「トッケビ」第14話あらすじと感想

【あらすじ】

 

シンが消えると、ウンタクは、すぐに、日記に名前はキムシン、背が高くて、悲しく笑う。雨となって戻る。初雪になって戻る。私はあの人の花嫁よと手帳に書き留める。
泣き崩れるウンタク。
神は、トッケビを知る全ての人の記憶から、消える。それが平安で、配慮だと言っていた。
シンは、地上に残り、「雨として、初雪として戻る。
それだけはさせてください」と祈る。
月日は流れ、9年後、ウンタクはラジオのプロデューサーになっていた。
ウンタクは死神とすれ違うが、「人違いかな」とつぶやく。
シンにもらったペンダントも、母の遺品かと思っていた。 ウンタクは、サニーと交流を続けていた。
高校の卒業式で、友人になったクラス委員長と、サニーの店で、焼酎を飲み、語り合うウンタク。
幽霊も今は見えず、幽霊たちは、事実上、未亡人のようだと噂していた。
ウンタクは、雨が降ると、底知れぬ悲しみに襲われ、それがなぜかわからなかった。
初雪が降る日、「何を忘れたんだろう。誰を忘れたんだろう。誰か助けて下さい」と思いながら、ろうそくを吹き消すウンタク。
その声がかすかにシンに届き、神は、ウンタクの前に現れる。ウンタクを抱きしめるシン。

<スポンサードリンク>


思わず、涙するウンタク。
私のこと、知ってるんですか?どなたですか?と尋ねると、 乙と答えるシン。 ウンタクは、シンを俳優と勘違いする。
ドクファに会いに行き、名乗るシンだが、ドクファは、分からない。
サニーを遠くから見つめるシン。続いて死神に会う。「無に帰ったという噂の鬼か、塵や風、雨として散ったのではなかったか」と問いかける死神。
死神だけは、シンを覚えていて、シンは戸惑う。
死神の記憶をそのままにしようと神とサムシンが話し合ったのだ。
「よく戻ったな」と喜ぶ死神。
死神は、「9年前、900年前に言うべきだったが、私の女を、お前を守れなかったことを許してくれ」と涙する。
うなずくシン。
サニーとは、9年会っていないという死神。
シンは、「ウンタクは、ラジオのプロデューサーになったが、覚えてない」と伝える。
ドクファがやって来て、 シンは、ソファーの下に隠れるが、バレてしまい、死神は友人が遊びに来たと取り繕う。 ウンタクは、ミスをして、「気温が22度。と放送してしまう。しかし、放送局の前は、実際に22°で、桜の花が咲いていた。
その側には、シンが立っていた。
ウンタクが仕事をしている時、ろうそくの火を消すと、また、シンが現れる。
お金を持ち合わせていないシンに、ウンタクは冷たい態度をとる。
死神にお金を借りるシン。
シンは、キム秘書の所へ行き、ユシンジェ、キムシンと名乗ると、ドクファは、おじさん。キム秘書は、ユ会長の遺書にあった人物と気づく。
キム秘書は、シンに、家と身分証、カードを与える。
ある日、仕事で、叱責されるウンタク。
スポンサーと広告を交渉して、埋めるよう指示される。
「何をしているんですか」とシンに尋ねるウンタクに、とっさに「あの会社一番偉い人、証明します」と話すシン。
シンは、本当に代表理事で、ウンタクは驚く。
「あの方の名前は?」と尋ねると、キム秘書がユシンジュだと教える。
ある日、ドクファは、ある手紙を持ってくる。
その手紙は、昔、ウンタクがカナダで投函したものだった。
ウンタクは、サニーの家の屋根裏部屋に引っ越しているから、サニーに手紙を渡そうとシンらは、話す。
死神に手紙を預けるシン。
サニーは不在で、死神は、仕方なく従業員に手紙を渡す。 サニーは、監視カメラで、死神の姿をみて、イケメンだと話していた。
手紙は、ウンタクが、カナダから母に宛てて書いたものだった。
「パスポートも持ってないのに」と不審に思うウンタク。そこにシンから、電話がかかる。

<スポンサードリンク>


散歩に誘い、家を聞くシン。
ふたりは、デートする。
ウンタクは、心の病気の薬を飲んでいて、シンは戸惑う。 初めて外国に行くと話すウンタクに、「緊張しないはずだ。私を信じてください」とシンは言う。
ウンタクは、カナダに行ってみることにした。
手紙は、確かにカナダから送られたもので、10年前に、投函されたものだった。
ドアが開き、そこからいきなり現れるシン。「私は怪しいものではありません」というシンに、ウンタクは、「こっちに行ってみましょう」とようやく心を開く。

 

 

【感想】

今回、私が深く印象に残ったのは、シンのウンタクに対する深い愛情でした。
ウンタクは、シンのことを覚えていないので、何かと辛く当たってしまいますが、シンは、それでも、「平安ならそれでいい」と言ったり、ウンタクの仕事のミスをカバーしたり、スポンサーになってくれたりと、賢明にウンタクをサポートしています。
ウンタクに、気に入ってもらおうとか、好かれようとか、 ということを考えず、見返りを求めないで、ただ、ウンタクのことを愛する。これこそが、無償の愛だと思いました。 
こんなに強く、シンに愛されているウンタクのことが羨ましいと思います。
でも、いつかはウンタクも、シンのことを思い出すと思うので、それがいつになるのか、楽しみに待ちたいと思います。

 

 

トッケビ あらすじ 1〜16話(最終回)