【THE K2】あらすじ 15話

奇襲をかけたソンウォン。
ソンウォンをクラウド・ナインに入れたチェワン。
侵入者ですの声で、ジェハとユジンが目を合わす。
そして笑顔で中に入ってくるソンウォンだが
自分たちが居る場所は鍵をかけさせた。
ジェハは爆弾を持ち込んでいるこ呟き、ユジンは
扉ごしに話す。
爆弾を持って来たんだと目の前で時間を設定し脅す。

パク議員とのテレビ電話が繋がる。
自分はデータさえあればいいと言うパク議員に、手元になく
ジェハが渡さない事を正直に伝えたユジン。
ジェハは、データを手に入れたが妨害さえなければ
今頃パク議員に渡していたと話す。
私がジェハを雇ったと笑うパク議員。
ユジンとジェハは演技をしながら、目で話をする。

スーツを着て立ち上がったジェハ。
現場に行ったらチョロを寄越してと頼み、戻らないと言う。
そしてユジンに全てを捨てたら幸せになれるとジェハ。
しかし鏡を捨てる事は出来ないと言うユジン。
そして鏡は自分そのものだが、もうジェハのものと言うユジン。
ユジンは、違う形で会いたかったと言いジェハを行かせる。

アンナはユジンとの約束通り、韓国から発つ。
ミラン・家政婦・K1に見送られながら、飛行機へと向かった。

ジェハはデータを取りに病院の駐車場へ。
ユジンはジェハが外に出た事を確認してから、鏡に
エレベーター停止と外部通信を切らせた。
今の状況をキム室長に伝え、生放送の時間とユジンは言う。

ユジンのゲームが開始された。
まず、裏切ったチェワン。自分の命は2時間だから一時間以内に
孫を殺すよう指示。孫を死なせるわけにはいかず、謝るチェワン。
幼い子に罪はないと言うチェワンの言葉に了承したユジンは
自分の目の前で死ねば孫は助けると言い放った。
そしてチェワンは、ユジンの前で死んで見せた。

それを見ていたソンウォン。
これがクラウド・ナインのやり方と言うユジンに、さすがだと
拍手をするソンウォン。
しかし次はあなたの番とユジンは微笑みながら言う。
ソンウォンと来た隊員に撃ち殺すよう言うユジンは最初に撃った者に
10億ウォン振り込むと宣言した。
しかし、隊員全員に10億ウォンと言い隊員が大金に眩み
一斉に銃をソンウォンに向ける。
ソンウォンは、自分の方がお金はあるといい、爆弾の解除は
自分しか分からないと、ユジンは命令を取り消し
二人になったユジンとソンウォン。
ユジンは頭をきらし最終は隊員も私につくと言う。

病院の駐車場に到着したジェハ。
データを手にしたが、同行した隊員に傷口を殴られ倒れる。
パク議員に連絡をとりデータを入手したと隊員。
そしてジェハは消すよう命令をしたが、チョロの到着で
ジェハは助かる。

そしてセジュンに会い、今すぐデータの内容を公表するよう言い
クラウド・ナインとユジンを失うと。
しかしセジュンとチョロは公表は次期を見てと拒み
ジェハに銃を向けるチョロ。
本来の目的がアンナをユジンから守りパク議員を葬ることだったが
もう、うんざりとジェハはパクを殺すと車を降りた。

時間はだんだんたち、ユジンとソンウォンは昔の話を。
爆弾のこともありソンウォンは焦りさえ見せだす。

セジュンからの電話を受けるユジン。もちろんソンウォンも聞こえる。
まだ爆発してなかったかと言うセジュンはユジンに
ジェハが自分にプレゼントをくれたと相談する。
そしてユジンを爆弾からすくうには、データを公表しろと言われたと
ユジンに伝えるセジュン。
こっちは心配いらないとソンウォンを見ながら言うユジンは
セジュンにジンハンの会長に逆らえば全て潰すと伝えるよう頼んだ。

セジュンはユジンに言われた通り、財界のメンバーを呼ぶことに。
パク議員は、セジュンにデータが渡ったことを知り、
危機から逃れるためアンナに目をつけるのだった。

飛行機にのっていたアンナは警察庁により降ろされた。

パク議員のアジトへ潜入をしたジェハ。
アンナが人質になったと気化されたジェハは、傷口の痛みを
こらえながら、アンナの居場所へ急ぐ。

パク議員はセジュンにテレビ電話でアンナを拉致している所を
見せつけ、データとアンナを交換だと言い交渉する。
アンナをクラウド・ナインに連れて行き、一気に片を付けると。

ジェハはパク議員の部下から聞いた場所に到着。
傷を負いながらも戦うジェハ。
何人とも戦いながら、アンナの声を聞くジェハ。
車に乗せられるアンナを見ながら、連れて行かれてしまった。
殺せと命令するが、そう簡単にジェハを殺せず‥

JSSでは、捕まった社員をソン師範が助ける。
アンナが本社へ連れて来られ、ソン師範らがアンナを救う。
ソン師範はアンナを逃がし、アンナは駐車場へ。
声を出しそうになったアンナの口を塞いだソン師範。
そして同時に、アンナは母が亡くなった日に口を塞がれたのも
ソン師範だと気づくのだった。

ジェハはパク議員の補佐官にアンナの居場所を聞き出し
クラウド・ナインにいると吐き出すが、ソンウォンが設置した
爆弾は一度作動したら止まる事はなく爆発してしまうと
告白をされるジェハ。

 

 

