【キムサブ】あらすじ(ネタバレ) 5話

キムサブはかつて、神の手と言われるくらいの有名医師。
その事を事務長に聞くドンジュ。
しかし事務長は知らないと言う。ドンジュはキムサブが
本当に自分の思う人物ならば、辞表を取りやめてもいいと
事務長の口を割ろうとする。

大学病院のト院長。
キム師父の正体がブ・ヨンジュだと知り、ドンジュを利用しようと
外科長に言う。

ソジョンは、キム師父の提案でオーダリー(雑用)として
病院に残る事に決めスタッフ皆に話を聞いてもらう。
仕事に戻り、ベットシーツを交換している所にドンジュが来た。
ドンジュに何故病院に残る事にしたのか聞く。
キム師父がブ・ヨンジュだから技術を学ぶと言う。

そんな会話をしている中、居眠り運転による大事故が・・
トルダム病院は一斉に患者だらけになった。
7人中、危篤患者、軽傷患者と様々な症状な人が多数運ばれる。
患者の1人が心肺停止・・
キム師父はマッサージをするが、残念ながら亡くなる。
仲間が悲しむ中で、加害者の運転手も同じ病院に居り
心臓に痛みを訴え、手術を。

キム師父とドンジュは、別々に手術を始める。
キム師父は余裕で手術を進め、ドンジュも順調に手術を進める。

しかし最悪な事実が・・
事故で運ばれて来たサイクリングの仲間たちは
過去にガンと診断された人たちの集まりだと事務長が知る。
そして、まさにドンジュが手術する患者が、元々ガンを
患っていた患者だった事、そしてガンが再発し、細胞が破裂し
出血が止まらない状態に・・
ドンジュは大学病院で手術を失敗した時の事を思い出し
出来ないと泣きながら手術を拒んでしまう。

キム・サブはドンジュを励ますように言葉をかけ、
また手術に同席したナム先生とオ先生も言葉をかけ
ドンジュは手術を成功させたのだった。
しかしキム師父は、ドンジュのやり方に怒った。

その様子を聞き、ドンジュの落ち込んでいる姿を見たソジョンは
ドンジュが羨ましいと言う。
自分が5年間ずっど望んだキム師父との共同手術を数日で
一緒に手術をしたんだからと。
いつまでもひがみで捉えるドンジュを慰めたソジョンだった。

キム師父は自分が大学病院にいた頃の事を思い出す。

他の医師が死なせ、自分が行っていない手術の罪を着せられた過去。
その件で大学病院から追放されたキム師父だった・・

キム師父を追放したト院長の命令で部下を
トルダム病院へと来させていた。

キム・サブには、外科長。
ドンジュにはソジョンの友人でありドンジュの先輩のインス。
そしてト院長の息子はソジョン。
それぞれ話をする。

ト院長の息子はあなたが「狂ったイルカ」と聞く。
そこにドンジュがやって来て、自分の同期で一般外科医だが
特別な人材、ト院長の息子だとドンジュに聞かされた。

外で話すかつての同僚。
過去の追放以来、キム師父と外科長は会っておらず
何の用だと聞くキム師父。
その問いに外科長は、カジノの会長は自分とこの財団の
会長でもあると打ち明けられ、手術を放棄するよう言う外科長。

 

【キムサブ】あらすじ 6話

ずぶぬれで院内の椅子に座る女の子。
タオルを肩にかけ優しく声をかけるト院長。
その女の子は当時、母を自殺で亡くしたソジョンの姿だった。
ソジョンは母からの手紙をト院長に見せ、私のお父さんですかと
何度も聞いたのだった。

ト院長の息子、ト・イムボム。
ドンジュからそう聞き、お節介がすぎるとイムボムは言う。
2人が少し言い合いになる話の間に入り、久しぶりと声をかける。
しかしイムボムは返答に困ってしまう。

