韓国ドラマ『シグナル』

あらすじ(ネタバレ)15話

 

無線機からジェハンの声が聞こえ、何でと聞いてる時に
ヘヨンはチスの殺害容疑で逮捕されてしまう。
証拠、目撃者がいると連行されてしまうのだった。
またスヒョンがヘヨンと一緒にいた事で共犯と見なすと
言われてしまうのだった。

(ジェハンside)
刺された傷が完治していないままインジュ市へ向かう。
ジェハンを待っていたソヌの前に現れたのはボムジュ。
ジェハンに頼まれたと言うボムジュ。
捜査中に怪我をしてしまい来られないとソヌに教える。
信用して話をしてくれと言うボムジュ。
ソヌは、信用してヘスンにあんなことをした真犯人を知ってると
ボムジュに口を開く。
インジュセメント社長の息子、テジンと答えたソヌ。
証拠としてヘスンのマフラーを見せた。

ボムジュは濡れ衣を晴らしたいかと訪ねる。
ソヌは晴らして家族とまた一緒に暮らしたいから絶対に
諦めないと言い切った。

お茶を一気飲みしたボムジュはお代わりをソヌに頼んだ。
ソヌが部屋からお茶を入れに行った後
ソヌのコップに薬を投与するボムジュ。

(ヘヨンは留置に入れられ身動きが取れない状態。
どうか殺されるのをふさいでくれと願うのだった。)

ソヌが倒れているのを目撃したヘヨン。
ジェハンは一足遅かった……
悲しむ母と幼いヘヨンを見ながら涙するジェハン。
必死に兄を助けてと訴えたヘヨンの言葉を思い出す。

(現)
取り調べを受けるヘヨン。
ソヌの変死事件の報告書を見せてもらえたヘヨンは
何も変わっておらず肩を落とす中、カン刑事は
チスを殺すため使った包丁だと前に置かれた。
その包丁にはヘヨンの指紋が発見されたと言うカン刑事。
違うと否定するヘヨン。
それもまたボムジュの仕業だった……

スヒョンはジェハンの無線機を手にし今までのヘヨンとの
会話を思い出していた。

(ジェハンside)
ジェハンはインジュ病院へ行ったあと、ボムジュを訪ねた。
ソヌは自殺するような子ではないと。
自分に証拠を渡したいと確かに言ったと。
そんなジェハンは現場まで足を運んでいた。
悔しくて、必死にマフラーを探した。
いくら探しても自宅からはマフラーを発見することはできなかった。
誰かが自殺に見せかけ証拠を持って行ったと。

またジェハンはインジュ署でおかしなことを聞いたと言う。
ソヌがインジュ署にジェハンを訪ねて来たと言う事を
チスに話をしたと言う刑事。
チスが知っていたのであればボムジュに報告したはずと。

ジェハンの話を聞いたボムジュは何をと言う。
そんなボムジュに内部捜査が終わるそうですねと言うジェハン。
状況証拠も確認され証人もいる事件を集結……
今回もはるあ高いところから防いでくれるそうですねと。
誰かを殺してまで忠誠した猟犬をまた助けた人と口にする。
やめろ、もうここまでだと言うボムジュ。
しかし自分もここまでだと声を荒らげるジェハン。
あんたをこのままにしておかない俺が捕まえると怒りを顕にする。
ソヌがどれだけ濡れ衣を晴らしたかったか理由を知ってるか。
両親、弟とまた暮らすためだと。よくもそんな子をと言いながら
つまみ出されるジェハン。

自宅に帰った後もソヌ、2015年のヘヨンの言葉を思い出し
悔し涙するジェハン。
そんな時、無線機が鳴る。

泣くのを抑えて、申し訳ないと言うジェハン。
無線機から聞こえてきた声はヘヨンではなくスヒョン。
本当に先輩ですか?と確かめるスヒョン。
15年待ってたのに結局死んで戻ってくるなんてと
泣きながら言うスヒョン。
話があるから待てと言ったのに何か言ってくださいと。
スヒョンにヘヨンの事を聞くジェハンに
8月3日にソンイル病院には行ってはいけないと話し
無線機は切れてしまった。

(ジェハンside)
出勤したスヒョン。
机の上にはプレゼントが置かれてあった。
それは私物の腕時計だった。ジェハンを探すスヒョン。
ジェハンはソンイル署に転勤が決まったと話を聞く。

怪我をせず病気もするなと言うジェハン。
刑事はよそ見をしてはいけない仕事だと言いながら
車に乗り込むジェハンだった。

(現)
留置にいるヘヨンにスヒョンが訪ねる。
生かすことが出来るのか単刀直入に聞いた。
スヒョンはまだ信用していないと言う。
でもあの声は間違いなくジェハンの声だったと言うスヒョンは
ジェハンを生かせることができるかを聞く。
それが本当ならとジェハンの助け方を聞くスヒョン。

無線機で過去を変える事が出来るならと言うスヒョン。
もしくは変わってるかもしれないと言うスヒョンに
ジェハンは自ら知ってて現場に向かったんですと言う。
場所じゃないなら何故死んだのかを調べると言うスヒョンは
ソンボムを探したら、ジェハンの死もチスの事件も
またヘヨンの汚名も分かると。

