スイッチ あらすじ(ネタバレ)

【29話】【30話】

 

ドチャンのセッティングでキム秘書が緊急逮捕。

調書をするハラ。
キム秘書は黙り込む。
今まで自殺として殺した人の写真を並べられ
黙秘権を使うと口にしたキム秘書。

ドチャンはコ捜査官と留置所で面談をしていた。
そして、自分に成りすまし死のうとするジュンスを
手を借りたのだった。
コ捜査官はドチャンがジュンスのかわりをしていると
唯一知っている。

次に狙うは…ソンドゥ。
インテとガムドクが捉え、最初に脅す。
するとソンドゥは、自分が死ぬ前に必ず亡くなった母の前に
膝まづかせたい奴がいるんですと言う。
ソンドゥはドチャンの前に連れて行かれ、再び
同じ事を言う。
そしてソンドゥは復讐の方法を教えてと頼む。

未だに黙秘権を使うキム秘書。
しかしハラは、黙ったままだと無期懲役になるため
指示した人物を吐かせようとする。

キム秘書に会って来いと言われたソンドゥ。
ソンドゥはキム秘書に会いに行き、釜山にいる母親に
アパートを用意したとクム・テウンの伝言を伝えた。
が…キム秘書は、クム・テウンとソンドゥの関係を聞く。
「あの野郎の息子だ」と言いながら、キム秘書に提案を。

ペンダントの件でキム・デロに言われ
腹を立てながらピザを頬張る。
「ペンダント、持ち主に返してやれ」
その言葉でハラはジュンスではなくドチャンだと分かる。
そしてハラはジュンスに会いに。

ジュンス、手術当日。

コ捜査官は、大検察庁の監察からの調書を受けさせられる。
ジュンスとドチャンの事を聞かれ何とか間逃れた。
直ぐにドチャンに知らせるコ捜査官。

ドチャンはチェ・ジョンピョルに会いに。
クム・テウンの詳細を。
そして、手がかりとして情報をもらう。

ハラに向かわせたドチャン。
しかし、ハラは大事故にあうことに。
そしてクム・テウンが挑発していると思い
病院を後にしようとするが、部長とコ捜査官が止める。

監察はキム・デロを調書。

ハラは事故の以上は事故後、徐々に回復。

二千億が手元に戻ったと喜ぶクム・テウン。
そして、ソンドゥに小切手にした金は賭博に使えと指示。

やっとハラが帰還し、直ぐに仕事へと入る。
もちろんインテたちも、セッティングのため仕事に。
キム秘書が殺人を犯したという事が分かり黙秘を辞めた。
自分の母を安全な場所に連れて行ってと頼みながら
自分は完全なる証拠を持っていると証言したキム秘書。

二千億をカジノで洗浄し、トラックに乗せたと報告が入り
令状を受け取り現場へ行こうとするドチャンとハラ。
しかし監察に連れて行かれようとする。
だが、責任を取るからと部長はハラとドチャンを行かせた。

ギャラリーに到着したクム・テウン。
ギャラリーの中に二千億を運び入れる。
運び終わるまでに到着したドチャンとハラ。
そして箱の中を見るが中身は白菜…
あと一歩だったのを逃してしまったのだった。

 

 

スイッチ 【感想】

【29話】【30話】

クム・テウンもなかなかの頭脳の持ち主。
ハラたちが失敗するとこちらまで悔しい気持ちになります。
二千億を運んだソンドゥは?キム秘書の今後の動きは?
また、ジュンスの容態は?
これからのジュンスとハラはどう解決の道へ進むのか…
気になる話がありすぎるため、早く続きを見ましょう。

 

 

 

スイッチ あらすじ(ネタバレ)

【31話】【32話(最終回)】

二千億が入っている箱の中身は白菜…
クム・テウンにしてやられた二人。
ざまぁみろと言わんばかりに喜ぶクム・テウン。

カジノのソン理事から預かった物と渡され
確認するクム・テウン。
自分の元に小切手で二千億が手に入る。

次の日
クム・テウンは検事長チン・ギョンヒに連絡を。
部下二人がまた来たと言うクム・テウン。
黙って話を聞く検事長は、クム・テウンから
10億の大金を貰っていた。

