『マッドドッグ』

あらすじ(ネタバレ)3話

 

ミンジュンは、ガンウの家族の命を奪ったキム・ボムジュンの
弟、キム・ミンジュンだった。
ガンウは目に涙をためながら怒りで震え上がる。

ガンウはミンジュンの首を締めながら殺されに来たかと。
ミンジュンは殺してみればと笑を見せる。
ミンジュンは今までのマッドドッグの動きを初めから知って
動いていたことが分かる。
そんなミンジュンは、マッドドッグメンバーに
自分の指示通りに狩りをしろと上から目線で言う。

今まで違法な調査をした動画を全てもらすと
ケーキを3つそれぞれ送ったと言われ、追いかけるメンバー。
原本が欲しければ、言う通りに動くよう再度言われる。

ガンウは、ハリと夕食を。
こんな日は酒をといわんばかりにグッと飲む2人だった。

翌朝
ミンジュンの車を追跡するハリ。
着いた場所は教会。
ハリは、教会へと入るが新しい顔と全員に紹介され
ミンジュンに自分の存在がバレてしまう。

教会を出たミンジュンとハリ。
ハリの胸元のブローチは隠しカメラでミンジュンは
カメラに向かってガンウに挨拶をする。

ガンウとスンジョンは、ミンジュンの部屋に。
しかし、それはミンジュンにすぐ連絡がいくうえ、
何の収穫も出来ない様子。
…がしかし、ガンウは何かに気づいたかのようにハリに
ミンジュンの足を止めろと指示する。

ガンウは、隠し扉を発見し中に入っていく。
そこには、飛行機墜落事故に関する資料がずっしりある。
ミンジュンが戻り、ガンウが隠し扉の中にいることに驚く。
ガンウはミンジュンと一緒に写る女性を誰だと尋ねる。
ミンジュンはただ「カン・ウンジュ」と。

次の日マッドドッグメンバーはカン・ウンジュのことを調べる。
カン・ウンジュは妊娠36週目で病院には毎回ひとり。
夫は事故死している。しかし、中には夫は自殺という声も。
そしてガンウは次にカン・ウンジュの夫の保険を調べると。

ガンウはホンジュに調べてもらうことに。
夫イ・スオが契約者で、受取人がカン・ウンジュとなっていた。
死亡したイ・スオは、大学の先輩と酒を飲んだが泥酔したイ・スオを
車に乗せ、大学の先輩はその場を去る。
その1時間後、車に炎があがり死亡をしたとされている。

ガンウは、カン・ウンジュに会いに。
ミンジュンとは、数ヶ月の知り合いだが
優しいと言うカン・ウンジュは、いきなりガンウの手を握り
夫は自殺でないから真実を明らかにと頼んだ。
その後、チョ刑事に会う。

ハリは、イ・スオの大学の先輩に会いに行き
事件当時のことを聞く。
ガンウはヌリと一緒にグクチンの元に行き事故映像を見せる。
どうにも考えられない状況の中、カン・ウンジュの夫イ・スオは
ラフォラ病(てんかんみたいな病気)を患っていた事が分かる。

ガンウは再びカン・ウンジュの元に行く。
夫の病気を伝えるガンウ。
カン・ウンジュは、言い難そうに話すが、夫の先輩が病気を研究し
殺したんだわと興奮気味に言う。
ガンウは質問を変更し、ミンジュンとの関係を聞く。
しかしすぐには答えずだったカン・ウンジュは何度も聞く
ガンウの執念さが勝ち、ミンジュンが助けてくれると話してた事を
明らかにした。

カン・ウンジュが詐欺だと分かったガンウは、カン・ウンジュに
詐欺には手を貸さないと、自分のお金を手に握らせ去ろうとするが
カン・ウンジュは、保険金は夫の死が明らかになるまで
受け取る気はないし、自分も子供も物乞いじゃないとガンウに
お金を返したのだった。

ガンウはミンジュンの元に。
お前に良心はないのかと巻き込む理由を尋ねる。
しかしミンジュンは平然とした顔で、理由は自分たちで探せと。
そんなミンジュンにガンウは、お前がやれと言う。
ミンジュンは、自分が持ってる数々の証拠があるからと
脅すが、ガンウは引かなかった。

