逆賊  あらすじ(ネタバレ)23話

父さん…僕は殿下に剣を授かり将軍になるのではなく
剣を振るう人間になってはだめですか?
アモゲに話しかけ立ち上がるギルドン。

芸妓を集め、歌を聴く殿下とノスク(コンファ)。
身ごもる女楽も出てきた中、殿下は女楽に子供は必要ないと
生まれたらすぐに母親から引き離し子供は生き埋めにと
残酷な言葉を出す殿下。

次々と女楽から子供を奪い取る官軍。
モリは全て生き埋めにしたと報告をし下がる。
そんな中、宮殿から逃げ出した者がいると。
弓を持ち追いかける殿下。
こっちだと言い振り返る殿下…しかし周りには誰もおらず
笑い声だけが聞こえる。
そっと振り向いた先には、完全に復活したギルドンが。
大きな岩を落とそうと脅すのだった。

宮殿を抜け出したのは、ギルドン。
ギルドンの前に現れた萬神。
大きな木の根っこを探せと言い残され目を覚ますなり
根っこを探し出すギルドン。
洞穴のような場所に入って行き萬神が待ち構える。
そして、ギルドンはまた一族たちと共に暮らす。

ギルドンが逃げたとしてハンソ(ギルヒョン)にまた
捕らえるよう命じた。
ギルドンが逃げたと知り喜ぶギルヒョン。
そして穏便に行動するとして、ギルドンは死んだと
民に知らせる事にした殿下。

ギルドンらは、民たちを大木の根の下に連れてきた。
萬神は壮者だから待っていたと。

ギルドンはガリョンを迎えに。
しかしガリョンは荷物をまとめて家を出ていた。
ガリョンを拐ったのがモリだと思ったが
ギルドンの勘違いで終わる。

荷物をもつガリョン。
もちろんガリョンは、ギルドンを忘れておらず
殿下に近づく事だけを考えていた。

国がどんどん残酷になり
民たちの鳴き声が国中響き渡る。

チュン院君は、ドファンだけ手柄をとったように
殿下言われ小間使いで終わるかもと焦る。
ジョンハク(スハク)はハンソ(ギルヒョン)と仲が悪くなり
以前の住まいなどを調べるよう命じた。

殿下は、逃げたギルドンが頭から離れず切羽詰まる。
官女が手ぬぐいを渡すが、余計苛立ち首を掴む。
殿下を慰められるのはノスク(コンファ)だけだった。

禁標に雑人…
連れて来られた女人は喪服を着たガリョンだった。
殿下に仇を討たせてと言う声を
殿下の後から聞いていたノスク(コンファ)はガリョンだと分かり
自分の所へ置いた。

ガリョンの命を助けると言うノスク(コンファ)。
ガリョンはギルドンと入れ違いに宮殿に入った。

ノスク(コンファ)はガリョンを守ろうと命だけはと頼みに行く。
しかし、ガリョンは人目で殿下の心を奪った。
ガリョンを女楽の衣に着替えさせた。
ノスク(コンファ)は、殿下に強い印象を与えたかったから
わざわざ禁じられた道に入ったのかと聞く。
しかし、ガリョンは追い出しますかと。
そこで、ノスク(コンファ)は自分に仕えたら
助けてあげると言うのだった。

ギルドンとギルヒョン。
ギルヒョンは謝る一方。
ギルドンはオリニの話をし、女楽へ向かう。
ギルヒョンもまたオリニを見つけ連れ戻そうと。
行録にもオリニの名前があるとされ、むやみに動くのは
危ないと話すギルドンだった。

ガリョンのことは女楽の皆にすぐ広まる。
オクランとサンファにガリョンを任せたノスク(コンファ)。
ガリョンは、二人に宮殿の事を色々と聞く。

殿下の前で芸を披露する女楽たち。
殿下の対応をまじまじと見たガリョンだった。

街に張り紙が…
殿下に対する言葉を張り出され
その内容には、ギルドンの味方と書かれた。
殿下は怒り、捕らえた民を罰する。

ギルヒョンはギルドンと自分たちの知恵を文でやり取り。
そして、ギルドンは救った民たちの前に立ち
捕らえた罪人たちが後を絶たない状況を話し
殿下から民を盗むとギルドンは言うのだった。

 

逆賊  【感想】23話

ガリョンが宮殿に!?
しかもオリニとすごく近い場所にいますね!
ガリョンは自分の結婚した相手をギルドンと
ノスク(コンファ)に明かしませんでした。
明かす時は来るのでしょうか?

