『あなたが眠っている間に』

あらすじ(ネタバレ)9、10話

 

「まただ、またあの夢だ」とホンジュ。
まだその時が来ていないのに、もう既にそこにいる様な気がと
夢を見ながら苦しむ。
ハッと起き上がり不安なホンジュ。
コンコンコンと料理をする母の音がホンジュを安心させた。

ホンジュは仕事に戻るか戻らないかを悩んでいた。
ホンジュは以前、記者の仕事をしていた。
しかし、記者の仕事をしていて死にかけたと。
そんなホンジュに、母は仕事をするなと止める。
「あんたは心配させるし」と。

ジェチャンは会議を。
ソン・ウジュが検事長に、ひき逃げ事故の提出した書類を
却下した理由を聞く。
一緒に飲んだ人に検問所を避ける道を知ってるからと
家まで運転を頼んだと。その後9歳の子は両親を亡くし
生涯、人工呼吸器でと話す。
しかし検事だからと言って全ての人を犯罪者には出来ないと
検事長。

ホンジュの店で昼飯を食べ終えたウタク。
夢を見るのが楽しいと言うウタクに、自分が死ぬ夢なら?と
ホンジュは聞く。
しかしウタクは、自分が死ぬ夢だとしても変えられるさと。
その話を聞いた母は、いきなりウタクに出ていくよう
声を荒らげてしまう。

ウタクが店を出たあと、ジェチャンが上司らを連れて
昼食に。検事長はホンジュの喋りっぷりに頭をおく。
昼食後、ハッと思い出し、ホンジュが記者だったと分かる。
記者でも人気を集めていた事が明らかになる。

ホンジュは仕事に戻りたい気持ちがあった。
自分が務めていた会社の前の横断歩道で足を止める。

店を出てから暫く歩いたホンジュ。
家に戻り、自分が見た夢を付箋に書き込んだ物に目をやる。
2016年3月17日
「ミョンウォン大学 3月28日 20時 ロウソクの明かりイベント」
ジェチャンは、ミョンウォン大学で振り回されるホンジュの夢を…

ウタクもまた同じ夢を見る。
そんなホンジュは、夢の中で怪我する人を助けるため
消化器を持って出かける。
止める母に、今回の夢で人を助ける事が出来たら
仕事復帰を考え直してと言うホンジュだった。

大学に向かったホンジュは、火事になる前に
消化器の栓を抜いて放射する。
しかしムードは台無しで、怒った大学生はホンジュを追う。
そこに、先輩と夜勤を交代したジェチャンがホンジュを助ける。
どうにか大学生をまかした。ウタクも、夢を変えたのだった。
しかし救った代わりに、女の子は家族を事故で失う…

次の日
SUBWAYで朝食を食べるウタク。
スンウォンがサバを焦がしジェチャンもSUBWAYで朝食を。
その時に、バレンタインの時の事故の話を出すウタク。
前に自分が死にそうになった事は?と。
ジェチャンは昔水に溺れて助けてくれた人がいると話す。
その話から、自分たちが繋がったのがホンジュだから
夢を見れるのでは?とウタクは言うがジェチャンは
そう簡単には信じなかった。

夜、ゴミを捨てるジェチャン。
そこにホンジュの母が来て、ホンジュが記者を辞めた理由を聞く。
ホンジュは記者の仕事をしながら自分が死ぬ夢を見て
母が辞めさせたが復帰する事を許したと言うホンジュの母。
そんな時、ホンジュは自分の部屋でスーツが用意されているのを
見て感動する。
ホンジュの母は、もし何かあったら娘を守ってと話すのだった。

翌日から仕事復帰をしたホンジュ。
出勤を目の前に足が止まるが、ジェチャンが手を握り
ホンジュを連れて横断歩道を渡る。
そしてホンジュはユニフォームを手に夢を思い出しながら…
またジェチャンがホンジュを守ると決めた日でもあった。

 

(感想)

自分たちが知らない間に、ホンジュとジェチャンは
既に出会っていたんですね。
運命を感じます。
ウタクが言うようにホンジュが関わったら
予知夢が見れるのでしょうか??
ミステリーすぎて、でもロマンスもあって
面白くなってきたと思います。
まだ始まって間もないのでじっくり見ていこう。

 

「당신이 잠든 사이에  9회, 10회」の画像検索結果

 

 

『あなたが眠っている間に』

あらすじ(ネタバレ)11、12話

 

