姻を決意してしまい、

ソとハジンはお互いに辛い思いを抱えたまま、

別々の道を歩むことになってしまう。

 

『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』  

あらすじ 第20話(最終回)

ハジンとジョンはひっそりと二人で

昔のように仲良く過ごしていた。

ソはこっそり様子を見に行くも、

二人の仲を勘違いし、嫉妬をしたため

二人の情報を一切入れないようにした。

しかし、ハジンはソとの子を身ごもっていた。

弱っていくハジンは何とか子供を

産むも死期が近づいていることに気付き、

ジョンにソに会いたいと告げる。

ジョンはハジンの字がソと似ていることから、

自分で封筒の宛名を書き直してソに手紙を送った。

何度文を送っても一向にソはハジンの目に

現れず、ソを思ったまま死んでしまう。

ソは今までジョンが送っていた手紙が

ハジンからのものだと気づかず、

ハジンが会いたがっていたことを

知り駆け付けるも間に合わなかった。

嘆き悲しむソだったが、ハジンの心は

そばにいると気づく。

また、数年後ジョンが連れていた娘が

自分とハジンの子供であると気づく。

コ・ハジンは湖で溺れ死にかけて目を

覚ましてから、よく不思議な夢を見ていた。

ある日、化粧品売り場で高麗時代の話題になり、

その時代の事が気になり高麗時代の展示を見に行く。

そこでソが生きていた時代の絵を見て、

ハジンはヘスであった時の記憶を全て取り戻す。

そして、ソが自分の死んだあとに孤独な思いを

して生きていた事を知り涙する。


時は戻り、ソはハジンが別の時代に

生きていても必ず見つけ出すと決意する・・。

 

 

無料動画もあります。

 麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』 

無料動画(日本語字幕なし) 第1~20話(最終回)

 

 

 
このようなあらすじの記事を書いて、
月3万円副収入を稼ぐ方法をこっそりと
ナマでこちらから教えて差し上げます。
http://bit.ly/2yUC8q3