キャリアを引く女  あらすじ 11話

グムジュの説得のお蔭で、ゴールデンツリーが
キム局長の弁護人を務める事となった。

第1回公判日が来た。

その日、グムジュの元に一本の電話が。
検察が裁判所に提出していない監視カメラの
映像があると言う連絡だった。

グムジュはすぐにバヤンクラブに確認に行った。
そこにはキム局長が電話をしている姿があったのだ。

不利になるとオソンはこの証拠映像を裁判所に
提出していなかった事が分かった。

グムジュは被害者とキム局長の秘密の携帯を持ち
裁判所へと戻った。

その頃、裁判所ではキム局長が同性愛者である
事実が公の場で明らかとなっていた。

そこに到着したグムジュは証拠をマ弁護士へと…
マ弁護士は、この携帯の事を知っていたのにも
関わらず、検察が調査しなかった事実を突きつけた。

この携帯には被害者パクの最後のメッセージが残されていた。

「君の妻に話に行く。もう我慢できない」と

そして、キム局長は自分がパクを殺した犯人ではない事を認めた。

ボッコの元に、刑務所から出たキム局長から連絡が来た。
”美食会”の参加名簿を謝礼として渡し
自分ができなかった事をボッコに委ねると…

かくまっているミナの部屋へ行ったボッコ。
そこで、ミナがパーティーでおじさん達に会ったと話した。

そして、スキャンダルの出ていたユ・テオの動画を撮った事を。
だが、その動画を撮った携帯は”たまり場”でなくしてしまったと。

その動画に映る女性は今スキャンダルされている
女性では無い事も分かった。

ミナのお蔭で、少しずつ見え始めた真実。

トミー・キムのアカウントを使っているのがソ・ジアである事。
”美食会”の帰りにオソンの別荘に寄り、そこで
ユ・テオと女性の情事を携帯で撮った事。

ミナを拉致した人々はミナの撮影した動画を
追っている事も推測した。

この件に関してグムジュも知っておくべきだと考えた
K-factの仲間の声に、ボッコはグムジュを呼び出した。

ストレートに話せばいいものを、遠まわしに
前に話したストーカーに会って欲しいと。

 

 

 キャリアを引く女  あらすじ 12話

マ弁護士は、ク弁護士にグムジュに今回の弁護士試験を
受けてみてはどうかと提案した。

だが、ク弁護士は試験を受ける事は反対だと言った。
グムジュに資格が必要だと思わないと。

仕事中にグムジュの携帯が鳴った。

前に話したストーカーに会わせる為
今すぐ家に来てくれとボッコからだった。

だが、ボッコの呼び出しに素直に応じず
マ弁護士と仕事を続けていると、また電話が鳴った。

ボッコの家に着くと、見知らぬ女の子が部屋から出てきた。
その女の子が名を名乗ると、聞き覚えのある名前に
グムジュはもう一度名前を聞いた。

家出少女事件の、あのミナだった。
ミナが生きていた事に喜びボッコに泣きながら抱き着いた。

三人で食事をとり、今までの話を聞いたグムジュ。
ボッコはグムジュを家まで送った。

だが、寮に帰るとグムジュの部屋は荒らされていた。

そして、家出少女事件でミナを殺したと逮捕された
オ・ギョンファの所にカン・プロがミナの携帯を回収に来ていた。

グムジュも、ギョンファンを探しアルバイト先にやって来たが。
店員になりすましたカンが、ギョンファを隠してしまっていた為に
グムジュは、見逃してしまう。

その頃、ボッコはグムジュの背後に映る怪しい男の
写真を見ていた。

グムジュが危ないと察知し、ボッコはグムジュを
自分の家に住まわせることにした。

そして、ミナが見つかったと知ってマ弁護士は
行方の分からないギョンファンの供述を嘘発券機にかけ
ミナの携帯の話で、嘘を付いている反応が出た事をグムジュ達に知らせた。

その頃、ギョンファンはカンに閉じ込められていた。
ミナの携帯の在処を吐かせるために。

殺すと脅されたギョンファンは携帯の在処を話してしまった。

そして見つけた携帯にはユ・テオと女の姿が撮られていた。
一緒に居た女は、イエリョンだった。

そしてイエリョンの所に、裏金を作っていると調査員が押しかけた。
離婚起訴を起こすため、すんなり離婚させる為のオソンの策略だった。

イエリョンの裏金問題はすぐにニュースに。
それを見たグムジュとマ弁護士はイエリョンの元へ向かった。

そして、イエリョンの了承を得て弁護人になる事に。

 

 

『キャリアを引く女 』 あらすじ(ネタバレ) 第1〜22話(最終回) チェ・ジウ&チュ・ジンモ主演

 

 

無料動画はこちら

韓国ドラマ『キャリアを引く女』 無料動画

 

 

超面白い韓国ドラマが31日間
無料お試しで400作品以上見放題!
なんと!今すぐに、見ることができます。
韓流LP