【キムサブ】あらすじ 7話

トルダム病院で本院の職員と向き合うキムサブたち。
しかし、真ん中にたつ外科長のソン先生はト院長に会長の手術の阻止
そしてキムサブの芽を掴んで自分の目に映らないようにしろと言われ
本院より派遣されたのだった。

オ先生や看護婦の前に本院のチーフ看護師を率いるメンバー。
大きな態度で対面する。

イムボムは派遣される前、父であるト院長に負け続けの
息子に関心は持たない、この機会に一度勝ちを掴めと派遣。

医務室でソジョンと話すインス。
派遣されたインスは、この派遣に文句が残っている様子。
その時イムボムが医務室に入って来る。
ソジョンは前回のオペのせいで来たのか聞くがイムボムは
気安く話をかけてきて親しいふりをするなとキツい言葉をかける。
そんなイムボムに怒ったドンジュ。
そしてあいつと僕たちは違うと言うドンジュにソジョンは
何か聞きドンジュは特別と言う。
そんなソジョンを可愛いと言うのだった。

そして医務室を出たイムボムに一緒に働くんだから仲良くしようと
話をかけるが心を開かないイムボムだった。

ソン科長(本院の外科長)は事務長と話を。
封筒を差し出し今日付けでトルダム病院の室長に任命。
それを元に、トルダム病院の事を共有しようと話し
室長をもちあげるソン科長。

ソジョンはチーフ看護師に担当のポジションを尋ねられた。
ソジョンの脳内には皆に「オーダリー」と言われる顔が浮かぶが
救命医と嘘をついてしまうのだった。

オ先生は今の状況をよくないと言う。
しかしキム師父は放っておけと言い部屋から出る。

男性看護師のパク。
新しい機械が来たから古い機械を倉庫に持っていこうと
新しく雑用として入ったウさんといる。

それを聞いたソジョンはハイブリットルームに行き
新しい機械とご対面。
ソジョンはそれぞれの機械に向かってまるで子供に話すかのように
歓迎していた。
その様子を見ていたキム師父も自然と笑みが。

ナム先生は自分の店でゴミ捨てに行こうと外に出た。
そんな時、血だらけの男が来て倒れた。
直ぐに病院に連絡をしたナム先生。

男を背負って来院したナム先生。
ソジョンが服を切り、怪我の状態を見る。
刺し傷が何か所もあり緊急事態。
その場にいたインスに挿管するよう指示。
引き続き止血をしながら緊急オペの準備。
同時に急患。
一気に忙しくなるERにドンジュがおらず手が離せない状況で
雑用のウさんが呼びに走る。

ドンジュと遭遇したソン科長。
話をしている所にイムボムが。
ソン科長は話が出来ず先に去った。
ドンジュとイムボムは一般外科医の同期生で犬猿の仲。
経験をつむために派遣に参加したと言うイムボムにドンジュは
俺に勝てるなら勝ってみろと言う。
殴り掛かろうとするイムボムは自分の手がもったいないと言うが
ドンジュの実力もないくせにと言う言葉にイムボムは
ドンジュを殴ったのだった。
ウさんの呼びかけで二人はERに呼ばれた。

最初に到着したドンジュはソジョンに事故の藩士を聞く。
ソジョンは唇の傷に気づくがその事にふれさせずキム師父の元に。
遅れてイムボムも到着し患者の状況で直ぐオペ。
そしてチーム看護師により情報を貰ったソン科長が大きな病院にと
言ううがソジョンの言葉でかき消しに。
そしてキム師父はイムボムを執刀、ドンジュは助手、
自分は脊髄を担当すると言いオペ室に。

今回のオペで助手と言われたドンジュは拗ねていた。
ドンジュがオペ室に現れない状況。
オ先生はもう一度連絡をと言うが、キム師父は必要ないと
オペを始めようとする。
その時ドンジュは遅れましたと言い、オペ室に入るが
ドンジュに冷たく必要ないと助手を自ら行う。

手術室から追い出されたドンジュ。
薬を持った来てドンジュの唇に薬を塗るソジョンに
付き合おうと言うドンジュ。
頑張ってどんな事があっても助手でもやると言い
頑張るよう言い、少し元気がでた様子のドンジュはオペ室に。

トイレに寄っていたドンジュは黒いスーツの男と再び
出くわした。
そして腰に刃物のようなのを新聞紙に巻いてあるのを目撃。
直ぐに室長に報告し、自分はオペ室に向かった。

オペ室。
オペ中の患者の加害者が院内をうろついてるかもと報告した。
キム師父に出て行けと言われるドンジュは残ると言う。
しかしキム師父は助手と言った時に拗ねたドンジュに対して
怒っている。
私情をはさんでオペ患者に何かあっては困るため
オペ室から出るよう言ったキム・サブ。
オペ室に入る資格も、息する資格もないから出て行けと
言われてしまったドンジュだった。

そんな時、ソジョンは手術室に前で戻りたいと呟く。
そんなソジョンの前にドンジュが見た男が。
ソジョンも診察を行い、退院をするよう言った男。
その男はソジョンに刺された患者はこの中かと言う。
外でそんなやり取りがおこっていることを知らないオペメンバーは
終盤に入っている。
そして次にキム師父がポジションチェンジをし背中の傷の手術を。
ナム先生はドンジュに助手に入れと目で合図するがドンジュは
マスクを取ってしまう・・

