「トッケビ」第1話あらすじと感想

【あらすじ】

道端で物を売るおばあさん。 「人の手あかや、血がしみたものに、魂が宿ると、鬼になる。戦争で血を吸った剣が主の家まで浴びたのだから当然だ。その剣を抜けるのは、鬼の花嫁たった一人…」そんな話をしていると、若い女性が笑う。
その女性は、未婚の母だった。女性が立ち去ろうとすると、おばあさんは、腕を掴み、「生死を行き来する時が来たら、念を込めて願え。心の弱い神が聞いているかもしれない」と女性に語りかける。
1人の男性が男の子に声をかける。「出て行くのは、やめて、養父母と話をするんだ」という男性。 男の子が「何者だ」と尋ねると、男性は、去っていく。
その男性こそ、トッケビだった。
高麗時代、 トッケビは、人間だった。民衆は、男性を神と崇めていた。男性の名前は、キムシン将軍。 キムシンは、戦いに勝ち、凱旋する。しかし、キムシンを迎えたのは、大逆罪人の王命だった。
キムシンが、陛下に会おうと前に進むと、部下たちが矢を放たれてしまう。王宮には、王妃がいた。
キムシンは前に進んだ。すると 王は、「謀反だ。家族も全て殺せ」と命令し、王妃は矢で打たれる。
キムシンは、自分の最期を部下に託す。部下は、キムシンを剣で刺し、キムシンは死んだ。
1998年 現在のソウル。一人の男性が車にぶつかってくる。「イノシシにぶつかったんだ」と去っていく男性。トランクには、女性の遺体があった。 遺体の女性は、男性にお茶をもらう。その男性は、死神だった。お茶は、この世の記憶を消すためのものだった。
20年ぶりに家に帰ってきたトッケビは、家臣のユ氏と、孫のドクファと再会していた。
高麗時代、キムシンのところに現れた老人は、孫を紹介した。次の瞬間、雷が鳴り、キムシンは、トッケビとして生き返った。キムシンは、王に悪知恵を与えた内官を始末する。
1998年のソウル、トッケビは、ビルの屋上に。そこに、車に轢かれた女性がいた。
その女性は「自分はいいから、子供を助けて」と神に願い事をする。
トッケビは、その女性を助け、女性は出産する。
8年後、子供の名前はウンタク。 ウンタクには、幽霊が見えた。
9歳の誕生日、母は魂となって、ウンタクの前に現れる。
その後、お婆さんの所へ行き、ウンタクのことを頼んでいく母。
ウンタクが外に出ると、死神が立っていた。おばあさんが死神を追い払ってくれた。
10年後、ウンタクは、叔母に引き取られ、高校生になっていた。
「トッケビの花嫁なんでしょ」と、幽霊がウンタクに話しかける。
トッケビとすれ違うウンタク。
トッケビは、 ユ氏からパスポートを渡される。
一方、ウンタクは、祖母に茶碗を投げつけられ、いじめられていた。
ウンタクが海岸で、願い事をし、ろうそくの火を消すと、トッケビが現われた。「どうやって私を呼び出したのか?」とトッケビが尋ねると、「幽霊が見える」と答えるウンタク。
トッケビは、そばの花をウンタクに差し出す。「ジーニーみたいな守護神ですか?お小遣いください」と声をかけるウンタクだが、トッケビは消えてしまう。
トッケビが家に帰ると、死神がいた。 ドクファが死神に家を貸していた。トッケビは、仕方なく、死神と同居することに。
ある日、アルバイトの面接に行くウンタク。目の前に、また、トッケビが現れる。
また、ある日、教会でろうそくを消すと、また、目の前にトッケビがいた。
ウンタクはトッケビを呼び出す方法がわかった。
「おじさん、鬼ではありませんか?私は鬼の花嫁です」と話しかけるウンタク。
すると、トッケビは、「証明してみろ。何が見える?」と尋ねる。「お前は鬼の花嫁じゃない。幽霊が見えるのはかわいそうだが、原則を犯して、人間の生死に関わり、生まれた副作用のようなものだ」と続ける。
ドアを開けると、そこは、カナダだった。絶対についてこれないはずが、ウンタクは、トッケビについて来ていた。

 

 

【感想】
高麗時代に亡くなった、キムシン将軍が、トッケビとして、生き返るというファンタジー要素の強い ドラマ。 CG を使った映像がとても綺麗でした。
日本のドラマ「フランケンシュタインの恋」と何か設定が重なるところがあるなと、思いながら見ていました。
感動したのは、幼少時代のウンタクと亡くなったお母さんの会話のシーンです。「お母さん、本当に死んじゃったの。お母さんは、今どこにいるの?ごめんね。お母さん、見えるから。でも、見えるから、お母さんと会えた。私は大丈夫。大好きよお母さん。バイバイ天国に行ってね」と泣きながら、ウンタクがお母さんに語りかけるシーン。涙を流しながらの迫真の演技に、心が動かされ、感動して、涙が出そうになりました。
その後、おばさんに引き取られたウンタク。おばさんにご飯を投げつけられたり、ひどいいじめにあっているようです。
全体として、重厚なストーリーなのですが、ウンタクが可愛らしいので、トッケビとウンタクの会話のシーンは、何となくコミカルで面白くて、心が和やかになりました。
これから、トッケビとウンタクは、どのように関わっていくのでしょうか?本当にウンタクは、鬼の花嫁なのでしょうか?2人の間に、恋は芽生えるのか、見どころは満載で、これからのストーリー展開が、とても楽しみです。

 

 

トッケビ あらすじ 1〜16話(最終回)