母を亡くしたソジョンはト会長に引き取られ
イムボムとは家族として暮らしていた過去がある。
イムボムは訳が分からなくなり出ていくのだった。

キムサブは会長の元に行った。
外科院長から聞いた会長が自分が追放された
大学病院の理事だと聞いたため、追加の機材を要求。
理事をしているなら、もっと分け前をもらおうと思ってと言う。
自信満々じゃないかの言葉に、自信なんてないが
じぶんが描いてみた絵はあると言ったのだった。

この時、キムサブはナム先生の所に。
ドンジュは外科長とインス先輩と外出していた。
どちらも院内にはいなかった。

その頃のERはオ先生に大声で喋る人が。
バイクの交通事故患者の保護者でソウル病院に搬送すると。
しかしオ先生は患者がオペ直後で絶対安静が必要と話すが
誰が勝手に手術をしろと言ったんだと声を荒げ
自分には保険福祉部の偉い人と知り合いと言う男は
万が一の事があったら承知しないと脅す。
そんな会話を聞いて、ソジョンが近くに。
そして患者の状況を話すが男の怒りはヒートアップ。
オ先生は他の患者の事もあるから外でと誘導するが
触るんじゃないと怒鳴られる。
オ先生は電話を手に保険会社にかけてくださいと2回目の
覚醒を見せ、男を黙らせた。

オ先生は落ち着き、キムサブとドンジュが院内にいないと気づき
電話をかける。

ドンジュは先輩たちと食事をしていた。
ドンジュは一体いつ戻るんだと言う問われる。
キム師父の話を悪く言う外科長はドンジュを戻らせるため
キム師父のあらゆる事を話す。

二人が留守の時に急患が来た。
イムボムが乗ったタクシーの運転手が患者だ。
しかし、ソジョンは指示が出来ず困ってしまうのだった。

キム師父の元にカジノの支配人のチュ。
このまま会長の手術を放置することで喜ぶのはト院長だと言い
一つの書類をキム師父に渡すチュ。

先輩たちと別れたドンジュは不在着信の数を見て
ソジョンに電話をかける。
救急患者で腹膜炎だと思うと言うソジョン。
しかし病院に戻るのに40分はかかると言うドンジュ。
10分で来てくれなきゃ死んでしまうと。
慌てるが帰る方法が見つからず、ドンジュはソジョンが
ERの責任者だから、戻るまでソジョンがと言いタクシーに乗った。

苦しむ患者を目の前に、キム師父の言いつけで雑用だけを
命じられていたソジョンは、ドンジュが戻るまでの間
治療を開始した。
その場にいたイムボムにも手伝わせたのだった。
腹部に胆のうを見つけ緊急オペとなり、ナム先生に連絡を。

キム師父はナム先生と居た。
病院から呼び出しだと言うが返事はなく、ナム先生は
病院へと走った。

そんな中、ト院長は会長に呼ばれ、キム師父が要求した
リストを見せトルダム病院に贈るよう指示。
ト院長は、追放された彼にそこまでと言うが会長に逆らえず
言う通りにするト院長は、キム師父に怒りその足で
トルダム病院に向かった。

病院へと急ぐドンジュは、道で事故に遭っている人と遭遇。
救出をしていて遅れをとっていた。
もちろんソジョンの電話も気づかない。

緊急オペを目の前にどちらも戻らない状況で、イムボムは
機材があるなら自分が執刀すると言う。
オ先生は病院に登録してない医師が執刀は出来ないと言うが
他に方法があるかと言うイムボム。

ナム先生も到着しオペを始める前にナム先生は再度キム師父に
電話をかける。
そして事故があって遅れていると電話を折り返したドンジュに
もう遅いと言うソジョン。
イムボムが執刀する事が電話で分かる。