カフェの店員、カン・チョヒの所に警察が。
ユボムの元にはATMでお金を引出ししていた男
カン・テヒが訪ねる。
あのと言うテヒは、カバンの中のお金を見せる。
自分は大きな交通事故を起こし、弟を失ったが
わざと事故を狙ったと言われているとユボムに相談をする。
弟を殺したと言うテヒは、無実を証明してほしいと頼む。

ジェチャンは夢を見る。
ニュースには「保険金を狙い弟を殺害した事件は…」と流れる。

これから朝食ををホンジュ宅で食べるようになった
ジェチャンとスンウォン。
夢でジェチャンの私生活を見るというホンジュ。
ジェチャンは赤面を。
いつも乗るバスに乗らず、ホンジュが乗るバスに乗るジェチャン。

ウタクはホンジュの店に。
ホンジュがいなく残念がるが、署にホンジュがいて笑顔に。

ジェチャンは会議を。
交通事故の話を聞くジェチャンは自分が見た夢を思い出す。
シンプロが裁判担当を。
加害者、カン・テヒの弁護人がユボムだと聞く。

そして裁判が始まる。
カン・テヒは弟であるビョンヒを保険契約者として登録。
受取人として彼の名前で31件の保険契約し毎月400万ウォン支払い。
その後、弟を家まで送るため、わざとに事故をおこし
ビョンヒを殺害し合計27億ウォンを受け取る。
しかし、起訴を拒否し無罪だと言うユボム。

裁判を終えたシンプロは上司、ジェチャンと昼食を。
裁判の話になり黙って聞くジェチャンは
ユボムが故意的に自供させたとは思わないかと聞く。

ホンジュは夜勤で、猫が100匹以上殺された事件を。

ジェチャンは夢を見る。
それもカン・テヒがホンジュを襲う。
ホンジュは、猫の事件を調べてるという話を。
検察庁に戻り、ジェチャンはシンプロに
カン・テヒを必ず有罪にしてくださいと言うジェチャン。

裁判に出席するジェチャン。
裁判には妹のチョヒも涙を流しながら出席。

テヒがユボムを尋ねた時
ユボムは何故死体解剖をしなかったかを聞く。
しかし、テヒは交通事故で亡くなったのではないからと答えた。
猫に青酸カリを使用したら効果てきめんだったため
弟に青酸カリを使用したと平然な顔で言うテヒ。
こうしてテヒは起訴出来ず、無罪になってしまった。

ユボムはテヒを見送り握手を交わす。
しかしすぐ様、手を荒い汚ぇ奴だと言葉を漏らす。
ジェチャンがトイレへ行き、テヒがどうやって弟を殺したかを問う。
しかし、ユボムは弁護人としてやるべき事をやったまでと
立ち去るのだった。

ホンジュは猫殺害事件でウタクの署に尋ねる。
猫にチキンをあげた男がいるという情報が入ってると聞き
ホンジュは見たことあると言う。

ジェチャンは夢、猫が青酸カリで大量死、テヒの事故を
照らし合わせる。
そして、まさかと思い捜査官に尋ねる。
捜査官も「そういえば!」と死体確認の時に被害者の血が
淡かったのを思い出す。
毒で死んだ時に起こる特徴だと。

テヒは自分の店のチキン店に戻る。
暗い店の中で待つ妹のチョヒは、テヒを信じていたと。
テヒが近寄るがチョヒは後ずさりをする。
裁判へ行ったチョヒ。
証拠として車のブラックボックスの声は、どっちも
兄さんの声だったと妹でしか分からない証言をする。

同時にホンジュとウタクがチキン店に着く。
チキン店のオーナーが猫にチキンをあげていたと。
ウタクだけが店内へと入って行く。
「大丈夫ですか」と声をかけたウタクの腹部を刺した。
ウタクはホンジュに逃げろとテヒを引き止める。

ウタクをボコボコにし、ホンジュらを追うテヒ。
工事現場のビニールシートに隠れていたホンジュとチョヒ。
しかしテヒに見つかり、思いっきりジェチャンの名前叫ぶ。
ガチャとライトが一斉に付いたと共に現れたジェチャン。
逮捕状を手に息を切らしながら現れたのだった。

 

(感想)

予知夢がどうこうは置いといて
ジェチャンとホンジュは付き合ってるのか?
気になる(笑)
ウタクのホンジュを助ける姿はかっこいい!
自分が刺されても、意識なくなるまでしがみつく。
さすが警察官だなぁ。
リカちゃん人形みたいに可愛いチョヒ。
ホンジュが救うけど…予知夢見れるようになるのかな?

 

関連画像

 

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!