仮面の王イ・ソン あらすじ(ネタバレ)

第14話

やはり揀擇でガウンが合格したのは、陛下(イ・ソン)が手を回していたからだった。

陛下は、大妃様と手を組みガウンを合格させ自分の元に置き
そのかわりに右相の娘ヨンジュを中殿にする約束をしていたのだ。

世子は、ガウンを宮殿から出す方法を捜し始めた。
そして、世子は陛下に毒消しが見つかったと贈り物を送った。

だが、陛下の護衛ヒョンソクは毒消しはデモクだけが知っているはずなのに
頭領(世子)がどうやって、毒消しを知ったのかと世子を疑った。

味見尚宮に毒がない事を確認させ、毒味をさせた陛下。
だが、毒消しを食べた尚宮は血を吐き死んでしまった。

陛下は、友だと言った世子の裏切りに腹を立てヒョンソクに本物の世子は頭領ある事を話した。
そして、陛下はデモクの元へ向かった。

陛下は、デモクに”本物の王になりたい”と頼んだ。
その為なら、ピョンス会の為にどんな命令にも従うと。

陛下は、本物の世子が生きている事をデモクに話した。

デモクは全てを知ってしまった。
ファグンが世子を生かした事、行商の頭領と名乗るものが本物の世子である事を。

これを機にファグンはデモクの部屋に閉じ込められてしまった。

世子は、宮殿の中に居るメチャンにガウンに宛てた文を渡した。
その文には”今晩、連れに行く”と書かれていた。

だが、その夜二人が宮殿を出る事はなかった。
陛下が、宮殿を出る事に禁止令を出していたのだ。

ガウンは、自分のせいだから自分だけを罰するよう陛下に頼んだ。
陛下は、尚宮のメチャンを解放しガウンを温室へと連れて行った。

そこで、陛下は仮面を外し自分の本当の姿をガウンに見せた。
その姿を見たガウンは涙を流した。

目の前には、幼い頃から一緒だったイ・ソンが居たのだ。
そして…世子のせいで自分が偽の王になったとガウンに嘘を話したのだ。

更に、行商の頭領が本物の世子であることも話したのだ。

頭領(世子)との約束の場所に、ガウンが後からやって来た。
ガウンは”重要な物を忘れた”と世子を連れ温室へと戻った。

ガウンの言う”大事な物”とは、世子がガウンの父に水路工事の調査を命じた時の文だった。
そしてガウンは「この温室の主人はチョンスさんなのですか」と…。

世子は、本当の事を話した。
自分が本物の世子である事を…

それを聞いたガウンは、今まで騙されていた事に怒り持っていた小刀を世子の首元へ。
だが、ガウンは父の言葉を思い出し世子を殺すことが出来なかった。

”自分が死ぬのは世子様のせいではない”と言う言葉を思い出し…

ガウンは「二度と私の前に姿を現さないで」と世子に言った。

ガウンが真実を知った事はウボの耳にも入った。
師友は、自分が殺したのに世子が辛い思いをしているのを見て居られなかった。

師友は、ガウンの元へ行き自分がガウンの父を殺した張本人だと話す決意をする。

その頃、デモクの元に信じられない人物がやってきていた。

陛下(イ・ソン)の護衛のヒョンソクだった。
ヒョンソクはデモクの手下だったのだ。

そして、世子からの贈り物として陛下に渡った毒消し…
毒消しを贈ったのはデモクだったのだ。

チム花毒の中毒になった者にしか効かない毒消し。
普通の者が飲めば、ただの毒として命を落とすというものだった。

そして、デモクは陛下宛てに一通の手紙をヒョンソクに託した。
その内容は”世子が死ねば、イ・ソンを本物の王にする”と言う内容だった。

陛下は、すぐに頭領(世子)に”今晩、密かに話したい事がある”と言い呼び出した。

イ・ソンは、もう世子を信じれないと…イ・ソンは自分が真の王座に就くために世子を切り捨てた。
デモクに、世子が生きている事を話した事も伝え王座は返さないと世子に話した。

外に出た世子の元に、外の様子がおかしいと中に入って来ていた師友が世子をむかえた。
すると、続々と世子を捜す者達が行き交った。

最後の一つの門に向かった世子と師友だったが、そこには沢山の兵が居た。
そして、逃げた先は行き止まりだった。

身動きの取れなくなった二人の前の扉が開き、出て来たのは尚膳だった。
尚膳のお陰で、世子と師友は宮殿を出ることが出来た。

だが、次はガウンがデモクによって拉致されてしまったのだ。
看病していたメチャンが事を伝えに世子達の元へやって来た。

デモクの伝言を伝えに…

”連れ戻したければ一人でデモクの所へ来い”

メチャンとウボは、朝鮮国民の為に世子を行かせるわけには行かないと…

だが、世子はデモクの屋敷へと向かった。

 

第14話 感想

ガウンが、真実を知ってしまいましたね。
でも…イ・ソン…本当に、何を考えているのか。

ガウン欲しさに王座を求め。
本物の世子を殺そうとするなんて。

罰当たりもいい所ですね。
イ・ソンも辛い思いをしてきたのは分かりますが度が過ぎている。

全ての真実をガウンが知った時、どうするのでしょう。
絶対にイ・ソンにはつかないでしょう。

そして、ヒョンソクはやっぱりデモクの手下だった。
イ・ソン可哀そうに。

デモクが、本物の世子が生きている事実を知り
しかも、本物と偽物がガウンに想いを寄せて居る事も知り利用しましたね。

絶対殺されると分かって居ながらもガウンを助けるために一人デモクの屋敷に向かった世子。
男気があふれている。

 

 

あらすじ 全話

「仮面の王イ・ソン」あらすじ(ネタバレ)第1〜20話

 

 

無料動画

「仮面の王 イ・ソン」動画(日本語字幕有&無)

第1〜40話 ユ・スンホ&キム・ソヒョン主演

 

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!