【明日、キミと】あらすじ(ネタバレ)14話

 

ソジュンの後を追って地下鉄に乗ったキム常務。
話したくないと言うソジュンの手を掴むキム常務の前で
ソジュンは消えてしまったのだった。
未来に行く瞬間を見られてしまったのだ。

マリンはキム常務の車内のカメラのSDカードを
コンスクから預かり、何もないことを祈りましょうと
持ち帰ったのだった。
その帰り、家の前でキム常務が待っていて
ソジュンの帰りを待つと言う。
マリンはキム常務を家の中に入れる。
そしてキム常務は、ソジュンが消えた事を話す。
マリンは未来に行ける事を知っているが、とぼける。

夜になりソジュンが戻ってくる。
マリンはソジュンに話をする。
その様子を何故か車の中で聞くキム常務。
そう、盗聴器をしかけていたのだった。

その夜、マリンが寝静まったあとキム常務と電話を。
キム常務は今日の出来事に驚いてと言うが
ソジュンはごまかす。
そしてソジュンは俺の周りや家をうろつくなと言い切った。

次の日
ソジュンはキム常務の事を徹底的にするため
ギドゥンに任せた。

コンスクはファン秘書を自宅に呼んでいた。
夫に先にベトナムに行くようチケットをもらったと。
夫に多くの財産があるの?と聞くコンスク。
しかしファン秘書は、困り果てていた。
その時、キム常務と契約を結んだ人が来て金目の物を
全部持って行きなさいと家に入って来る。
もちろんコンスクには何のことか分からずにいたのだった。

ギドゥンはキム常務の事を調査する。

マリンはキム常務の社内データの復元をお願いする。
そしてソジュンの弁護士からの連絡で、財産の半分をマリンにと
言う話を聞かされ、マリンはソジュンに先に相談してみると話す。

ソジュンはマリンの母に会っていた。
母に自分の夫を探してみないかと聞く。
しかし母はマリンの事を気にして答えを出せれず
まずマリンに聞いてみてと言うのだった。

自宅に戻るソジュン。
どこか元気のないマリンに、父を探してみようと言う。
一生探さない訳にはいかないと話すソジュン。
突然父を探すと言うソジュンに、またどこか行くのかと聞く。
自分はソジュンの妻だから、目を見ただけで分かると。
全てが突然すぎて不安になるマリン。
毎日毎日惚れているから、プレゼントやお金などいらないと。
ソジュンだけがいればいいと話す。

次の日。
ギドゥンはキム常務の調査を。
そこでチェ社長が死んだと言うのを聞いた。

会社に戻り、ギドゥンはソジュンに伝え
キム常務を早く警察にと言うソジュン。
言われた通りに電話をするが、キム常務は既に逃げていると。

ソジュンはドゥシクに会う。
キム常務の事を聞き、人殺しは?と。
しかしドゥシクは全てを知っているがとぼける。
今日と明日、2日知だけの辛抱だと‥
今は自分のことだけを考えるんだと言う。

マリンは母が家に来ていると連絡を受ける。
そして家には未来のものがあるためダメだと
防ごうとするが、既に遅かった。
母は話があって家に来ていたのだ。
父を探す事を二人で話す。
そして、母はマリンに一枚しかないと言いマリンに渡す。
母はもう大人なんだから父を探しなさいと言う母だった。

マリンは父の写真を泣きながら見ていた。
父の顔を思い出したと母がくれた写真を見て昔を思い出したと。
探すかの言葉に、まだ迷っていると。
自分たちが探して父の方は嫌がらないかとか考える。
そしてマリンはソジュンに自分の父の写真を見せる。
ソジュンは写真を見るなりビックリし誰だか分かる。
そう‥写真に写る男性、マリンの父はソジュンと同じ
タイムトラベラーのドゥシクだったのだ。
写真を返し散歩してくると、マリンと一緒に外に。

歩きながら昔を振り返るマリン。
そんな横で幸せに暮らそうと言うソジュン。
そしてマリンに告白する事があると言うソジュン。
本当はマリンと出会う運命ではなく、自分の未来に
恋愛・結婚もなかったと。
だけどある人にマリンに一度会ってみろと言われた。
その人は以前一緒に傘をさしていたおじさんだと言うソジュン。
明日一緒に会いに行こうと言うソジュンだった。
そしてマリンは、その前に婚姻届けを出したいと言うマリン。
ソジュンも笑顔で受け入れたのだった。

キム常務はカメラのデータがない事に気づく。
コンスクを尋ねる。
しかしコンスクはマリンに預けたと言う。
そして預けたことで大声を出しながら怒鳴るキム常務。

マリンは翌日、メモリカードを受け取りに行く。
ソリからの電話でマリンの手に渡った事を知られたと。
しかし、自分が何とかしてみると言い出かけた。

ソジュンはマリンの置手紙を見て笑みを出す。
ドゥシクから電話があり外に出るソジュン。
慌てている様子のドゥシクだが、先にソジュンが話す。
自分はおじさんが誰だか分かったと、何故自分を息子だと言う事も。
マリンがお父さんに会いたがっていますと言うソジュン。
ドゥシクは、その事より話す事があると言う。
未来に行き、マリンに会ったと言うドゥシクはキム常務の事で
マリンを尋ねたと。

未来のマリンは驚き、ドゥシクに接する。
入ってくださいと言うマリン。
そしてマリンから聞いたのは、メモリーカードを奪われ
キム常務はベトナムに逃げたと。
マリンを拉致した容疑、横領罪があるだけで殺人容疑だけは
明かす事が出来なかったと話す。
そしてマリンはドゥシクに必ず阻止して、現在の自分に
会ってくださいと言った。

その事を聞くソジュン。
慌てて言うが、すでにマリンはいないと言い急ぐソジュン。
マリンの後をつけるキム常務。
マリンの傍に先に見つけれたソジュンはひとまず安心する。
マリンを家に帰し、メモリーカードをソジュンが受け取る。

家に戻ったマリンの前に、キム常務が‥

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【明日、キミと 感想 14話】

おぉ~鳥肌。
マリンの父がドゥシクだと分かり
すごい展開になってきましたね。
マリンを守るソジュンの姿は本当にかっこいい。
ここまで来たら、2019年3月25日の二人が亡くなる日が
すごく気になります。
何事もなくハッピーエンドが一番いいけど、
この巻が終わった内容から考えると、これは‥
ハッピーエンドには程遠い‥

 

 

『明日、キミと』 あらすじ 全話

『明日、キミと』 あらすじ(ネタバレ) 第1〜16話(最終回)

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!