『匂いを見る少女』作品紹介

 

日本でも絶大な人気を誇る韓国の

アイドルグループJYJのメンバー、

パク・ユチョン主演の韓国ドラマ

『匂いを見る少女』の作品紹介です。

物語は主人公のチェ・ムガクが妹を

殺されるところから始まります。

 

水族館で働いていたムガクに両親はおらず、

妹と二人で仲良く生きていました。

 

そんなある日、妹が何者かによって殺されてしまいます。

 

大切な妹を殺した犯人を捕まえるため

刑事になったムガクでしたが、彼は痛みの

感覚・嗅覚・味覚を感じないという

「無感覚症」になっていました。

 

一方のチェ・ウンソルはまだ高校生だった

3年前、謎の男が両親を殺害する現場を

目撃してしまいます。

 

そして彼女は犯人の男に追いかけられ、

逃げる途中で事故に遭ってしまいます。

 

長い昏睡状態から目が覚めると全ての

記憶を失っていたウンソルは、刑事の

オ・ジェピョに引き取られオ・チョリム

として育ててもらいます。

 

そんな彼女は昏睡状態から目覚めた後、

左の目が青くなっていました。

 

そしてその目はなんと、

匂いを見ることができる目でした。

ひょんなことからチョリムに出会ったムガクは、

チョリムの能力を使ってバーコード

連続殺人事件という大きな事件に

挑むことになっていくのです。

 

そして二人は自然と惹かれ合うようになります。

果たしてムガクの妹を殺した犯人は誰なのか、

チョリムの両親を殺したのは誰なのか、

複雑に絡み合った事件の裏にある真相とは。

 

ユチョンのコミカルな演技が光る、

ミステリーラブコメディーです。

 

 

『匂いを見る少女』あらすじ 第1〜23話(最終回)

1〜4話  5〜8話  9〜12話

13〜16話  17〜20話

21〜23話(最終回)