『マッドドッグ』

あらすじ(ネタバレ)11話

 

オン・ヌリ……
マッドドッグメンバーのハッカーだがそれ以前に
地検長の息子だった。

チャ会長、ホンジュ、ヒョンギは会長室に集まり話をする。
携帯にはマッドドッグメンバーの写真が写し出され
犬を捕まえようか?とヒョンギ。
ホンジュが処理すると申し出るが、チャ会長は
ヒョンギのお手並みを拝見しようと言うのだった。

ヌリは戻れと言われたことを伏せ、みんなで焼肉を。
しかしガンウだけはヌリの様子に気づいていた。

ヌリはガンウだけに父が動く事を教えた。

朝、酔いから目を覚ましたミンジュン。
昨日の記憶を辿る。
横にはハリが寝てると思えばスンジョンが……

ヌリは実家に帰るため、しばらく休暇をとった。

そんな時、太陽生命は記者会見を行い未払いの件を
謝罪したのだった。
ホンジュに電話をかけたヒョンギ。
お前にプレゼントを用意したと電話を終わらせる。

ヒョンギは、ヌリの父である地検長に会う。
もう狩りは始まる頃だろうと言う地検長……
まずヌリが捕まってしまう。

ヌリの連絡で、事務所に検察の捜査が入る事が分かる
マッドドッグメンバーたち。
そう言っている間にガンウたちはは捕まってしまう。

ヌリは、父にビンタをされる。
インターネットが出来ない場所に閉じ込めろと連れて行かれた。

捕まったマッドドッグメンバーは調書を取られる。
ガンウは自分が全てやったと言い、あとの者には知らないふりをと
ガンウが指示した通りに従う。

ガンウの前にオン・ジュシク地検長が座る。
そんな地検長は、ガンウに調書するどころか協力を要請した。

ガンウらが釈放された事は直ぐに知れる。

釈放されたマッドドッグメンバーは、事務所に戻る。
ガンウは、ヌリの話を全て話す。
オン・ジュシク地検長は、マッドドッグを必要としていると。
そしてオン・ジュシク地検長は太陽生命やJHに呆れていると。

まずガンウは、墜落事故のキム・ボムジュンの保険契約書の
原本動画を渡したと言う。
JHを攻撃する資料は太陽生命のチャ会長が持っていると話す。
そんなオン・ジュシク地検長は
2年前の墜落事故を再調査すると言われたのだった。

ハリは、ヒョンギにあっていた。
ヒョンギの用件は、手伝ってほしい事があると脅されている。
ミンジュンやスンジョンは心配でたまらなく迎えに。
しかし、今更心配しないでよと声をあげたハリだった。

ヌリが心配でたまらないスンジョン。

ヌリは、精神科に入れられていた。
スンジョンに絶対探しに来てと願ったのだった。

ホンジュを呼び出したガンウ。
801便に問題があったのか?と聞かれホンジュは
焦り出す。
もし飛行機の不具合に気づいていて妻子を乗せたらなと追い込む。
またヒョンギを自分は捕まえるとホンジュに言うのだった。
ただ機内のブラックボックスを渡せと。
その後、世に公表すると言うのだった。

ヌリを救うため看護師として潜入したスンジョン。
スンジョンはヌリがいじめに合うのを目撃する。

ホンジュは、会長室に行く。
一度父にJHとの関係を絶ってと願うが、すんなり交わされる。

ハリたちは、ムシンを待つ。
緊急調査だと頼み病院に一緒に入る。
そんな時にヌリは正気を失うくらい怒り狂う。
どうにか抜け出さなければと、火災サイレンを鳴らす。
後のことはムシンに任せ、ヌリを救えたマッドドッグメンバー。

ホンジュは、ブラックボックスの音声ファイルを
ガンウに渡す。

会社に戻ったチャ会長は、ホンジュが温室に入ったと知る。
またブラックボックスのファイルがなくなっていた。
すぐ父から電話があり、対応する。
もう辞めてと言うホンジュに、お前がガンウに騙されてると。

ガンウはヒョンギに会いに。ヒョンギの隣に座るガンウ。

焼肉を食べるハリとミンジュン。
コーヒーが飲みたいと外に買いに出たミンジュンを目撃するヌリ。

ガンウに30分黙り続けるのが勿体無いと言うヒョンギ。
そんなヒョンギに墜落事故の被害者は何も知らずに
2年前過ごしてきたと、機内のブラックボックスの音声ファイルを
ヒョンギに聞かせる。
ホンジュがやって来て、話は中断しその場を去った。

イ・ヨンホは又、ミンジュンに近づく。
しかしヌリがかばい刺されてしまう……

 

「매드독 11회,」の画像検索結果

(感想)

悲しい過去をもった者たちの集まりですね。
ようやくわかりました。
また絆がとても綺麗です。

汚い人間はいつまでも汚いって言いますしね。

ホンジュもどっち付かずな女……
自分の気持ちや意見はない女性ですね。
同じ女として引きました。

ヌリが刺された事で話が急変しそうです。

 

