逆賊  あらすじ(ネタバレ)25話

殿下の前に現れた盗賊ホン家。
「ホン・チョムジが来た」と攻めるギルドン。
ここまで、ギルドンの作戦通り上手くいく。

殿下は自分の手でギルドンを捕らえると
馬にのりギルドンについて行く。

牢屋からは、次々解放される。
ガリョン、オクランも宮殿の外に出るが
ガリョンはサンファをと宮殿内に戻る。

ギルドンを追いかける殿下。殿下はギルドンに何者なんだと。
ギルドンはその問に
「俺はただ、父の子 俺の父…奴婢アムゲの子だ」と。
そして俺を生んだのは父、母だが俺の人生を変えたのは
あんただと殿下に言うギルドン。
俺を止めたければお前が止めろと、殿下を追わせる。

そこへ作戦通りに動くギルヒョンが到着。
そして、ギルドンは去る。

宮殿に戻った殿下。
ドファンは、私に言ってくださればと心配をするが
殿下に酷く殿下に怒られる。
屈辱を受けている時に何処にいたんだと。
そしてドファンは宮殿内にギルドンと内通している者がと。
ノスク(コンファ)が疑われる。

無事に民たちを救ったギルドン一族。

宴の事件から、殿下の命令に禁軍や別監らが嫌気をさす。
彼らが殿下の命令で人を殺す数は100と超えていた。

ノスク(コンファ)に頭を下げ謝りに訪れたオクラン。
すんなりと許しを得たのだった。

ノスク(コンファ)は久々に殿下に呼ばれ、入浴準備を。
そこへ殿下がやって来てギルドンの話を出す。
殿下はノスク(コンファ)の髪の毛を掴み言葉を放つ。
ノスク(コンファ)は、頭を下げ否定をし続ける。
しかし殿下は、ノスク(コンファ)の信用を失う。

ガリョンは夜になり、サンファが寝ている所へ。
布を握り眠るサンファ。
眠る姿を見て、あなたを見ているとギルドンがいるようと
優しく手を撫でたのだった。

翌日になりハンソ(ギルヒョン)は殿下の前で
自分の顔を何度もぶつ。
殿下は信じれるのはハンソ(ギルヒョン)くらいだと。
そしてもう一度ギルドンを捕まえる機会を与えた。

その後、ハンソ(ギルヒョン)はドファンに会いに行く。
そしてハンソ(ギルヒョン)はドファンに
ホン家へ忍び込む人材がいるため、守貴単の車人を
使う許可をもらう。
ドファンは直ぐに殿下に伝え運平から一人選ぶよう頼む。

そして選ばれたのはサンファだった。
ギルドンらの情報を漏らす役として宮殿から出された。

サンファはギルドンの元に。
ギルドンを見て後退りをするサンファの手を取り
僕が守りますと言うのだった。

ギルドンはギルヒョンに連れられ
禁軍らに会い手を貸してくださいと頼み込む。

いつまでもハンソ(ギルヒョン)の事を調べるジョンハク(スハク)。
しかし、パク・ハンソという人物は既に亡くなっていて
ギルヒョンの身元が嘘だと分かる。

ハンソ(ギルヒョン)はジョンハク(スハク)の家を尋ねた。
ジョンハク(スハク)は留守で、パク氏だけ。
帰りが遅くなるだろうと、ある物をと
自分の弟が折った枝で作った叩き棒と言いパク氏に渡した。
そしてハンソ(ギルヒョン)は、どうか長生きし
この世の中がどうなるか目を見開き見て下さいと。
家を出てチュン院君と遭遇し、チュン院君にも
幽閉地をゆっくり思い出して下さいと言いながら去った。
そう…ハンソ(ギルヒョン)は、自分が誰かを匂わせるため。

パク・ハンソが既にこの世を去っていてギルヒョンが
偽っている事を殿下に知らせようと
宮殿に到着したジョンハク(スハク)。
そこへ、パク氏とチュン院君が足止めをしハンソ(ギルヒョン)に
言われた事を話し、ジョンハク(スハク)はギルヒョンだと
完璧に分かったのだった。

そうと分かったジョンハク(スハク)は、殿下に知らせる。
そして同時にギルドンから文が届き事の重大さに
気づいた殿下だった。

ギルドンは、ようやくギルヒョンを連れて帰った。
そしてサンファの姿を見て、涙しながら謝るギルヒョン。

 

