キムサブ あらすじ 13話

会長の入院が決まった。
助手にしてほしいと言うイムボムは話を盛った。

ソジョンは話の内容を聞いてオペに参加できるよう
勉強した。
必死に勉強をする。
そしてドンジュに縫合のやり方を教わるソジョン。

遂に手術のメンバーが発表される事に。
オペの第一助手‥ソジョンが担当に。
イムボムは直接お願いしたが選ばれる事はなかった。

会長が病室に入った。
担当医が誰かと聞く時、ソジョンが担当医と挨拶をした。
会長は担当医が女医という事が気に入らない様子だった。
しかしソジョンはめげずに担当医と言い張ったのだった。

だが会長は検査を頑なに拒否していると看護婦。
ソジョンが代わりに検査に行く。
話をしても意地をはり受けようとしない会長に
肺炎の疑いがあるため検査をしなければと
会長に負けじと言葉を放ち要約受け入れてくれた会長。

ドンジュはERの患者に手こずる様子。
男の子が頭に傷を負い、治療をさせてくれないがオ先生が
飴をあげるからと宥めスムーズに。

睡眠が足りていないドンジュ。
そんな時、急患が2件でバタバタ気味。

ソジョンは会長に肺炎の疑いがと報告し検査を続行。
キム師父はソジョンに会長の手術時に参考になるよう
資料を渡した。
しかし会長の付けている人口心臓モデルはAタイプで
生産も終えるという話も出ているためキム師父は
人口心臓自体を交換するオペを考えていた。

インスは早退を。
イムボムもその場におり
当直を3日連続でするドンジュと代わってあげてと言うが
イムボムは代わる気なし。
ソジョンは会長の手術に関する資料を机に置きそのまま退室。
それを見たイムボムは資料を確認し、すぐト院長に報告‥

「スジョン、スジョン」と呼ぶ彼氏。
しかし彼女は目を開けない。
服用した薬を見たドンジュは彼氏を離れさせドンジュと2人に。
気絶したフリをしていると分かったドンジュは彼女に話をかける。
彼氏は今いないと言う言葉に目を開けた彼女。
そして嘘はいけないと注意し彼女に点滴をするから安静にと。

次の患者は家族全員が体調悪そうと報告を受けるドンジュ。
父から母、息子と広まったという。
咳がひどく息子は熱を‥
聴診し肺音が悪いためレントゲンをと。
付き添いの父も聴診するドンジュ。
父だけ二か月出張に行っていたと聞くドンジュ。
場所はサウジアラビアと言う父に顔色が曇るドンジュ。

そしてドンジュはERの閉鎖を告げる。
マーズの疑いがある患者さんがいると言いハイブリットルームに
患者さんを隔離しマニュアルに沿って閉鎖をと。

ソジョンにもER閉鎖の事は報告された。
ソジョンは会長の担当医でもあるため厳重に注意と言われるが
ドンジュを心配しERの外からドンジュを探す。
窓越しに見つけたソジョン。
ドンジュはソジョンに気づきドアから離れてここには
一歩も来てはダメだとソジョンを心配。

キム師父キムサブもERの状況が状況だけに落ち着かない様子。
患者の採血を取り裏口に出すようオ先生に連絡。
そしてその後ERを完全封鎖すると言うキム師父に
最善を尽くすので中は心配しないでとオ先生は電話を切る。

そしてドンジュとウンタクがマーズの疑いがある患者の元に。
そして家族にマーズの疑いがあると言い検査を始める。

ほかの患者さんにもマーズの疑いがあると告げる。
それを聞いて患者の付き添いで来た彼氏は出せと騒ぐが
彼女に異変が。
ものすごくお腹が痛いと言いドンジュが診る。
虫垂炎と判断したドンジュはキムサブに連絡し急変したら連絡をと
言ったのだった。

最大のアクシデントが発生‥
ERでは医者はドンジュのみ。
そのドンジュが冷や汗をかき咳を出している。
大丈夫だと言うドンジュはついに倒れ込んでしまった。
キム師父に報告を受け、自分がERに入ると言うキム師父。
しかしイムボムより話を聞いたソジョンは主治医をイムボムに
代わり自分がERに入ると言う。

 

【キムサブ】あらすじ 14話

マーズ・・感染率が高く最悪の場合、死に至ると。

ドンジュが倒れキム師父が入ろうとする中、持ち場を離れて
降りて来たソジョンが中にいる患者が必要としているのは私ですと
キム師父に頼み込む。

許可をもらったソジョンは、まずドンジュの元に。
ソジョンは自分の目の前にあるチャンスを蹴っても、この瞬間は
一緒にいてあげたいと思ったのだった。

防御服の届きが遅い中順序よく事を進めていくスタッフ。
しかし中には、この時がチャンスと思っている者が一人。
イムボム・・
ドンジュが倒れたのをいいことにソジョンに告げ
自分が主治医になった。
その事を疑うキムサブは確認をするが嘘で固めるイムボムだった。

要約会長の元に行ったキムサブ。
会長にも院内の状況を報告。

ERの中と外では入りたい者と出たい者がいる。
彼女を見捨てても出たい彼氏、子供だけで中にいるのを心配し
中に入りたい母親。
そんな状況に誰もが不安や苛立ちを持っていた。