焼肉を食べるマッドドッグメンバー。
ほろ酔いのスンジョンは、昔話をし始める。

2008年の秋
警察署でひとりの女が取り調べを受ける。
その女は自動車保険を5つ入っており、数々の事故を起こす。

そこへ当時のスンジョンが、女を刑事の前でかばう。
その女は、スンジョンが知る名前でなかった上に
事故の原因はこの人だと濡れ衣をきせられてしまう。
スンジョンがセビョルと呼ぶ女は、スンジョンと付き合っていた。
しかし、いとも簡単に裏切り行為を見せつけられる。
スンジョンは、悔しい気持ちを抑え罪を被った。

だが偽証だと証明された翌日、留置から出るスンジョン。
太陽生命保険会社のチェ・ガンウが調べなければ刑務所だったと
言われ出されたスンジョン。
その後、スンジョンはガンウと会いセビョルの事を聞く。
ガンウは、男とカンボジアへ行ったと教える。
ガンウの前で大泣きするスンジョンだった。

そんなスンジョンは、イ・スオの事件を諦めるのか?と。
詐欺だけど何か隠された真実があるかもとガンウに言う。

ガンウは家に帰る。
夜中にチョ刑事からの電話を受ける。
カン・ウンジュが暴行罪で連行されたと知らせが入る。

カン・ウンジュは、夫の先輩に暴行を。
先輩側は、可哀想に思い我慢をしてきたが訴えると。
そこへ、ガンウはカン・ウンジュの保護者として現れ
解放させ、何も言わず警察署から去るガンウだった。

ようやく眠れた時、ガンウに一本の電話が。
相手は救急隊員からだった。
自力で救急車を呼んだカン・ウンジュは意識不明の状態と言われ
病院へ駆けつけたガンウ。
カン・ウンジュの子供は無事だが、問題のカン・ウンジュは
昏睡状態。
カン・ウンジュはガンウに留守電を残していた。
どう考えても、夫が死んだとは考えられないと残した。

翌朝、ガンウはカン・ウンジュの家へ。
しかしドアが空いており、恐る恐る入るとそこにはミンジュンが。
ガンウは、ミンジュンを殴った。
お前の目的は、兄が殺人者かどうかを調べるためだろと
ガンウは、ミンジュンの兄の罪を教えてやると話し出す。
なぜ俺が家族がいない中、死なないと思う?お前のせいだと。
幸せに暮らすお前を知っていながら俺が死ねるかとガンウ。
そしてガンウは、ただ息を潜めて生きろとミンジュンに忠告を。
そんな話を聞いたミンジュンは…
黙ったままだった。

次の日
ミンジュンは、カン・ウンジュの生まれ故郷の施設に来ていた。
歩く子供たちを見ながら写真を見つめる。
そこには、キム・ボムジュン、キム・ウンジュ、イ・ミランが
並んで写っている。
ガンウが到着したときにはミンジュンの姿はなかったのだった。

 

「매드독 3회,」の画像検索結果

(感想)

ミンジュン、まじで陰気臭い…
あんな人、本当に大嫌いです。
でも、何らかの真相を探っているのだけは理解出来ますね。
世間は狭いとゆーか、ミンジュンはガンウに元々
近づく設定だったのでしょうか?
まぁ怖い、怖い。
兄、キム・ボムジュンが鬱病だったとしても
多くの命が奪われたから罪は罪なのに。
ミンジュンは何を調べていくのか…

 

 

『マッドドッグ』

あらすじ(ネタバレ)4話

 

子供施設に飾られた写真には3人の見覚えある顔が…
久しぶりです、イ・ミランさんと呟くミンジュン。
ガンウが到着したときにはミンジュンの姿はなかった。
そしてガンウも写真に目を向ける。
たまたま通った教員に、ミンジュンの事をそれとなく尋ねる。
ミンジュンは、カン・ウンジュの事を聞いたのではなく
その隣に写るイ・ミランの事を尋ねて帰ったと聞く。

帰ったミンジュン。
兄を尋ね時計を渡した日の事を思い出す。
イ・ミランと話す兄。そして兄の幼馴染だと分かる。
時計を渡すミンジュンに、次会うときは兄さんと呼んでと別れた。

ミンジュンは、2015年7月16日を元に兄との繋がりの者や
詳細を探っている様子。

2015年7月16日、イ・スオとキム・ボムジュンは保険契約。
その担当をしたのが、イ・ミランと記載されている。

ミンジュンは、カン・ウンジュの元に。
カン・ウンジュの手を拭きながら、赤ちゃんが待ってるから
早く目を覚まして、僕を助けるという約束守ってと声をかける。
しかし、オ・ソラが病室に来て
家族以外面会できないからと出ていくよう言う。
ミンジュンは、スンジョンからカン・ウンジュが孤児だと聞いたか?
と、オ・ソラの行動を口脅ししながら病室をあとにした。