【THE K2】あらすじ 最終話

爆弾は止まることなく爆破すると聞かされたジェハは
クラウド・ナインに急ぐ。

クラウド・ナインの二人は‥
もう死ぬしかと言うソンウォンに、クマルーゲートの事を質問。
ソンウォンは義父やメンバーを陥れるための罠だったと。
そしてクマールゲートの頭がソンウォンだと分かった。

楽しい会話はここまでと、ソンウォンが出る前に
株を放棄することを覚書を書くよう言うが、ソンウォンは
無一文になるくらいなら、ユジンと死ぬと断った。
そこへ隊員が帰らせてと言いよると同時刻キム室長が連絡。
しかし、電話の途中でアンナがJSSに居るとソン師範から
報告を受ける。

ソンウォンが連れて来た隊員は解放せれ、セジュンが
本社に到着した。
そしてジェハもJSSに到着した。
ジェハは着くなりアンナを探す。
うまく隠れていたアンナは、要約ジェハと再会。
だがアンナは捕まり、ジェハに銃が向けられた。
両手を挙げるジェハはアンナだけを見て、オルム(待て)の合図
そして(座れ)と‥アンナが従ったと同時に、ジェハは隊員を撃つ。
地下で銃声を聞いたJSSメンバーは地下けと向かう。

セジュンとチョロはクラウド・ナインへ。
セジュンだけを残し、ユジン・セジュン・ソンウォンの3人に。
ユジンはデータを渡してと言うがセジュンはアンナの命が
かかっているから渡せないと言う。
大統領の席が水の泡になっても、娘を守りたい気持ちが強いようだ。
セジュンが大統領を目指したのはユジンを潰すためと告白。
強気ねと言い、早く言ってくれれば見直していたと言うユジンは
へリンを殺してもなければ命令もしていないと。
今までへリンを殺したフリをしたかの問いに、自分の選択は
間違っていたと認めたくなかったとユジン。
人生の半分を無駄にしたと謝るユジンにセジュンは今更と‥

ユジンは財界メンバーに電話を。

電話が終わりアンナがクラウド・ナインへ。
残り18分の時、ソンウォンはキム室長の足を撃ち、アンナを
捕らえながら扉ろ開き、ソンウォンを中に入れた。
アンナを餌にデータをよこすように言うソンウォン。
ユジンは渡したらだめと、エレベーターの作動を止めようとするが
ソンウォンはユジンの下腹部を撃った。
撃たれたユジンは、ソンウォンが外に出れないように
エレベーターを止め崩れ落ちた。
ユジンは撃たれアンナを守るためデータを渡したセジュン。

パク議員も最終手段に。
財界メンバーにクラウド・ナインの状況説明をし
財界メンバーを自分につかせようとする。

ジェハが起き上がり爆弾が解除できない事を知らされた。
しかしパク議員の命令で動いた財界メンバーが通信機能などを
切ったと分かるユジン。
止血をアンナに頼むセジュンにユジンは聞き流してと言うが

アンナはセジュンの言うとおりに。
その行動を見たユジンは、よかったわねと話かけるが
黙ってと言うアンナ。
このまま死ぬのねと言い、アンナの母もあの時死にかけていたと
アンナに話す。

自分が到着したときには遅かったと‥
自分にも父がいて父はおかしいものだと語るユジン。
アンナの母を殺したのは命令されたソン師範だと明かす。
ユジンは自分のためにと何をしたかを知って駆け付けた時には
一足遅く、ソン師範がドアの陰にいて幼いアンナを抱えているのも
知っていたがアンナの顔を見るのが怖くて振り向けず
そのまま帰ろうとしたら、へリンが腕を掴み助けを求めたと‥
そんなへリンを見捨ててしまったとアンナに告白した。

自分が殺したのも当然と言う。
アンナにその手を離すようユジンは言う。

12分がたったころ。
救出するためにロープを用意。クラウド・ナインを通じる場所に
ロープをつたって降りるジェハ。
エレベーターをこじ開けクラウド・ナインへ到着。
ジェハはまず、アンナとソンウォンを行かせるが、ソンウォンが
自分だけの安全を優先しロープまで落とし逃げたのだった。

急ぎジェハは脱出をしようと言うがユジンは断る。
そしてユジンだけが残りエレベーターへと乗り込む4人。
だがセジュンはそこから出て、爆弾の威力を弱めるため
ユジンの元に行ったセジュン。
そして、セジュンは爆弾を中に運び、ユジンに共に死ぬ事を決意。
そして鏡に扉を閉めさせたユジン。
セジュンは、あの世へは一緒に行こうとユジンを抱きしめ
二人の最期は仲睦まじい夫婦で爆弾の中に包まれたのだった。

爆弾が爆発しジェハの応答を皆が待つがジェハの返答はないと
思われたがアンナの返答で生きている事を確認。

ジェハはブラックストーン民間人虐殺事件についての裁判に
出席していた。
アンナはセジュン・ユジンの全財産を手にした。

周りからはアンナは全財産や権限を持っても何もできないと
言われ、パク議員も余裕を見せる。
しかし運転手と思った相手はジェハ‥
そしてソンウォンを待ち構えていたのは、足を撃たれたキム室長。
あの時の仕返しを倍にして返した。
パク議員は自殺をしむけられたのだった。

アンナとジェハ。
ユジンから受け継いだ権力を消そうとするアンナ。
パソコンのキーボタンを押せば全てがとジェハが話しているが
アンナは全部話を聞かずボタンを押す。
するとジェハは二人で味わいたかったジェハにキスをするアンナ。
辛い過去も記憶も全て整理をして二人は再スタートした。

【感想】

ストーリーはとても難しく複雑な内容でした。
しかし、登場する人物は一人一人が悲しい過去を背負って
ぶつかり合ったことが分かりました。

 

 

K2 あらすじ 1〜16話(最終回)全話

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!