『サム、マイウェイ』あらすじ(ネタバレ)

9話

 

自分のもとに来たドンマン。
ドンマンは、エラに泣き顔も綺麗だと言う。
手を繋ぎながら一緒に退場するドンマンとエラ。

ステージ裏でドンマンは、お前しか眼中になく
お前の手を握るとドキドキして顔を見ると
時々チューしたくなると言うドンマン。
それはドンマンの中にしまっておいてと言うエラだった。

バスからおりたソリとジュマン。
「あなた」とソリが笑いながら降りてくる所を
バス停にいたイェジンに見られる…
酔っ払っているのかイェジンは、バス停のベンチに寝転ぶ。
その後、母からの電話で帰っていった。

次の日
ドンマンの試合はネットで有名になっていた。
エラは、今度こそアナウンサーになるために気を引き締める。

エラは、父に電話を。
エラがデパートを辞めた事を知っている父は仕送りすると。
自分のために使うよう言うのだった。
その様子を聞いていた大家、ボクシだった。

ドンマンに、ファイトマネーが入る。
まず、自分の両親にお金を送り妹にはプレゼントとして
スニーカーを。
そして友達3人にも贈り物を。

エラは面接へ。
しかし、悪縁なのかヘランが書類を見つける。
面接を開始したエラ。
しかしここでもエラには興味がない周り…
終いにはヘランに、アナウンサーになれるとでも?と。
負けじと言い返すエラだった。

ジュマンは、キムチのテレビショッピングの撮影を終えた。
途中のアクシデントを、ソリが救いキムチは完売したのだった。
しかし、ソリの行動は注意される。
そこへ、キムチの提供者が。

提供者は、イェジンの祖母と母でジュマンとソリが
一緒にいた時に会ったことがあるイェジンの母は
皆の前で、以前会ったわねと言われる。
ソリは、皆の前で堂々とジュマンの婚約者だと言いたいが
グッと我慢をする。
すると…ジュマンが皆の前で自分の彼女だと明かしたのだった。

ドンマンは先輩に頼まれイベントに参加する。
しかし担当司会者が体調を崩してしまい、ドンマンが
司会者にピッタリな人がいるとエラを推薦したのだった。

エラは舞台に上がった自分を邪魔するなと
次々にこなし、市長や観客を楽しませてみた。
そんなエラは、次の日も司会を頼まれ現地に泊まることに。

宿の部屋を借りた2人。
エラは、自分の部屋でゴキブリを見つけて悲鳴を出す。
エラの悲鳴を聞いてドンマンが助けに来たと思いきや…
ドンマンまでゴキブリが大の苦手で、エラよりも怖がる。

ヘランはドンマンを尋ねる。
しかし、ドンマンが不在だったためエラの家にも行くがおらず…
2人でいるの?と呟く。

翌朝、電話の音で目が覚めたエラ。
隣にドンマンがいて服を来ていない事に気づいたエラは
ドンマンを叩く。

 

感想

お酒飲んで一緒に寝たらダメよ(笑)

ヘラン、まじで危険な女ですね。執着がすごい…
自分は全て持ってるという事から自信があるのか…
そっちのほうが醜いですよね実際…
残念な女だ。

エラの性格すきだなぁ。
さっぱり感が半端ない(笑)