ハリとスンジョンは、カン・ウンジュが何故意識不明になり
救急車で運ばれたかを、調査するため監視カメラを探す。
上手く映像を入手出来たハリたち。

事務所に持ち帰り映像を見る。
映っていたのはハン・ソンジン。カン・ウンジュの夫の先輩だった。
周囲の評判としては良かったが、研究が上手くいかず
社内での地位は危うかったが、イ・スオの死後にハン・ソンジンの
様子が1ヶ月ほどおかしいと。
もっと調査をするためにはイ・スオのノートパソコンが必要だが
持ち逃げしたハン・ソンジンの手の中にある。
取り返すには難しいと思うマッドドッグメンバーだが、ガンウは
ミンジュンに電話をかけ着いてこいと言う。

ガンウはミンジュンをハン・ソンジンが務める研究所に
送り込む作戦を考える。
ミンジュンは、ヨーナス・キム博士として潜り込む。

ミンジュンは研究所内を紹介されながら部屋に。
ハリも同伴して部屋からカメラを。
ミンジュンはハン・ソンジンと最初の接近に成功をしたのだった。

次の日
ホンジュが父を訪ねる。
ホンジュは単刀直入にチュハン航空に便宜をはかり
代わりにチュ・ヒョンギを利用するのかと伺う。
すると父は、お前は会社の機密書類を持ち出してるのかと。
ホンジュは、ガンウだからと正直に答える。
そして、ホンジュもまたカン・ウンジュを調べるよう言われた。

ハン・ソンジンは、
太陽生命保険調査チーム長のパクチーム長に会う。
机に並べた写真はマッドドッグメンバー。
かつて共に働いた仲間だがパクチーム長は今更関係なしで
見慣れない顔を見たら直ぐに連絡をと言った。

ハン・ソンジンは警戒をし始める。
ノートパソコンを探り出すのに、ネズミを用意させたガンウ。

ホンジュがチュ・ヒョンギの機密書類を奪った事で
運転手に罰を与えたチュ・ヒョンギ。
ホンジュは正直に自分がとったと言う。

ホンジュは、ガンウを訪ねる。
カン・ウンジュの事件を聞くホンジュだが、ガンウは話さない。
ガンウを心配するホンジュは、こんな事ばかりせず
人生を全うしてと言うのだった。

次の日
マッドドッグメンバー、ミンジュンはハン・ソンジンを探す。
「ハン・ソンジンお帰りです」ハリの言葉から
各自準備にとりかかる。

ミンジュンは研究室にネズミを放つ。
そこに除去師としてスンジョンとハリが潜入成功。
ハン・ソンジンは遅れてネズミが出た事を知らされUターンを。

順調に進む中、ハリはハードディスクを発見し
イ・スオのノートパソコンのシリアルナンバーと一致した。
そんな時、ハン・ソンジンが戻って来るのを見るミンジュン。
足止めするからと、ミンジュンは行動に出る。

「イ・スオって誰ですか?」
ストレートにハン・ソンジンに尋ねたミンジュン。
マッドドッグの名前を出し、上手く時間稼ぎをしようとして
何とか成功したのだった。
上手くいったと思ったが、パソコンがウイルスにかかる寸前だった。

調査をもとにこうしてハン・ソンジンがイ・スオを殺害したことが
明らかになった。
ミンジュンは、カン・ウンジュに知らせに病院へ。
大泣きするカン・ウンジュ。
そして、約束通り助けてと言うミンジュンの言葉に頷く。
僕はキム・ボムジュンの弟で、自分に340億ウォンを
受け取らせたイ・ミランは本当に死んだのかと聞く。
カン・ウンジュは、生きていると答えたのだった。

ガンウもまたイ・ミランが生きている事を知った。
それは太陽生命保険会社、チャ会長にも知れる。

ミンジュンは、どこにいるのかと尋ねる。

ガンウはまた不明ナンバーからの電話があり
「ミスク、ジュウォンも死んだ。あなたは生きていて幸せか」
電話の相手はイ・ミランだったのだ。

 

関連画像

(感想)

ん?イ・ミランは詐欺していたってこと?
話が分からなすぎ。
まず、ガンウとミンジュンは墜落事故以外に何で繋がる?
イ・ミラン?分からないわぁ〜…
ストーリーが深すぎるかな。
メインは、墜落事故を元に動くんでしょうね?
それだけしか分からないヲチ(笑)
まだ始まってちょっとだからもう少しじっくり見るかな。

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!