会長に状況を説明したキムサブ。
会長はキム師父がいるから怖くないと言いマーズ確定するまで
入院でかまわないと言った。
マーズは怖い病気ですと会長の体の心配をするキム師父。
だが、それでくたばるなら20年前に自分はもう死んでいると
そう言ったのだった。
電話が鳴り部屋をあとにしたキムサブ。
支配人と2人になった会長は話す時は手術が済んだらと
何やらキム師父に大切な話がある様子。

防御服が届き、虫垂炎の彼女の手術を。
彼女がERから出される。
直ぐにドアは閉められ、スタッフ一同親指をたて見送る。

熱がだいぶ収まったドンジュ。
椅子に腰をおろし手を握るソジョンだった。

保健所が到着。
これより1人1人が家に送られる事に。
オ先生は順番に送る患者さんを発表。
ドンジュは目を覚ました。
隣で笑っているソジョンを見て目を瞑る。

翌朝、マーズではないと検査結果がでたのだった。
マーズと騒がせた犯人は‥川の蟹さんで幕を閉じた。

たくさん寝たドンジュ。
ソジョンが横で寝ているのを見て寝顔を眺めるドンジュ。
目を覚ました。
付き添って手も握ってくれたと言うドンジュにとぼけるソジョン。
ドンジュは眩暈がすると冗談を言い抱きしめたが
いつもなら突き返すソジョンは抵抗しなかった。

院長室に新たなスタッフが。
それは雑用でトルダム病院にいたウさん。
そして雑用から先生として新たにスタートし迎えられた。

そうこういうまに交通事故患者が運ばれてくる。
同時に胸を押さえながら入って来たウェブ漫画家。
いつものように接するオ先生だがそのまま倒れこんでしまう。
イムボムが駆け付け、ペースメーカーを付けてると聞かされる。
キム師父が呼ばれ、オ先生に指示。
しかしオ先生は自分が行かずソジョンに行かせる。

オペをしなければならないため、イムボムに執刀医を任せた。
オペが始まりキム師父、ソジョンも一緒に入る。
しかし、イムボムは機材を取り間違えてしまいオペ室から
出される羽目になってしまった。

キム師父と話すイムボム。
イムボムに知識があるのに機材の選択ミスをした事。
そしてやった事もない嘘をついた事がバレてしまったのだ。
キム師父はそんなイムボムに口では嘘をつけても
手術する手は嘘をつけないとイムボムに言い嘘をついた
理由は聞かないが自分を消耗品にするのはよせとキム師父は言った。

会長が入院したと聞き本院に一人の女性が。
迎えるト院長はトルダム病院に入院していると言いその事で
相談がと話す。

その頃キム師父は会長の聴診を。
心音を聞き終わったキム師父の顔は暗い。
会長の中に入っている機械本体に欠陥があると言うキム師父。
手術はバッテリー交換ではなく人口心臓自体を交換するオペと。
しかし思った以上に難しいオペになると伝えた。

ト院長は女性を院長室に迎え
会長の事について話し込む。そして執刀医がキム師父(ブ・ヨンジュ)
と聞かされ目を見開く女性。

キム師父は会長は勿論、今回のオペは珍しく成功率も統計できないと
会長に言うが、会長は顔色ひとつ変えず
逆に珍しい手術ができるんだから喜べとキム師父に言った。
自分をどうしてそこまで信頼するかが分からなく会長に問う。
会長は何としても生き延びたいしお前は何としても
助けようとする男だからと答えた。
そしてキム師父の手で死んだとしても悔いは残らないと
会長は難しい手術でも構わないとキム師父にやれと言った。
キム師父は、ひとまず明日からマーズのせいで出来なかった
検査をしていきましょうと言ったのだった。

医務室に集められたスタッフ。
9日後に会長のオペを行うと発表したキム師父。
内容は今会長が付けている人口心臓を除去し新たに機械を付けるオペ。
ドンジュは腹部側に装着されたバッテリー除去を担当と。
その除去が終わり次第本体の機械を除去すると言う。
そしてソジョンが第一助手。
スピード勝負だからしっかり準備しておけとキム師父。
そしてイムボムはドンジュの助手を務めることに。

オペまで3度のシュミレーションを行うと言われ挑むスタッフだった。

クリスマスプレゼントが届いた。
室長が医務室にいるソジョンに届けに行く。
その場にドンジュもいてソジョンの反応を見る。
しかし反応は薄く、医務室の外に呼ばれるドンジュ。
ネックレスを返すと言うソジョンに何でか聞くドンジュ。
そんなにダメな男かと聞くドンジュにソジョンは好きと答えるが
ドンジュを思うが5年前の事故を思い出す自分がいて
そんなのではドンジュに申し訳ないと言うソジョンだが
ドンジュは自分だけ好きでいてくれればそれでいいと
ソジョンにネックレスを付け、キスを。
やっと思いが伝わったドンジュだった。

キム師父は会長の手術に向けて確認を繰り返し
会長の体内写真を見ていた。
しかし何かに気づいたキム師父は頭をかかえてしまったのだった。

 

 

『キムサブ』あらすじ(ネタバレ)1〜20話(最終回)

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!