【THE K2】あらすじ 3話

ユジンの命令で車のトランクへと押し込まれたジェハは
抜け出し、再びユジンの前に現れ銃を向ける。
そして部屋から顔を出しその様子を見たアンナは、「撃て」と
ジェハに叫びながら訴える。
そんなアンナを見て自分以外にも死んでほしいと思う者がいたと言い
ユジンの部下たちに囲まれながらも、ユジンを離さず人質に取る。

セジュンにもユジンが人質に取られたと耳に入り同車していた
キム室長が自宅へと急ぐ。
しかしセジュンは、自分の身を考え帰る事を止めようとするが
キム室長はセジュンとの約束‥アンナを守るために再び車を
急がせる。

ジェハはユジンに運転をさせ家を出る。
少し走った時にユジンはジェハと交渉を始める。
自分の弱点をジェハに握られているために、価格を消えるよう
ジェハに言うが、その言葉にジェハはユジンを言葉で刺激する。

自宅へと到着したセジュンとキム室長。
ユジンの事とアンナの事を順に聞く。そしてアンナが無事と分かる。
アンナはドアを少し開けて父の姿を確認し会えると期待しながら
暗い部屋で胸を膨らませていた。
しかしセジュンは娘であるアンナに会わず、体を休めると言う。

一方ユジンとジェハ。
走る車の後ろからバイクを乗った二人が追跡を続ける。
ジェハはユジンの部下かと思っていたが、車の異変に気付くユジン。
100キロ、120キロとスピードが上がる様子に、ハッキングだと
ジェハは言う。
ユジンの秘書たちも様子がおかしい事に気づく。

ユジンは運転を続けるが、猛スピードで走る車に恐怖を感じ
交差点に入ったと同時にジェハが運転を変わる。
華麗な運転裁きをしながら、更にスピードを上げるジェハ。
そんなジェハにユジンは気は確かかと言うが、ジェハは
リモコン操作が可能な距離感は20メートルだと言い
スピードが落とせないなら上げてバイクとの距離を離す作戦に。

バイクとの距離をあけるから、窓あくまでスイッチを
押し続けるよう指示しながら運転を続けるジェハ。
ジェハたちを追う部下たちも要約バイクの者がユジンを狙って
追跡している事に気づくが、既に遅くジェハたちの車は
障害物に次々ぶつかり、横転する大きな事故となる。
また部下たちは、ユジンの秘書の命令でバイクの二人をそのまま
車ではねるのだった。

横転した車‥
血だらけのジェハは車の中から何とか出る。
しかしユジンは気を失い反応がなかった。必死に声掛けを続け
車が爆発する前にユジンを救出したジェハ。
そして、そのまま始末するかと思いきやユジンはジェハを
病院に運び絶対に死なせてはならないと言いジェハを病院へ。

ジェハは自衛隊にいた時の頃の夢を見ていた。
基地を離れるため、思いを寄せる人にプロポーズをしOKをもらう夢。
夢を見ながら涙し目を覚ましたジェハは手足縛られていた。

昨晩の事件、事故はテロとニュースで流れた。
ニュースを同時に別の部屋で見るユジンとジェハ。
ユジンは、体を起こしながら、見舞いに来た弟と話しながら
ニュースを迎える旦那セジュンに一晩看病した夫と
髪の毛やネクタイなどを乱す。
そのようにセジュンも記者たちの前で演じ生放送で流された。

そしてジェハにはボディガードをしないかと言う話が。
キム室長はジェハの身分証明書を用意し、話を持ち込むが
ジェハは、もう忠誠や組織に関わるのはごめんだと断る。
キム室長も生半可な気持ちで誘っている感じはなく、ジェハの
腕前を信じての事だったため、大統領選挙が終わるまででもと。
ジェハには届かず、キム室長にとっていい返事は返ってこなかった。

テレベータ―に乗ったジェハ。
その時、ユジンの見舞いに訪れていたパク議員が乗ってくる。
ジェハはパク議員の顔を見て、目を見開き目の前にいるパク議員を
殺そうと、過去の事を思い出しながら殺意が芽生えるのだった。

 

 

 

【THE K2】あらすじ 4話

ジェハは昔の事を思い出し目の前にいるパク議員を
殺したくて仕方がなかった。
そして、病室に戻ったジェハは過去の記憶に苦しみ
その後、パク議員の近くまで行き襲撃しようとするが
男の子が邪魔し失敗に終わる。

その時、身分証明書をせがまれたジェハは逃げようとする。
ユジンが現れ自分と手を組むよう提案をし、ジェハはその
提案にのりJSSチームに入りK2という名を受けた。

JSSに入りトレーニングを始めるジェハ。
ランニングを終えてギプスが外れたジェハに声をかけてきたのは
JSS武術師範のソン・ヨンチュン。
今まではジェハがギプスをしていたため、声をかけなかったソンは
ジェハに道場に来るよう言う。

道場に向かったジェハを相手に組手をしようと言うソン。
しかしソンは、ジェハには適わず負けてしまう。

キム室長に呼ばれたジェハは、チーム長に連れられキム室長の元に。
ギプスが外れたと同時にVIPチームに入るよう指示するキム室長。
しかし一緒にその場にいた、ソチーム長は、まだジェハを
迎える準備ができていないと言うが、ジェハはそんな事お構いなく
話が終わったなら失礼しますと去る。

話を終えシャワーをするジェハ。
ジェハ以外にもシャワーをするチームの者たち。
ジェハをやろうと一斉に殴り掛かるみんなだが、ジェハは
次々と負かし、余裕の表情でシャワー室を出る。
その様子を監視カメラで見ていたキム室長とソチーム長だった。

VIPチームの会議が始まりジェハが新メンバーとして紹介され
新たに配属場所を確認するよう言われる。
ジェハの配属場所はアンナが住む家に決定されていた。
アンナの警護をするよう指示を受けたジェハは、家政婦から
アンナの詳細を聞いたあと任務する部屋へと向かう。

同じ場所に配属されてる。
アンナが逃げ出さないように数々の監視カメラが設置されていた。

一方セジュンとユジンは、大きなパーティーに出席していた。
セジュンを囲む女性数人、それに喜びながら対応する
セジュンを見つめるユジンの元に、パク議員。
お互いに攻撃しあっており、ユジンはパク議員に。
パク議員はユジンに痛々しい言葉をかけあう中、一旦休戦と
話すパク議員だった。

夜中の勤務を務めるジェハ。
アンナが行動し画面越しにアンナの姿を見るジェハ。
アンナはラーメンが食べたくなり、ラーメンを探し見つかった際に
満遍な笑顔で喜ぶが、ガスの元栓が閉められておりショックを受ける。
そんなアンナの様子を見ていたジェハも、残念がる。

パーティーを終えた仮面夫婦。
ユジンはセジュンに他の車に乗るよう言いカメラも多いので一度
手を振り車に乗るようにと言う。
カメラの前で幸せな夫婦のフリをするセジュンだった。
帰りの車でユジンは運転手に気づかれないよう静かに涙した。

監視カメラを確認し一旦
たばこを吸おうと外に出たジェハは屋根の上から人影を感じ目をやる。

 

 

K2 あらすじ 1〜16話(最終回)全話

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!