そしてオペは開始された。
ドンジュも救急車に乗り急ぐ。

まず病院に戻ったのはキム師父。
その数分後にドンジュも事故に遭った患者を連れて戻る。

急いで指示し手術室に。
キム師父と遭遇し、お互い外出していた事が分かる。
そしてキム師父は誰が手術をしているんだと言いながら手術室に。
状況はと聞き、ソジョンに言わせる。
そしてイムボムに目を向け、二人が不在だったため手術したと。
その場にいたナム先生も何度も電話したからなと。

外ではト院長が到着していた。

オペを終えキム師父の後ろにソジョンとイムボム。
事故患者の状況をドンジュに聞き、引き続き患者のフォローを
ドンジュに任せ、ソジョンとイムボムは着いてこいと。

その時に事務長がト院長を連れて目の前に現れる。
その後ろから、ソジョンとイムボム。
二人の反応、それもイムボムの反応を見て
よりによってト院長の息子さんがうちのオペ室でオペされたと言う。
ト院長がイムボムに怒鳴るを見てソジョンは自分の指示だと
イムボムを庇った。

部屋に連れて来られた二人。
ソジョンにお前が執刀を頼んだのかという問いに
「そうです」と答えるがイムボムは自分でオペを申し出たと。
しかしまたソジョンが庇いの繰り返し。
しかしキム師父はイムボムにオペの時間を聞き、後で本院と相談し
処分を下すと言う。
どんな処分かを聞きたいイムボムに規則違反をしたんだから
それなりの処分がと言うキム師父の言葉にソジョンはまた
口を挟む。
雑用の分際でと言うキム師父。
ソジョンは雑用の分際で申し訳ないと謝るが。また同じ事があっても
自分は医者だから同じ決断をすると言い切ったのだった。

事務長が来て院長室に呼ばれたキム師父。
チュ支配人から貰った資料を手に院長室に入ったキム師父。
お茶を用意したヨ院長を横に向き合って話す二人。

灯台下暗し・・
改名までしてこんな近くで隠れていたとはしてやられたと言うト院長。
裏切りは得意分野だろと言いながら、チュ支配人より受け取った
書類を目の前に置くキム師父。
書類の内容は、トルダム病院を無くし療養院設立の書類だった。
トルダム病院を利用する急患の事を考え物事を言うキム師父。
反対にト院長は、急患など知らんという様子。

話を変え、息子の話を出したキム師父。
手を出したらお前は一貫の終わりだと言うト院長に
自分は既に14年前に終わってる人間だから怖いなどないと。
そんなキム師父を見てト院長は望みはなんだと聞く。
病院の設備は会長に頼んだが医者の手配がムリだと言うキム師父は
お前の息子を俺に寄越せと笑みを見せながら言う。
息子を人質にするつもりかと言うト院長だが、キム師父は単に
使えると思ってと答え、いい医者にしてやるからと再度寄越せと。

話を終え出て来たと院長はソジョンに遭遇。
謝るソジョンに、ト院長は失望したと言葉を残し
外で待つイムボムには一発なぐり帰っていったのだった。

キム師父はERに行った。
ドンジュが受け持った患者は整形外科の医師が必要で
他の病院に搬送できないかの電話をしていて、なかなか見つからない。
それを見て、キム師父が電話をかけ搬送先が直ぐに決まる。

患者を搬送した後、ソジョンの処分が心配になり
どうするのかを聞くドンジュ。
執刀医が俺とお前しかいない病院でお互い不在だった状況で
何が言えるんだ、自分が出かけるなら俺がいるか確かめてから
出かけろよと言い返し自分も気をつけるからとキム師父。

胆のうオペを受けた患者の妻が来院。
夫に話しかける妻の姿を見て、自分がした事、そして患者さんが
無事ならいいと見つめるソジョンだった。

翌朝
事務長が大騒ぎ。
事務長に連れられ向かった先に
本院よりトルダム病院に派遣された医師たちの姿があった。

その派遣メンバーの中には外科長のソンを先頭に
インス先輩、イムボムまでいたのだった。

 

 

『キムサブ』あらすじ(ネタバレ)1〜20話(最終回)