『サム、マイウェイ』あらすじ(ネタバレ)

11話

 

付き合ったエラとドンマン。
浜辺にすわり、他の男の横に座ったりするしないで特に
初恋の相手を思い出すなと言うドンマン。
そんなドンマンに初恋の相手はあなたよと答えるエラだった。

次の日、ドンマンたちが住む場所に新しく越してくる人がいて
運ばれる家具などが豪華でドンマンとジュマンは驚く。

しかし引越ししてきたのはヘラン。
毎日ドンマンの顔を見たいと口にするヘランに
エラと付き合っているとドンマンは言う。
親友同士が付き合うと、別れた時に親友には戻れないから
自分がドンマンの親友になると言ったヘラン。

ドンマンはエラを呼び出す。
計量に付き合ってほしいといい、その後はデートしようと。
エラは外で話すドンマンに何故、家に入らないかを尋ねる。
ドンマンは、自分たちは若い動物だから一線は超えられないと。
その言葉を聞き、エラは真面目だと口に出す。

ジュマンは仕事の役割を落とされてしまう。
それは、イェジンを振った事が原因だろと部長に言われた。

着替えを終わらせたエラ。
付き合った途端、ドンマンは束縛をするかのように
スカートを履くなと言い、着替え直させる。

ジュマンとソリは、食事をする。
携帯を見るジュマンに、彼女が目の前にいるのにとソリ。
そんなジュマンは、ソリといると自分が悪者みたいだといい
自分たちは倦怠期と答えるジュマン。
ソリは、ただ昔のようにいたいだけだと言うのだった。

ジムに来たエラ。
チャンホがドンマンを厳しく指導する中
エラは見ていられず、チャンホに文句を言う。

記者がたくさんいる中、計量をするドンマン。
ドンマンの試合相手はかつて一緒のジムにいたドゥホ。
タクスに引き抜かれていた。
トイレでドゥホと鉢合わせをしたドンマンは移籍理由を聞く。
娘が病気だから、助けるために仕方なかったと言う。
そんなドゥホは、チャンホを頼むとドンマンに言ったのだった。
そこへ敵なのに喋るのかと来たチャンホは、ドゥホに
また飯食べに来いと言うのだった。

コーチを見送るドンマンとエラ。
まずドンマンはチャンホにエラと付き合っている事を言った。

エラはご飯を振る舞い
その後、一緒にテレビを見る2人。
今までの遅れを取り戻すために進展を早めてもおかしくないとエラ。
ドンマンは、エラにキスをしようとする。
その瞬間、ジュマンが入ってきてタイミングを逃した2人だった。

次の日ドンマンの試合にジュマン、ソリ、エラが応援に。
試合開始が迫る中、エラは会場から出た。
開始、ドンマンが圧倒的に強く相手のドゥホは負ける。
試合後、みんなで食事をするドンマン。
今回の試合で、ネットには変なあだ名が付けらた。
倒れた相手を殴るのが格闘技だとジュマン。
それに続き、殴るのが出来ないのなら辞めろとチャンホも言う。

チャンホは試合後、屋台をひらく。
ボクヒがやって来てお酒を飲む。
自分には息子がいて探さなければならないと。

翌日
タクス側は、ドンマンの試合を動画で見る。
ドンマンの弱点を見ながら、今なら勝てるから試合しろと
タクスに言うコーチ。

エラは、ボクヒの息子にたまたま会う。
しかし、無愛想に公共の場所だから不快な思いはさせるなと
言われた。

その夜、家に入ろうとするジュマンにイェジンから電話が。
交通事故で絡まれていると言われ、向かうジュマン。
そしてもうこれが最後にしてほしいと言うジュマンは
イェジンの家に運ぶ物が多かったため手伝うことに。

そんなイェジンはジュマンといることを写真にして
SNSに黙って投稿していた。
それをソリは見てしまう…

ドンマンはエラと屋上にいる。
明後日、リングアナウンサーの試験を受けるエラに
エラが本当にリングアナウンサーになったら自分たちは
職場恋愛になるのかなとドンマン。
エラが好きすぎるドンマンは、今夜は自分とこに
泊まるかとエラに言うのだった。

 

(感想)

ドンマンのエラに対するゾッコンぶりは
めっちゃ幼いですね。
エラと付き合うことになったものの
体全体で気持ちを表しているような感じです。
エラは、恥ずかしい気持ちが前回で
とても楽しい時期ですね。

ジュマンたちは心配ですね。
倦怠期からのすれ違い…
お互いに気持ちはあるのにジュマン優しすぎ。