【キムサブ】あらすじ 15話

かつては大きな大学病院で働いていたキムサブ。
そんなキムサブをいつまでも邪魔しようとする者がト院長。
先生みたいになる夢があると言って亡くなってしまった
チャン・ヒョンジュの件で追放されたキムサブ。
その追放を決定として下したのは会長(理事長)の娘であり
本院の理事委員長のヒョンジョン。
ヒョンジョンはトルダム病院に訪れたが遅かったため
出直すことにした。

翌朝・・
ソジョンに気持ちが伝わり上機嫌のいいドンジュに比べて
室長はそうでもない様子。
そんな時ソジョンが出勤しドンjと目を合わせる。
お互い照れ合ってニヤニヤの様子に室長は、もしかしてと疑う。

仕事を始めたドンジュ。
ウ先生に患者の報告をされドンジュは詳細まで細かく伝える
ウ先生を褒めながら患者の元に。

室長は気になりすぎて仕事中構わずドンジュに聞きに行く。
成功しましたかの質問に照れ笑いするドンジュ。
そして室長は話に熱が入りドンジュに恋愛で男がすべき事を
ドンジュに聞かせる横でオ先生が見つめる。
そしてプレゼントしたネックレスはしていたかを聞かれ
気になり始めたドンジュ。
室長はネックレスをしてなかったら理由は2つと言う。
ネックレスが気に入らないか、渡した男に関心がないかと。
そう室長に言われたドンジュは気になりすぎてソジョンに電話。
しかしソジョンは勤務時間よと言い電話を切る。

キム・サブの元に支配人のチュ。
会長の所にお嬢さんが来ていてキム師父も知っている方と言う。

会長の病室にソジョンが伺うが、重い空気。
ヒョンジョンは父である会長に退院してと話していたのだ。
しかし会長は入院して間もない人間に何を言う。
ヒョンジョンは、入院するならまともな病院でちゃんとした
医者がいる場所にと言う。
人口心臓の手術といった大事な手術である前に財団の理事長で
もしもの事があったら本院の体面はどうなると言うヒョンジョン。

その会話を一部始終聞いていたソジョンが口をひらく。
退院手続きをして来ると言ったヒョンジョンに
退院手続きをするには主治医の許可が必要と言うソジョン。
どこからどう見ても自分の方が立場が上だと言い
ソジョンの言葉を無視して病室を出たヒョンジョン。

病室の外にはキム・サブ。
とっくの昔に業界から追放された人が医者と言うヒョンジョンに
医師免許取り消しまでの行為をしておらず、あんた達が
追い出しただけだと言い返すキム師父。
「あなたのような医者」という言葉にひっかかったキム師父は
どんな医者か定義を言うよう言った。
名前を変え過去が消せると思うかの言葉にキム師父は反省と。
一時でも祭り上げられ同じ方向に向かっていた自分への反省だと。

そんな話をオ先生とするソジョンにドンジュと
付き合ってるのと聞かれ戸惑うソジョンを見て笑うオ先生。

めずらしくソン科長がERに。
患者のCT写真を見ながらドンジュ、イムボムも一緒。
そこで意見がわかれ口論になり、主治医のドンジュがオペから
外され執刀医がイムボムになった。
そして助手にウ先生を選んだイムボムだった。

怒ったドンジュは患者のCTを部屋で確かめる。
その時、ソジョンが入って来てネックレスをしているか
確認するドンジュはソジョンと早く付き合いたい様子。
しかしソジョンは院内では先輩・後輩でいましょうと言い
ドンジュも了承した。
ソジョンが部屋を出る際「愛してる」とドンジュが言い
恥ずかしがるソジョンだった。

キムサブとヒョンジョン。
カムバックしたいのかと聞くヒョンジョンに
父の事は聞かないのかと言うキム師父。
そして会長の容体が思った以上によくないと言うキム師父の
話を聞こうとしないヒョンジョンにCT写真を見せるキム師父。
誰の写真なのと言い目を向けるヒョンジョンに会長が
末期の肺がんだと告げた。

オペの助手を変わってもらったドンジュ。
ドンジュはウ先生に伝言を頼んだ。
腸膿の患者で
イムボムは腸とドンジュは膵臓と意見が分かれていると報告。

オペでは腸を確認するイムボム。
しかし以上はなく、ドンジュが診断した通りになった。
そしてソン科長に電話し経験があるからと執刀を続行する。
しかしドンジュに本当に経験があるのかと聞かれるイムボム。
結局ソン科長が来て科長らしいところを見せるが
最後の最後でミスしてしまう。そしてドンジュは縫合したらと
言うがイムボムに俺の手術だぞと言われてしまう。
しかしドンジュは自信があるならやれと言いイムボムの反応が
なかったため始めて成功させたのだった。

オペ後。
嘘をついてまでオペをするイムボムに腹を立ていい加減にとドンジュ。
終いには取っ組み合いのケンカにまでなったのだ。

キム師父に呼ばれケンカになった事で言いたい事はと聞かれ
ドンジュはないと答え部屋から出る。

イムボムは残され本音を話させようとするキム師父だが
イムボムには何の事だか分からない様子。
するとキム師父は会長の話を出し手術は中止になると告げ
会長が末期の肺がんだとまで教える。
そしてその事を父に連絡しろと。
そのためにトルダム病院に来たんだろうと。
キム師父は丸くなった石より尖った石が好きだと言う。
キム師父がイムボムを寄越せと言ったのは実力があるからと
そう思ったから来させたが思い違いだったと。
父に従いお前も病院から出た方がいいと言われてしまった。