 

『マッドドッグ』

あらすじ(ネタバレ)12話

 

イ・ヨンホの手により、ヌリが刺されてしまう……
ミンジュンは、ヌリを抱えながらハリに連絡をする。

すぐに病院に運ばれるヌリ。
ミンジュンは、自分がマッドドッグに近づいたせいで
犠牲者を出したとして責めるミンジュン……
結局は無関係な人たちを巻き込んだ自分が悪いと。

しかし、ガンウはもう1人目の前にいると自分の事を言う。

ヌリの手術が終わり意識がないヌリ。
ヌリはVIP室へ運ばれることになった。

マッドドッグメンバーは、イ・ヨンホについて調べる。
イ・ヨンホは、太陽生命から奨学金を受けており
チャ会長に感謝をしているとされている。

ミンジュンは部屋に戻りヌリが刺された事を思い出す。
シャワーを浴びたミンジュンの前にガンウ。
ガンウはミンジュンに、本来の墜落事故状況の音声ファイルを
聞かせたのだった。
泣くミンジュンは、兄とは飲んだことないが
ガンウとは何度も飲んでると……
ガンウは、これからは2人でやろうと言うが
タイミングよくハリとスンジョンが入ってきて阻止された。

チャ会長は自らヒョンギの元に出向く。
オン・ジュシク地検長に会い、自分がやったと白状して来いと
ヒョンギに言うチャ会長。
何もやっていないのにと言うヒョンギに、オン・ジュシク地検長の
息子を指したのはJHの人間だろうと口にするチャ会長。
何も無かったように平然とした態度でいるチャ会長だった。

オン・ジュシク地検長を訪ねたヒョンギ。
下手に考えず言われた事をだけ行動しなさいと地検長は
家族の情が薄くても自分の一族に手を出したのには変わりないため
許すつもりはないとヌリを見つめながらヒョンギに言う。
そして、自分たちの的は別ににあると言われて
チャ会長を考えだすヒョンギ。

 

関連画像

 

次の日、イ・ヨンホはJHに辞表を出した。
そんなイ・ヨンホにチャ会長はあまり信じるなと忠告した。

イ・ヨンホが辞めたことはマッドドッグメンバーも知る。
そんな時、事務所にオ看護師長が来た。
オ看護師長は、ヒョンギと会う地検長の事を話す。
どうにか考えヌリを救い出したいがオ看護師長から提案される。
それは盗聴器をしかける作戦だった。
条件付きでオ看護師長に協力してもらうこととなる。

翌日、オ看護師長は盗聴器をしかけ、ベットの下には
携帯とおにぎりの袋を敷くことに成功した。

オ看護師長がしかけた盗聴器を聞くメンバー。
大統領になることを考えている地検長からの電話で
料理店に呼ばれるガンウ。
ガンウは、ブラックボックスのファイルを地検長に渡し
墜落事故の再調査お願いした。

地検長は、ヌリの病室に再びヒョンギを呼んだ。
ブラックボックスを見せただけと言う地検長は、ヒョンギを
仕留めるナイフを持っていると話す。
ヒョンギは、再調査をなさってくださいと言う。
しかし、ヒョンギは地検長を脅し結果、再調査を遅れさせると。

そんな事があろうかとブラックボックスのファイルは
最初から偽物を渡していた。
やるなら派手にやろうと言うミンジュンだった。

イ・ヨンホに接近したミンジュン。
なぜ人殺しをする?と質問をするミンジュン。
自分がもし殺人鬼なら、サイコパスではなくソシオパスだと
答えたイ・ヨンホ。

イ・ヨンホに挑発したミンジュン。
その結果、ミンジュンは追われることに。
車を停止し、歩き出すミンジュン。
その後にはイ・ヨンホもついて行く。ハリは2人を追跡。

しかし状況は変わり、ミンジュンを追いかけていた
イ・ヨンホは、ハリに気づきハリを追いかける。
行き止まりで行き詰まったハリは、ミンジュンの代わりに
エサになると心を決めるが、ミンジュンが到着。
またスンジョンも到着し、イ・ヨンホを警察に渡した。

目を覚ましたヌリ。
父が入ってきて寝た振りをするヌリ。
来客として来たのはホンジュだった。
イ・ヨンホは私の部下ですと言うホンジュは
ミンジュンが被害者ではなくイ・ヨンホが被害者と……
また、墜落事故の件やブラックボックスの件について
話をする結果、今回の記者会見などは全て
ホンジュが仕向けた事だと分かり、話を聞いていたヌリは
すぐにメールを送ろうとする……

しかしあと一歩のとこでカーテンが開く……!!

 

「매드독 12회,」の画像検索結果

(感想)

今までガンウ側が成敗してたのに
思うように進まなくなってきていますね。
最後に悪あがきをみせているのか……
大人気ないなぁ。
ホンジュは、やっぱり怖くて行動してるのか
それとも完璧にガンウを裏切ったのか。
親子の血は譲れないと言いましょうか……

マッドドッグメンバーどうなる!?

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!