仮面の王イ・ソン あらすじ 第20話(最終回)

ファグンの父により、毒消しの秘宝を入手した。
その頃、揚水庁長はデモクの指示により揚水庁で働く国民たちをピョンス会の配下にしようとしていた。

デモクが流した嘘の噂により、職を失うと水の運び人達が集まり始めた。
その事実を知った陛下だったが、武力を使って鎮圧する事は出来ないと対策を考える事に。

そして、ようやく秘宝を手にし毒消しが完成した。

その頃陛下は、行商を総動員してピョンス会と揚水庁の横暴を国民に伝え
更に、城壁を補修する仕事を与えると説得するよう命じていた。

そして、陛下の元に毒消しが完成した事が知らされた。
完成した毒消しは中毒にかかった臣下達に配られたが、臣下達は飲むのを拒んだ。

デモクの息子が渡した秘宝。
デモクの企みだと考えていたのだ。

毒消しが完成しても信じられないと臣下達が陛下の元へやって来た。
臣下達は、今からでもデモクの元へ行き土下座し許しを貰うと言ってきたのだ。

陛下はそれを止めなかった。
自分を信じられない者はデモクの元へ行くよう話したのだ。

だが、ガウンは納得いかず自分が証明すると臣下達の前でチム花毒を飲んだ。
すぐに苦しみだし倒れ込むガウン。

すぐに毒消しを飲むが気を失ってしまったガウンを見て臣下達はデモクの元へと向かった。

デモクの元へ向かった臣下達。
デモクは、待ってましたと言わんばかりに皆を迎えた。

だが、臣下達には現れているはずの斑点が見当たらなかった。
すると、すぐに陛下がデモクの前に現れた。

臣下達がデモクの元へ向かおうと門を出る所で陛下が止めていたのだ。
ガウンが意識を取り戻し、毒消しの効果を皆に知らせる事が出来た為だった。

陛下は、デモクにピョンス会は王を殺した罪などを罰する事を宣言し
1時間以内に降服「する者だけ、命を守る事を宣言した。

残り時間30分となった頃、半数以上の兵が陛下に降服した。

約束の1時間が経ち、陛下はデモクとピョンス会の手下を逮捕する為にデモクの屋敷に乗り込んだ。
デモクは、自分の部屋で陛下を待っていた。

陛下は、デモクを殺す気は無かった。
それは、毒消しの秘宝を教えてもらった時に、デモクの息子と約束したからだ。

だから、なんとしても降服してほしかったのだ。
だが、デモクは既に毒を飲んでいた。

デモクは、陛下の前で血を吐き
「私はあの世でお前がこの朝鮮をどう変えていくか見張っている」と話し座ったまま息を引き取った。

全てを終え宮殿に戻った陛下は、ガウンを見つけ抱きしめた。
そして、ガウンと共にイ・ソンに毒消しを届けに行った。

毒消しを飲むとすぐに斑点が消えた。
そして、陛下は自分の代役にしてしまった事をイ・ソンに謝った。

宮殿を去るイ・ソンにガウンは今までの自分たちに戻れないのかと尋ねた。
だが、イ・ソンはこぼれた水はすくえないと言い去って行った。

イ・ソンが去った宮殿では、何の罰も受けなかったイ・ソンに対し議論されていた。
だが、陛下は自分が頼み偽の王にした事、一度は偽でも王になった事を理由に罰する事はしないと…

しぶしぶ了承した臣下だったが、ガウンだけは追い出すべきだと話した。

宮殿を出たイ・ソンは、ある異変に気付いた。
それは、自分の護衛をしていたヒョンソクだった。

過去を振り返ると、怪しい事ばかりが頭をよぎり急ぎある場所へ向かった。

その頃、ガウンは自分の家に戻っていた。

ガウンは陛下に置手紙を残し、自分が側にいれば陛下が大変な思いをすると…
その手紙を読んだ陛下は、臣下達を呼びガウンの功を話した。

だが、王は時には私的な感情は捨てなくてはと…
ガウンのお陰で皆チム花薬の毒から解放されたにも関わらず。

それを聞いた陛下は、自分がするべき事は全て成したと話し
自分より徳望があり知恵のある人物を王座に座らせるよう臣下達に話した。

陛下は、ガウンの元へ向かった。 
ガウンにこの先を一緒に歩んで欲しいと…国民の母となり自分の側に居て欲しいと。

ガウンは、陛下の真剣な顔を見て陛下の側に居る事を誓った。
一緒に行こうと言う陛下に、皆に挨拶をしたいと言い、後から宮殿に行く事を約束した。

その頃、イ・ソンはヒョンソクがデモクの間者である事を知りこの事実をウボに報告していた。
ヒョンソクが陛下の側にいるならば陛下が危ない事を話すが、ヒョンソクは陛下の側ではなかった。

ヒョンソクは、ガウンの側に居たのだ。

この事実を知ったウボは直ぐに陛下の元へ。

ガウンを乗せた御輿は、宮殿に向かう途中の山道で止まった。
ヒョンソクはガウンを御輿からおろし、付き人達を次々刀で殺していった。

その時、イ・ソンがガウンの前に現れた。
ガウンに向けられた剣をイ・ソンが受けその場に倒れ込んでしまった。

そして、またガウンに向けられた剣。
間に合った陛下が素手で剣を制御した。

ヒョンソクは陛下の剣で倒れた。

剣を受け倒れていたイ・ソンを抱き起こしたガウン。
ガウンの胸の中でイ・ソンは陛下に恨んでしまった事を許して欲しいと…

イ・ソンもまた、初めての友が陛下だったと言い息を引き取った。

そして1年後…

ガウンは朝鮮の王妃となった。

 

 

仮面の王イ・ソン 第20話(最終回) 感想

ここに来て、ようやく秘宝が分かり毒消しを作る事に成功した。
だが、デモクの策略だと疑う臣下達。

ここで、またガウンが一躍かいましたね。
ガウンのお陰で、臣下達も毒消しを認めデモクを倒す事にも成功。

倒すと言うより、デモクは自ら命を絶ってしまいましたが
最期のデモクは、なんだか普通のおじいさんと言う感じでちょっと胸が痛みました。

ですが、ここから…デモクの間者だったヒョンソクが動きだす分けですが
ここで、イ・ソンがヒョンソクが間者だったと事実を知り
トントン拍子に話が進んでいきました。

イ・ソンは、ガウンを守りヒョンソクの剣を受け。
陛下が、ヒョンソクの命を絶ち。

最期に、イ・ソンが始めの頃にイ・ソンに戻った事がホットした感じです。

ですが、このあとがなんともあっさりで…
1年後、ガウンが朝鮮の王妃になって終わりでした。

なんかもっと、あっても良かったなと思いました。

 

 

あらすじ 全話

「仮面の王イ・ソン」あらすじ(ネタバレ)第1〜20話

 

 

無料動画

「仮面の王 イ・ソン」動画(日本語字幕有&無)

第1〜40話 ユ・スンホ&キム・ソヒョン主演

 

 

 

 
このようなあらすじの記事を書いて、
月3万円副収入を稼ぐ方法をこっそりと
ナマでこちらから教えて差し上げます。
http://bit.ly/2yUC8q3