逆賊  【感想】25話

やっとギルヒョンが仲間にくわわりました。
長かったぁ…
あとは、オリニが記憶を戻せば兄妹が揃いますね。
まだ戻らない様子ですが…
ここからが本当の戦いになるでしょう。
ガリョンも早く戻ってほしいです。

次回からはギルヒョンもギルドンと共に戦うと思うと
ウキウキしてきました!
楽しみです。

 

 

 

逆賊  あらすじ(ネタバレ)26話

またもギルドンらにしてやられた殿下。
そしてチュン院君は、ある事を思いつき
ドファンを連れて殿下の元へ。

ハンソ(ギルヒョン)を愛弟子としていたドファンは
ギルドンらと繋がりがあるのではと疑われる。
しかしドファンもまた騙された側だった。

サンファを囲む一族。
「オリニ」と名前を呼ばれながら混乱するサンファ。
眠るサンファにどれだけ探したか分かるか?と
記憶を失っているサンファに同じ布を見せる。
しかし、違うオリニじゃないと否定をするサンファ。

次の日
モリがジョンハク(スハク)とギルドン一族を探すため
加わるが、ジョンハク(スハク)とは別行動に。

山を探すジョンハク(スハク)。
ギルドンに知らせが入り、ジョンハク(スハク)らに襲撃をかける。
子供の鳴き声で足止めをするジョンハク(スハク)。
そして使徒が手をかしてくれ、ジョンハク(スハク)を
追い払う事が出来たのだった。

眠れない殿下はガリョンを呼ぶ。
ノスク(コンファ)は平然としているのだった。
オクランを呼んだノスク(コンファ)はガリョンとの仲を問う。
オクランは自分とサンファと勘違いしたからと話す。
オクランは、詳しく話をしたのだった。
オクランの話を聞いたノスク(コンファ)は
すぐにギルドンの事を思い出す。

サンファは、夜抜け出しドファンの元に急ぐ。
しかし、昔の記憶が蘇るが偽りだと先を急ぐ。
ギルドンとオプサンがサンファの後をつける。

ドファンに会いに行ったが、サンファは騙されていた。
記憶を忘れる薬を飲まされ、ギルドンらを忘れていたが
ようやく、ようやく思い出し私の名前はオリニですと…
オリニは、今までの事を一族に話す。

ガリョンは、興清になってしまう。
そして、また話をしてくれと殿下は申し出た。

夜、殿下の部屋に行き物語を語り眠らせた。
ゆっくり殿下に近づくガリョンは、簪を手にとり
殿下にふりかかろうとするが、ノスク(コンファ)に止められる。

ノスク(コンファ)はガリョンにビンタを。
自分は、死ぬために宮殿に入ったと言うガリョン。
そしてノスク(コンファ)はガリョンの夫が誰かを聞く。
ガリョンは、ノスク(コンファ)に主人はギルドンだと言う。

日を増す事に殿下を恨む民が増え、逆にギルドンを
応援する民が増える。
それを知った殿下は、ヒャンジュモクの民を全て殺せと命令。
そして命令通り、民が殺されていく。
それを使徒が知らせにギルドンの元に助けを求める。

ヒャンジュモクに行く2班。
ギルドン一族が道をふさぐ。
かかってこいと、戦いが始まったのだった。
そんな中、ソプリら次々と傷を負う…
ギルドンとギルヒョンは引きつけるから逃げるよう言う。
しかし、「死ぬも一緒、生きるも一緒」と構えた一族。
それに続き仲間も強気でいる。
そこへ…帰りを待っていた民までもが加勢し
ギルドンらを救うため動いたのだった。

二班がやられたと報告をする尚伝。

二班に勝ったギルドン一族。
しかし…負傷者が。
今日ほど爽快した日はないと、ギルドンにお礼を言いながら
亡くなってしまう。
ギルドンはまだ名前も聞いてないと泣きわめくのだった。

 

逆賊  【感想】26話

オリニ万歳!!!やっと記憶戻したぁあ!
そして、オリニを囲う一族はやはり変わらず
オリニをほうほうする姿がいいですね!
これでアモゲ一族が揃います。
ヒャンジュモクの戦い…
物凄くかっこよく、感動もしました!!
全員が一致団結はとても素晴らしい絵ですね。

 

 

『逆賊』 あらすじ(ネタバレ)全話

『逆賊』 あらすじ(ネタバレ)第1〜30話(最終回)

 

 

 
このようなあらすじの記事を書いて、
月3万円副収入を稼ぐ方法をこっそりと
ナマでこちらから教えて差し上げます。
http://bit.ly/2yUC8q3