兄弟の文通…素敵ですね!
何かキュンとしました。
これからのギルドンの行動に注目ですね。

 

 

 

逆賊  あらすじ(ネタバレ)24話

夢にうなされて、民を救うため殿下から民を盗むと作戦。
同時に殿下も夢にうなされ目が覚める。
ギルドンは没落した高麗王族か…それとも罪をかぶされ死んだ
臣下の息子か…庶子だから出世ができなかったのかもと
ギルドンの存在が殿下を苦しめる。

民…
一緒に捕られた民を救おうと言うギルドンに
なかなか賛成できずにいる。
「私は女でケンカもできないけど、出来ることはある」
一人の女人の声で次々と賛成の声があがる。

民の中には、安全な所まで来たのに死にたくないと。
萬神は、そんな民を勝つことを知らず負けることに慣れて
知らない事が多すぎるからだと言う。
理解できる言葉をかけてやるのがいいと。

ヨンゲは怖くなり戦いから逃げた事がある。
しかし頭領は、やると決めたらやる男だと、昔話をする一族。
民を安心させることが出来た。

大臣たちは、ハンソ(ギルヒョン)に頼みドファンに会わせてもらう。
そしてドファンに殿下に対する相談をし力になってほしいと。

ギルヒョンはギルドンに文を。
ようやく殿下が何をしたいかが分かったと書かれる。
内容として、廃妃のために血の雨を降らせているのではなく
先代が作り上げた国を消し、自分の力だけで朝鮮を作りたいだけと。

近いうちに宴が開かれるのがギルヒョンより教えられ
宮殿内の地図を渡されたギルドン。
持ち帰り一族と作戦をたてる。
まず宮殿に潜入して武器を盗んだ。そして民に戦いの訓練を。

殿下、ハンソ(ギルヒョン)以外はギルドンが
行きている事を知らない中、ドファンは殿下にそれとなく
ギルドンの事を聞く。
しかし、殿下は平然とした顔でギルドンの事を隠す。
宮殿から戻りすぐにドファンは下の者にギルドンの事を
調べさせる。

モリはチュン院君に殿下の言いつけは従うよう言われる。
チュン院君もまたギルドンが死んだと思い込んでいるが
モリは、ギルドンが生きていることを知っている。
言いそうになるが、口を閉ざしたモリだった。

サンファ、オクランと殿下に芸を見せる。
そして、殿下はガリョンにも何か見せてみよと申す。
ガリョンは、物語を話した。
すると殿下は眠れぬ時に頼むと言ったのだった。
しかしサンファはガリョンが気に入らなかった。

殿下は毎晩のように夢にうなされる。
そして、ガリョンが呼ばれた。
尚伝は私を覚えているか?とガリョンに言う。
ガリョンはもちろん覚えていた。
そして心がほぐれるような物語を殿下にと言う尚伝。

こうしてガリョンは物語を語り、殿下を眠らせた。

ガリョンは衣の点検に行く際
ギルドンが持っていた布と同じ物を拾う。
それを手にし、ガリョンから受け取ったのはオクラン。
まさかとガリョンは、オクランがギルドンが探す
妹ではないのかと思うのだった。

点検中
オクランがノスク(コンファ)の衣の裾を踏んでしまい
転ばせてしまう。
棒で叩く所を止めたガリョン。
しかしノスク(コンファ)はオクランの罪を殿下に話すと
さらに機嫌を悪くさせてしまった。

オクランは首をはね晒すと命じられた。
ガリョンは自分が罰を受けると言うがノスク(コンファ)は
助けれるなら助けてみては?と。
サンファもまたオクランを見て、自分なら助けれるかもと。

ガリョンはオクランに食事を。
布の持ち主がオクランかと思っていたが違い
ギルドンの妹はオクランではなくサンファだった。

サンファは、ドファンの元に。
ギルドンが生きていると話をする。
ノスク(コンファ)は昔からギルドンを知っており
昔のよしみで心配もしていたかと思われますと教えた。

宴当日、ギルヒョンに入れてもらい
潜入できたホン家一族。
黒づくめに衣をまとい現れたギルドンだった。

 

逆賊  【感想】24話

サンファがオリニだったんですね!
でも、やはり記憶がないようです。
また、ドファンと繋がりを持っているため
どうなることやら…
ガリョンにも早くギルドンが生きていると気づいてほしいですね。
仇で宮殿に入って、
ノスク(コンファ)とも険悪なムードを漂わせてます。
ノスク(コンファ)の嫉妬からでしょうがね。
続きが気になります。

 

 

『逆賊』 あらすじ(ネタバレ)全話

『逆賊』 あらすじ(ネタバレ)第1〜30話(最終回)

 

 

 
このようなあらすじの記事を書いて、
月3万円副収入を稼ぐ方法をこっそりと
ナマでこちらから教えて差し上げます。
http://bit.ly/2yUC8q3