「トッケビ」第12話あらすじと感想

【あらすじ】

 

ウンタクの前に現れるジュンホン。死神は「20年前、恐れを知らない亡者に会った」とシンに話す。
恐くなったウンタクは、コートに、ライターを忍ばせる。
死神に会いたがるサニー。死神も、「記憶を取り戻したい。恋しい」と思っていた。
「死神だとサニーさんにばれた」とシンに話す。
シンの日記を書き写したノートをシンに奪われてしまうウンタク。「これはラブレターじゃない」とシンは言う。「100年生きてきたある日…」と文を読むウンタク。シンは、「そんな文章じゃない。あいつが分かるはずない。私だけが知ってる言葉だ」と驚く。
ドクファに疑いを持ち、シンと死神はトクファを探す。 死を嘆嘆願したから、機会を与えた。なぜ、まだ生きているのか。記憶を消したことはない。神は誰だ、質問するもの。答えはお前たちが探せ」 と言って、神はトクファの体から抜けていく。
「あの人死神だってと」いうサニーに、「キムウビンさんは、死神だけど、いい人だ。家の前に来ても、ウビンさんに会う確率は少ないから、連絡してみて」とウンタクは言う。
死神達は、集団で、チキン屋を訪れる。
女死神に、「お前の前世が気にならないか。さっきの店の女主人の手を握ってみろ」と声をかけるジュンホン。
死神は、「ユ会長の名簿が来た」とシンに教える。
自分に申し訳ないと思っているユ会長の姿を見たくないとシンは、会長に会おうとしない。「必ず生まれ変わる。次の人生では自由に生きろ。ありがとう」との言葉を死神に伝える。トクファを迎えに来るキム秘書。
ユ会長の死を弔うとするシン。
不滅とはどんなものか悟るウンタクは、「少し泣いても、それよりいっぱい笑って、それが受けた愛に対する礼儀です」とシンを優しく慰める。
「おじいちゃんに孝行もできなかった。おじいちゃんに悪くて、生きていけない。一人になっちゃった」と泣くドクファに「おじさんと一緒にいよう」と慰めるシン。
死神も、トクファに気持ちの整理をする時間を与えなかったことを後悔する。

<スポンサードリンク>


ユ会長の後を継いで、キム秘書がグループの CEO になった。
これからは、会長のようにシンに遣えようと心に決めるトクファ。
ある日、死神の顔が王ワンヨに見えるシン。
大学に行くウンタクに、 シンは、ネックレスをプレゼントする。「半径30 CM 以内に、男を立ち入り禁止だ」と言って、ウンタクを送り出す。
そして、シンは、キムウシクに会いに行く。「寂しい思いをしただろう。許してくれ」と声をかける。ウシクは、採用が決まり、キム秘書はウシクに立派な家や車を与える。
ウンタクは、シンを証明写真を撮るところに呼び出し、一緒に写真を撮る。
テヒは、メジャーリーグに行くことになったと話し、いきなりキスするウンタクに、シンは喜ぶ。
また、ジュンホンに会うウンタク。「何が望み?」というウンタクに、「ワンヨは、シンと暮らしている。お互いを知ればどうなるだろう」というジュンホン。
一方、死神も、「私は、ワンヨもしくは、ジュンホンではないか」とウンタクんに話す。
サニーの前に、女死神が現れ、サニーの手を握る。女死神の前世は、王妃に仕えた女官だった。
サニーと会う死神。「死神のくちづけは、前世の記憶を思い出す。あなたの前世に、私が何をしたのか怖い。良い記憶だけ思い出せば。あなたのお兄さんのことも、思い出せば嬉しい」とサニーにキスする死神。
サニーは、前世のことを思い出す。
王は、ソンの指に指輪をはめ、「選択しなければならない。私の女として生きるか、謀反の罪人の妹として死ぬのか」と迫る。「陛下を愛する女は、無謀の罪人の妹です」と答えるソン。
「あなたの前世の中に、私もいますか」と死神は尋ねる。「幸せで輝いた記憶だけを残して、辛く悲しい瞬間は忘れてください。私のことも忘れてください。あなただけはハッピーエンドに」と泣く死神。
焼き芋代を返しに来たシンに、「幸せになる約束も守れなくて。これからは、たくさん会いに来てくださいね」と言って、シンを抱きしめるサニー。
「死神は胸が痛くなった日。シンは、寺で、キムソンとワン…の弔いをしていた」とトクファから聞く。
幽霊から話しかけられても、気づかず、ウンタクは、幽霊が見えなくなっていた。
車の中で、「ジュンホンと会った」とウンタクはシンに話す。
シンは、ジュンホンを探し出し、首を締め上げると、とどめをさす為に、剣で切るが、ジュンホンは死なない。「お前のそばにいる死神が、誰か知ってるか、剣を刺したのがあの男だ。あの男がワンヨだ」と告げるジュンホン。
シンは、サニーに、「お前の前世にあの死神がいたのか?ワンヨなのか」と確認する。
死神も自分がワンヨだと気付いた。
寺にいる死神を見つけるシンは、「上将軍キムシン。陛下にご挨拶します」と言って、死神の首をつかむ。

 

<スポンサードリンク>


 

 

【感想】

今回、私が印象深かったのは、死神がサニーにキスするシーンです。自分のことをたとえ忘れてしまったとしても、悲しい記憶、辛い記憶は忘れて、楽しい瞬間だけを覚えていてほしい。サニーさんだけはハッピーエンドにと願って、サニーさんにキスした死神。死神は、本当にサニーさんを愛しているんだなということが、すごく伝わってきました。
シンもウンタクに対して、一途な愛を貫いていますけど、このドラマでは、男性が一途に女性を愛する姿がよく描かれていて、それが見ているものの心を打ちます。
シンが、ウンタクにネックレスを渡して、「半径50センチ以内に、男を立ち入らせるな」と言ったシーンも、微笑ましくて良かったです。
女性にとって、男性に一途に愛されるっていうのは、幸せなことだなあとこのドラマを見ていると、つくづく感じます。
私が前に予想した通り、死神の前世は、やはり、王ワンヨでした。
これから、ワンヨとサニーさんの恋、また、シンとウンタクの恋も、どうなっていくのか? 二つの恋の行方が気になります。

 

トッケビ あらすじ 1〜16話(最終回)

 

 

超面白い韓国ドラマが31日間
無料お試しで400作品以上見放題!
なんと!今すぐに、見ることができます。
韓流LP