会長の部屋に来ていたキム師父は会長に質問される。
手術を受けるか、それともどうせ死ぬ体ならしない方がいいかと。
キム師父は患者の選択を尊重する以外できる事がないと答える。
手術を受けないと言ったらと聞かれる。
会長をオペして偉そうな口をたたきながら金をむしり取る計画が
ダメになりますねとキム師父。
キム師父の意見を聞きながら踏んだり蹴ったりかと考えこむ会長。

室長はソジョンとドンジュを妬み更に疑いをかける。
ソジョンはドンジュに緊急事態といいウソのケンカをしようと
決行する2人。
必死に演技をする中、室長は見破りナム先生と賭けを。

キム師父から連絡が入り医務室に集まるスタッフ。
当分オペのカンファレンスを中断と言うキム師父は会長の
状態を報告した。
話の途中で会長が医務室に現れる。
会長はスタッフの顔を見渡し頼もしいと言う。
そして会長もオペの事で話がありやって来たと言う会長は
計画通りに手術をしてくれと口にした。
どうせ死ぬなら1日でも楽に息をして死にたいし
年寄りの願いかなえてくれるだろと言う会長だった。

 

 

【キムサブ】あらすじ 16話

計画通りに手術を行ってくれと言った会長。
残された時間を狂おしく生きたいと言う会長に
体に多くの負担がかかると言うキム師父に
一日の命でも意味のある人生を生きて死にたいから
自分の選択を尊重してくれと会長の意志は固かった。

ドンジュが呼ばれ会長の手術の時間を6時間でと。
ドンジュはそう簡単に出来る手術でないのにと言い反対。
リスクがあまりに大きいと。

外に出たドンジュはソジョン・ナム先生・オ先生に話す。
話の途中でキム師父が来て手術を失敗しなければいいと
話に割り込む。
そしてドンジュはまた反対を。
しかしソジョンは賛成するのだった。

医務室で話をするドンジュとソジョン。
賛成したソジョンは生涯に一度あるかどうかのオペで
キム師父のオペを近くで見れると。
失敗してもキム師父と一緒にオペできた事に感謝すると。

手術をすると決まりト院長に連絡。
成功するかもと言うヒョンジョンに手術すること自体が難しいと言い
自分に考えがあると言うト院長。

ト院長のいい考えとは。
手術のスタッフを全員変えるか、公開オペかと告げられたのだ。

スタッフ一同集まって会議。
ナム先生は自分はキム師父の負担になりたくないと言う。
そんな時ドンジュが5分の短縮を認め手術するに賛成した。
あと残るはナム先生とオ先生だった。
ナム先生しか任せられる麻酔科医はいないと言うキム師父。
そして公開オペの選択を取ったのだった。

会長には5日後がオペになると報告した。
会長はキム師父の手をとり感謝すると言うが
オペが終わってから言ってもらうためとっておくと言う。

公開オペを決めたスタッフは準備を始める。

イムボムはキム師父と話をして以来独立していた。
そんなイムボムにドンジュは会長に装着されている機械の
バッテリーを自分がしてコントローラーをイムボムと言い
一緒にオペをと頼むが無言で立ち去るイムボム。
・・と思いきや戻って来てバッテリーは俺がと言い決まり。

ドンジュはキム師父の部屋に行き45分の作業を20分と
書きキム師父に可能かと聞かれるが、イムボムを戻して
2人でやれば可能だと言い、キム師父はOKを出した。

手術は明日になり早めに帰ろうとするソジョンとイムボム。
一緒に帰る姿を見て少し嫉妬するドンジュ。
更に同じ家で住んでると聞き余計に嫉妬するドンジュは
自分もと荷物を取りに走る。
その間にオ先生が来てナム先生の店でラーメン鍋をと
先に行く女組。イムボムは忘れ物をしたと言い戻り
ドンジュは室長に連れられ店に行った。

イムボムはキム師父が出てくるのを廊下の椅子に座って待った。
自分も手術に出るが決して父のためではないと言ったイムボム。

公開オペ当日。
トルダム病院に続々と本院のスタッフが足を運ぶ。
オペ室にはカメラが何台も設置され本院も準備万端の様子。

会長に気分を聞くソジョン。
手術を受ける気分だと言いキム師父はリラックスをと言う。

手術室に運ばれた会長。
そしてナム先生が一声かけ麻酔が注入される。
キム師父からオペが始まる、ドンジュとイムボムは待機。

72歳男性 胸骨正中切開による人口心臓交換手術をと言い
スタッフの名前が紹介され手術開始。
思った以上に酷く大動脈の位置が分かりづらいが
気を付けろと言われながら進めていくキム師父。
しかしソジョンがやらかすが、キム師父はソジョンを
落ち着かせる。
そんな時にERの患者でオペをしなければならない患者が。

 

 

『キムサブ』あらすじ(ネタバレ)1〜20話(最終回)

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!