そして同期である部長、ヤン・ジスンは我慢の限界を超え
同級生として接しクム・テウンを捉えると宣言。

ドチャンらはセッティング開始。
インテたちは言われた役を次々にこなす。
そしてクム・テウンを追い込んでいく。

キム秘書は留置所で昏睡状態に…
前もってクム・テウンが仕向けたのだった。
そんなクム・テウンは、大きなダイヤモンドを購入しようと
ドチャンらは模造品をクム・テウンに渡す作戦を。
緊張が走る中、どうにか二千億でダイヤモンドを購入した
クム・テウンだった。

持ち主に返すようにとホームレスのフリをして
二千億のダイヤモンドを警察に届けたガムドク。
大々的なニュースになり、クム・テウンは一気に
全財産を失う羽目に。

第6部室に仁川で起きた事件にいた犯人を
刑事が連れて来る。
そして犯人2人は、クム・テウンがサ・マチョンを殺したと
証言し、ハラは殺人容疑でクム・テウンを逮捕。

全てうまくいっていたが、検事長が割って入り
本物のジュンスだと調べるため、ドチャンを連れ出す。
そしてDNA鑑定で血液検査を受けさせられるドチャン。
結果……本物のペク・ジュンスだと判明。
見事な連携でジュンスと入れ替わっていたのだった。

クム・テウンが待つ調書室へ。
ハラの後に、ジュンスが入り尋問を続ける。
留置所に送られたクム・テウン。
ソンドゥはクム・テウンから実の父だと明かされ
裁判の時に自分の証人として来てくれと、証言の言葉まで
決めるクム・テウン。
「分かりました」と答えたソンドゥだった。

1回目のクム・テウンの裁判。
ジュンスとハラは裁判服に袖を通し、いざ裁判へ。

クム・テウンのこれまでの事項。
・麻薬の闇取引で財産を不正蓄財
・ナム・スンテ殺害・外交官 パク・ヨンジン殺害
・ケ・チュンシクの殺人容疑
・ビクトール、サ・マチョンの殺人容疑

クム・テウン側はソンドゥが証人に。
ソンドゥは、キム秘書に罪をかぶせてしまう。
裁判は思うように進まず、まずクム・テウン側に有利が…
そこでジュンスは、再度ソンドゥを証人へ。
そして、自分がナム・スンテを殺したと証言し、
証拠品であるビデオを再生される。
そこには…麻薬を受け取るクム・テウンの姿が。
そしてクム・テウンが「ヒグマ」だと明かしたソンドゥ。

ソンドゥの完璧な証言でクム・テウンは
無期懲役どころか死刑宣告される。
やっとの思いで「ヒグマ」に勝ちとった。

裁判に来ていたドチャンを追いかけたハラ。
この仕事が終わったら会わない約束だと言うドチャン。
プレゼントといいハラは、ドチャンにマチョンと写った
家族写真を渡した。

ドチャンはインテ、ガムドク、ウビンと別れる。
それぞれの道を歩むためだ。

検事長、そしてキム・デロは監察へ。
そしてソンドゥ、チェ・ジョンピョルは刑務所へ。
クム・テウンは泣き笑いながら…

こうしてそれぞれの道へと。

…それぞれの道を歩んだはずのドチャン。
詐欺は天下一品。
しかし、今回は詐欺ではなく検事のお手伝い。
そして検事と詐欺師のシナリオは終了した。

 

 

スイッチ 【感想】

【31話】【32話(最終回)】

最後の終わり方は…予想通りでした。
ソンドゥが証人として父の悪事を明かす時
かっこよかったですね!
そして最後まで、カッコ悪かったキム・デロ。
ストーリー内での二役…
ジュンス、ドチャンさいこーう。
女検事もなかなかかっこいいです、チョア!!

 

 

 

 
このようなあらすじの記事を書いて、
月3万円副収入を稼ぐ方法をこっそりと
ナマでこちらから教えて差し上げます。
http://bit.ly/2yUC8q3