韓国ドラマ『スイッチ』あらすじ 作品紹介

 

スイッチはチャン・ダンソクや

ハン・イェリ、チョン・ウンイン主演の

水木ドラマです。

 

早速、このドラマの作品紹介を

したいと思います。

賢い頭脳を持ちながら検事にならず

詐欺師となったサ・ドチャンは

ある時自分と瓜二つの検事ペク・ジュンスに

なりすますことになります。

 

そこからドンチャンは法の抜け道を

くぐり抜ける悪を捕まえていきます。

ワクワクドキドキする内容で、

話の展開に目が離せません。

 

1話から32話までのドラマとなっています。

このドラマの視聴率は平均7.3%くらいです。

思わず、主人公に感情移入してしまい、

ドキドキします。

様々なハプニングがあったりするので、

話の展開が早く進み、飽きずに

ずっと見ることができます。

何回見ても楽しいドラマとなっています。

 

人気俳優によるドラマで韓国では

とても人気のドラマです。

最近、生活がマンネリ化して、

刺激が欲しいという方におすすめです。

 

 

キャスト

【チャン・グンソク】

「チャン・グンソク スイッチ」の画像検索結果

 

・1987年9月26日生 (A型)

・1993年 子供ファッションモデルとしてデビュー
・1997年 「幸福も売ります」 テレビ番組デビュー
・2006年 「ファン・ジニ」で知名度を上げる
・同年 日本映画「着信アリ-final-」で日本でも有名に
・2010年 ソウル広報大使を務める

(代表作)「プラハの恋人」「ベートーベン・ウィルス」「ファンジニ」
「メリーは外泊中」「ラブレイン」「きれいな男」

 

 

【ハン・イェリ】

「ハン・イェリ スイッチ」の画像検索結果

・2007年 映画デビュー
・2010年 本名「キム・イェリ」から「ハン・イェリ」に変更

(代表作)「ロードナンバーワン」「ヨンウの夏」

ドラマでの活躍もあるが、映画を中心に幅広い演技を見せる。
大人気映画「君の名は。」の新海誠監督が韓国に訪れた際
トークイベントに参加。

《ドラマ、「スイッチ-世界を変えろ-」では》

チャン・グンソクは検事と詐欺師の二役を演じる。
ハラは頑固な女検事。
それぞれの役を務めながら、ナム・テジン監督と
会議を重ねながら撮影に挑んだ。
また二人とも突発的にアドリブでセリフを変え
自然に笑いが巻き起こるような事も多々あった。
ドラマスタジオの現場の空気さえ変えたとなっています。

 

 

韓国ドラマ『スイッチ』あらすじ(ネタバレ)1〜32話(最終回)

 

1〜4話 5〜8話 9〜12話

13〜16話 17〜20話

21〜24話 25〜28話

29〜32話(最終回)

 

 

 

韓国ドラマ スイッチ【感想】

・ハマり度 50~80%

スイッチ-世界を変えろ-
全部見終わりましたぁ。最初はジュンスなのかドチャンなのか
見てるこちらまで分からなくなります。
ですがストーリーに慣れだしてくると、どちらかというのが
分かり、話の内容も理解しやすくなりました!
ジュンスは体が弱いが一度決めたら貫き通すし、
ドチャンは性格明るく可愛い面もあり完璧な仕事をする。
ハラは女検事でありながら、男勝りで頑固な性格。
それぞれストーリーのキャラクターとして、かなりマッチして
それでもってチームプレーが最高でした。
心に残っている場面は…
ドチャンが父、サ・マチョンに助けられるシーンです。
そのシーンで「どうだ、父さんはやはりやり手だろ」と言い
ショベルカーの先端をドチャンにかぶせる場面。
物凄く感動しました。
あんな風に守られたら20年間騙されても許します!(笑)
でも、クム・テウン。
かなりの悪役だったけど、見守りながら息子ソンドゥを
見捨てなかったとこは「父」だと感じとれました。

考えるだけでも、詐欺は怖いですよね。
でも日頃から人に接する時とか気をつけたいとか
勝手に思っちゃいましたよ。

しかし、チャン・グンソクがこんなかっこいいとは
長年韓国ドラマ見て初めて思ったくらいです。
惚れ惚れしました。ごちそうさま。
「綺麗な○○さん」私も言われたい(笑)