始めようと言葉を出したキム師父。
その時、手術室のドアが開く。
ソジョンの首元にカマを持った男・・
謝りながら手術室内に進んでくるソジョン。
男は、ここの偉い人は誰だと言いキム師父が私だと言う。
男はただちに手術をやめろ、辞めなければソジョンが死ぬと
脅されるのだった。

 

 

【キムサブ】あらすじ 8話

絶体絶命のソジョン。
ナム先生はポケットから携帯を出すが置けと言われる。
警察にダイヤルしながら携帯を置くナム先生。
警察に連絡が無事にいく。

オペ室は険悪。
しかしキムサブだけは心を乱さないまま配置にいるスタッフに
動くなと言いソジョンにもオペを辞める気はないと言った。

カマを持った男は暴力団だと言われているが
本当は家族のために怒り狂う男だった。
オペを受ける被害者は元々レイプ犯・暴行犯で男の家族、
妊娠中の妻と11歳の娘が襲われたと話した。
しかし患者は初犯だったため刑が軽く仮釈放されたと・・
だからいくら稼ぎがなく貧乏でも自分が大黒柱だから自分が
患者に報いを与えると言う男にキムサブは
気持ちは分かったが手術が終わってからと言う。

オ先生はドンジュがメスを持った事を確認。
そしてキム師父にメスを持たせ手術が始まる。

30分待つという男。
そして歌をかけてくれと曲を聞きながら手術を。

外には警察に包囲されており、男の家族も来ていた。
予定どおりに30分以内で手術を終わらせたキム師父。
あとは生かすなり殺すなり好きにと言うキム師父は患者を
殺す事より家族の事を考えてはと言う。
患者は手術を終えたが、障害が残り一人で何も出来ない体にと
キム師父は殺す事を阻止し、家族を守るのが夫、父親の
役目だと男に言いオペ室をあとにした。

院長室で今回の事件のことで話し合う。
キム師父のやり方に納得いかないと言い病院閉鎖ともい言うソン科長。
それを黙って聞いていたキム師父は2つだけと言いソン科長に言う。
1つ、彼は獣なんかではく人の子の親
2つ、今回の件をこれ以上口にするなと・・
今度病院閉鎖と口にしたら俺がカマを持ってやると部屋を出る。
それに続きナム先生も・・
ブ・ヨンジュ先生と呼ばないで下さい。すごく嫌いなんで、
気を付けたほうがいいと一言告げ去った。

キム師父に謝ろうと部屋の前で待つソジョン。
そこに来たキムサブに謝るソジョンを見て何故いつも人の
心配をと言いながらソジョンに頑張ったなと褒めたのだった。

その夜
オ先生はナム先生の店で居た。
手術の時に硬膜縫合をしていないと言うオ先生。
しかしナム先生は30分の時間しかなかったからではと言う。
オ先生は完璧にこなす人なのに今回は一瞬迷ったのではと。
同時間、イムボムも同じ事を病院で考えていた。

そんな話をされている張本人のキム師父は・・
手術を行った患者の前にいた。

事件の時に奥さんと娘の姿を見たキム師父は
患者のせいで一生人口肛門をつけないといけなくなった娘アリンに
優しく声をかけ、タダで自分が治療してやると約束していたのだった。
その事を思い出しながら「これでいい」と呟いた。

当直をしているキム師父。
ドンジュが傍に寄っていきしつこくも事件の話を出す。
自分が冷静をたもたなければ、あの時いた全員が危険だったため
集中していたと言うキム師父。
それを聞きかっこつけてと言うドンジュに浪漫だと言い直す。
ドンジュは少し貶すように笑うがキム師父は自分から浪漫を抜いたら
何も残らないと面白おかしく言う。
そしてどうして僕を嫌うのかと聞くドンジュに嫌った覚えはないと
答えるキム師父。
ドンジュの被害妄想は見てられないと。
そして仕事をする手順だけ知って仕事をする意味を知らなければ
医者として何の価値があると言いERのベットに横になる。

翌朝
イムボムと出勤するソジョンは自分とは血は繋がってないと言う。
ならDNA鑑定をしようという言葉に乗ったソジョン。

病院に入るなり胸倉をつかまれているドンジュを見る。
低体温治療を受けた患者の息子だった。
あんな姿なら死なせたほうがと言う息子に母親は怒るのだった。

キム師父は院長室に。
昨日オペ室で起きた件について詳しくと聞かれる。
そしてキム師父とソジョンに監査が入った。

ドンジュはソン科長に誰が本院に報告して監査が入るのか尋ねた。
ソン科長はキム師父の肩をもつのかと言うが、その態度にドンジュは
キム師父をクビにしたいためにソジョンを利用してるだけと言う。
目を覚ませと言うソン科長。
自分が生きる道だけを考えろと声を張った。

監査中のソジョン。
PTSDの病歴がありますねと言われるソジョン。
2年前に治ったと答える。
5年前の事故について質問される。

そしてキム師父は監査するなら自分だけにと言い
くだらないと部屋を出ようとしたら、全ての医療禁止令が出た。

院長室を出たキム師父。
オ先生とナム先生が心配する中、ソン科長が。
本院の言いなりになっていればと言うソン科長の前に
カジノの会長が入院しに病院にやって来た。
会長の入院はまだ予定せれてなかったためキム師父は目を丸める。
そう、危機を救おうと動いたのはドンジュだったのだ。

 

 

『キムサブ』あらすじ(ネタバレ)1〜20話(最終回)