キャリアを引く女  あらすじ 5話

ハム・ボッコに呼び出されたグムジュ。
グムジュは契約前にボッコに条件を提示していた。

その条件とは、新米弁護士のマ弁護士を
連れてくるという条件だった。

グムジュにはマ弁護士が必要だった。

だが、マ弁護士はグムジュが自分を必要と
している事を知ると、この話を断った。

グムジュは、またボッコに呼び出された。

グムジュを”恩恵会 定期バザー会”の出席に同席させる為に。
このバザー会には女優のユン・ユレも出席していた。

泥酔状態のユレがボッコの姿を見つけた。
するとユレはテーブルにあったナイフを持ちボッコに近づいて行く。

その姿を発見したグムジュはボッコを守ろうと
自分がユレに刺されてしまった。

グムジュは緊急手術が終わり目を覚ました。
だが、目の前にいたゴッコは労りの言葉ではなく

「早く治せ。高い年俸を払っているんだから」と冷たく言う。

この時、マ弁護士はSNSで中傷されて自殺未遂をした
ピョン・ソミンの弁護士として動いていた。

だが、被害者が心を開かず苦戦していたマ弁護士だった。

グムジュが入院中に、また事件が発覚。
今回は、チェ・イエリョンがホストクラブに出入りしていると
SNSに写真付きでアップされていたのだ。

この件で、義理の妹のハン・ジウォンの仕業だと世間で噂が流れていた。

グムジュは退院と同時に、ホストクラブに出入りしていると
SNSにアップされた、チョ・イエリョンのテンパッチ問題を調べていた。

そして、マ弁護士が弁護するピョン・ソミンと
チェ・イエリョンの弁護をするにあたり
マ弁護士に共同弁護をしないかと話を持ちかけた。

グムジュは、マ弁護士に心を開かないソンミの元へ行き
グムジュの話を聞いたソンミは共感してくれる
グムジュに心を開き、説得に成功した。

事務所に帰宅した、グムジュ。
ソンミの説得のお蔭で、ソンミのSNSのIDを入手することが出来
ソンミに会おうとしていた男が判明した。

SNSで発見したその男は…
ハン・ジウォン(チェ・イエリョンの兄の妻)の夫だったのだ。

この男が原因でソンミはSNSで叩かれる事になったのだ。

 

 

 キャリアを引く女  あらすじ 6話

今回の件は、ハン・ジウォンがSNSでピョン・ソミンと
チェ・イエリョンを中傷し嘘の画像をアップしたものだった。

この件に関して、グムジュ側は賠償金とハン・ジウォンの
公開謝罪の条件を提示した。

ジウォン側はグムジュの妹のヘジュが弁護人だった。
「ごねないで下さい」と言うヘジュに
用意してあった資料を渡した。

その資料にはソンミと内密な関係にあった
ジウォンの夫のSNSへの投稿と記事が…

ジウォンがテンパッチ(プライバシーを侵害するSNS)を
始めた理由が明らかにされた。

この事実をヘジョは知らなかったのだ。
今回の問題はグムジュ側が勝ち終わった。

マ弁護士は公開謝罪の文を持ってボッコの元へ。
だが、ゴールデンツリーには入らないと
言ったマ弁護士が、自分が話した時は断り
グムジュのお願いには応えている事が気に入らなかった。

「片足だけ突っ込んで、チャ・グムジュの周りをうろつくな」
と警告するボッコだった。

この件でヘジュは、交渉が出来ていないと言われ
仕事も見合った仕事のみとなってしまった。

そして、グムジュはボッコに呼び出された。
すると、テンパッチに上がったチェ・イエリョンの
ホストとの資料を渡された。

SNSに写真をアップしたのは、チェ・イエリョン本人だったのだ。
グムジュは、チェ・イエリョンから友人の証として電話番号を渡された。

そして、ヘジュはプロ野球選手のカン・ヒョノの
脂肪吸引の手術での医療ミスの弁護を務めていた。

だが、ヘジュはカン・ヒョノが退院後すぐに酒を飲んでいる
SNSにアップされていた画像を妻のソン・ミンジョンに見せ
多額の保証金と引き換えに、故人の過失だと
記者会見を開くよう指示していた。

この頃、グムジュとボッコの悪い噂が流れ始めていた。

そして、ゴールデンツリーでは、
新たに弁護士を雇う為に面接を行っていた。

その面接に現れたのは、マ弁護士だった。
グムジュは、マ弁護士を採用した。

この事は、ボッコの耳にも入り
マ弁護士が気に入らないボッコは子供の様な態度で
マ弁護士に突っかかった。

 

 

『キャリアを引く女 』 あらすじ(ネタバレ) 第1〜22話(最終回) チェ・ジウ&チュ・ジンモ主演

 

 

無料動画はこちら

韓国ドラマ『キャリアを引く女』 無料動画