仮面の王イ・ソン あらすじ(ネタバレ)

第13話

ガウンが揀擇に出る事になった理由は、大妃様の兄の娘ヨンジュを助ける為だった。
成功すれば必ず父の汚名を晴らすと約束した大妃様の頼みであったのだ。

だが、この揀擇で参加した娘達を始め大妃様までも毒に倒れてしまった。

陛下(イ・ソン)は、ガウンだけを別館に移し手厚く看護した。

今回の騒動は、大妃様が自ら仕込んでいたのだ。
揀擇で主導権を握る為に…この件でピョンス会側の揀擇の審査役は身を引いた。

だが…審査の手伝いにとファグンがやって来た。
反対する大妃様に対し、主上陛下(イ・ソン)はデモク恐ろしさにファグンを手伝いに加えた。

審査の手伝いを終えたファグンは世子に「お話があります」と言い呼び出した。
そこで、今回の毒の件はピョンス会ではない事を伝えた。

そして世子は、「もう会わない方がいい」と。
どちらかが死ぬ運命であるからだ。

世子が去ろうとした時、ファグンが「世子様」と言った。
ファグンは5年前に温室で会った時から世子の事を知っていたと。

そして、今まで助けて来たのは世子の事が好きだったからと告白した。
自分が”デピョンス”になった理由も世子を守るためだった事も。

ファグンの告白により、前回自分に薬入りのお茶を飲ませたのは大妃様である事を確信した。
だが、今はピョンス会を倒すのを優先し大妃様を手伝う事にした。

初揀擇を終え、次に進む三揀擇が選ばれた。
大妃様が読み上げようとした時、デモク側の領相が兵を連れてやって来た。

初揀擇の時の飲毒事件の犯人として疑わしい人が見つかったとやって来たのだ。
そして、逮捕されたのはガウンだった。

ガウンの逮捕は主上陛下(イ・ソン)にも伝えられた。
世子は、自分が何とかするから時間を稼いでほしいと頼んだ。

ガウンの尋問が始まった時、尋問場に陛下が現れた。
陛下は、自分の母が毒にやられたのだからと自分が尋問すると話した。

その頃、世子は真犯人を捜していた。
真犯人を捜し、大妃様を脅迫しようという作戦だった。

大妃様はすぐに行動にでた。
毒を盛った尚宮に金を渡しすぐに出ていくよう命令したのだ。

そして、世子は投獄されているガウンの元へ。
二人が手を取り合い話をしている姿を見て激怒する陛下。

翌日、陛下はガウンの元へ行くがそこでまた思い知らされる事になった。
ガウンが想いを寄せて居るのは頭領(世子)である事。

自分が宮女になったのは、父を殺した王に復讐するためであった事。
陛下は怒りを露わにした。

宮女=王の女、なのにガウンは頭領に想いを寄せている事実。
その足で、大妃様の元へ向かった陛下。

そして、許可もなく出宮しようとしている宮女がいると大妃様に報告に来たのだ。
アーティスト

だが、陛下の報告はガウンではなく大妃殿の焼酎部屋の尚宮のチョン尚宮だった。
大妃様が金を渡し宮から出した者の事だった。

陛下は大妃様と取引をしに来たのだ。
ガウンを釈放しろと…飲毒の犯人である大妃様自らが解決する事に。

そして、陛下(イ・ソン)と大妃様の取引が成立しガウンは無罪に。
結論は、誰かが毒を入れたのではなく毒性の薬剤が混ざっていたと言うものだった。

世子は、釈放されたガウンの元に向かい宮女から解放され自由の身になった事を伝えた。
だが…尚膳がガウンの元へやって「王様がお呼びです」と。

揀擇の結果が発表されるとの事で迎えに来たのだ。

合格者は大妃様により発表された。

大妃様の兄の娘チェ家のヨンジュも合格者の一人だった。
そして…ガウンもまた合格者の一人だった。

 

第13話 感想

自分を有利にしようとした大妃様も恐ろしいですが
やっぱり、イ・ソン…気に食わないですね。

ガウンを守るためと言いながら、どうにか自分の物にしようと必死。
必死さが痛々しいいです。

実際、世子の身代わりとして陛下になっただけの
なんの権力もないイ・ソンですが、今は一国の王ですから。

ガウンが、本当は仮面の中身がイ・ソンである事を知った時
どうするのでしょうか。

ガウンは、チョンス(世子)が好きだとはっきり言っているのに
陛下は、自分の物にしようとしているわけですからね。

自分だったら、イ・ソンが怖いですね…
権力を持つと人は変わってしまうのかと…

結局、宮殿を出られなくなってしまったガウンの今後が気になります。

 

 

あらすじ 全話

「仮面の王イ・ソン」あらすじ(ネタバレ)第1〜20話

 

 

無料動画

「仮面の王 イ・ソン」動画(日本語字幕有&無)

第1〜40話 ユ・スンホ&キム・ソヒョン主演

 

 

 
このようなあらすじの記事を書いて、
月3万円副収入を稼ぐ方法をこっそりと
ナマでこちらから教えて差し上げます。
http://bit.ly/2yUC8q3