次の日
ヘヨンの荷物は全て押収される。
スヒョン、ケチョル、ホンギはカフェへ。
ヘヨンの逮捕がインジュ事件と似てないか?と話すケチョル。
証拠なく目撃者の証言だけ頼って誰かがお膳立てしてると。
そんなスヒョンは、犯人と思われる者はひとりいると
ソンボムの名前を出した。
そしてソンボムの調査を始めることになる。

ソンボムを探してる奴が自分たち以外にいると
ケチョルからの情報。
またソンボムが一番恐れているのがボムジュ。
またボムジュの不正全てを知る証人でもあると話す。
だから自分たちが先に見つけなくてはと。

プロファイルをするヘヨンは、僕のような信頼出来る人を
頼るはずと言うのだった。
スヒョンは押収されたヘヨンの携帯を持ち出し
ヘヨンの履歴にソンボムからの電話がないかを確認。

ヘヨンに渡し確認させ、キム・ソンボムがヘヨンに
電話をかけていたことが分かった。

次の日ヘヨンは裁判所に移動となる。
移動中、ソンボムの伝言メモを思い返す。
ボムジュが一発で崩れる証拠を持っていると伝言には
サンファビル地下駐車場に来いと残されていた。

ヘヨンはゆっくり手錠を外し、逃走した。
逃走を手伝ったのはスヒョン。

(ジェハンside)
ジェハン宛に郵送便が届く。
ジェハンは検事に電話をかけ証拠が届いた事を連絡。
ソウル署、ボムジュの殺人容疑の証拠と話をする。
1時間に検事とオフィスで会う約束をしたジェハンだが
同時に誘拐事件が発生してしまう。

(現)
ヘヨンはソンボムに指定された場所に到着していた。
ひとりで来たのかと言うソンボムの前に
スヒョンも現れる。スヒョンは、ジェハンのことを聞く。
初めにシラをきったソンボムは、あいつが自ら選んだと言う。

(ジェハンside)
どこまで悪縁か…
ソウル署から派遣された中にボムジュ、チスと並んで派遣された。
出動したジェハンの机を漁るボムジュは自分の弱点とされる
書類を見つけてしまう。

(現)
スヒョンに抑えられたソンボムは
自分と何の関係もなかった子だったが
じっとして知らない振りだけすればよかったのにと
あいつは狂ったように真実だけを追ったと言うソンボム。
ジェハンに怪我を負わせたこと全てを話す。
死亡時刻は11:23、無線が繋がる時間だった。
全ての話を聞いたヘヨンは自分のせいでジェハンが死んだと
気を弱める…
スヒョンがヘヨンを気にした隙にソンボムは逃げる。
しかし車にぶつかり大怪我を負ってしまう。

ヘヨンはひき逃げした車を追う。
運転手と争う中、撃たれそうになったスヒョンを
かばったヘヨン。
ヘヨンはジェハンは生きなければならないと
無線機と言うのだった。

 

「시그널 15회,」の画像検索結果

 

(感想)
ボムジュ、どこまでくさってるんだか。
もうイライラするなぁ!笑
自分のためだとしてもここまで酷いと引く…
人間じゃないですね。

ジェハンがボムジュたちに捉えられたシーン。
胸が痛みました。
最後の最後まで諦めない姿を見せたジェハン。
とってもかっこいいです。
最終回の結末が楽しみです。

 

 

韓国ドラマ『シグナル』

あらすじ(ネタバレ)16話(最終回)

 

(ジェハンside)
誘拐事件で慌ただしくなるジェハン。
当時のチスは、ジェハンの行動を追えと言われる。
チスはこの時からボムジュの言いなりとなっていた。

ジェハンが狙われる当日。
ソンイル病院に向かうジェハンの後を追うチス。

(現)
撃たれたヘヨンは、病院よりも先に無線機と
スヒョンに交信できる時間を教える。
しかし無線機は鳴らず、気を失ってしまう。

(ジェハンside)
ジェハンはチスに目を覚まさせられる。
インジュ事件の真犯人を明らかにする証拠マフラーの場所を聞く。
ボムジュに言われたか?と言うジェハン。
あのマフラーはインジュ事件だけの証拠ではなくボムジュが
ソヌを殺した証拠でもあるんだと言う。
そんな話をしてる時に、ボムジュとソンボムが到着する。
縛られたジェハンは全くボムジュを怖がらず歯向かう。

ジェハンはマフラーを探すためゴミ置き場へと足を運んだ。
山積みのゴミの山からマフラーを探すが
案外早く見つかり、マフラーは外国へ送った。

返事を韓国後に略しながら着々と調べていき
ボムジュがソヌに接近した事が分かったが
全てボムジュは手を回していた。
ボムジュは最後の警告だから諦めろと言うが
ジェハンは横に首を振り断った。

縛られたロープをガラスで切れたジェハンは逃げた。
チスは最後までボムジュを止めるが
娘かそれともジェハンかと選択を迫られた。

(現)
ヘヨンは無事に救急車へ乗る。
変わったと言うヘヨンは、過去が変わったかもしれないと
スヒョンに言う。
スヒョンは自分と先輩の会話が変わったと話す。

(ジェハンside)
ジェハンは懸命に逃げる。
そこには銃をもったチスの姿がある。
銃声の音とヘヨンの心音が同時に消えた……

しかし過去が変わりチスの腕が撃たれジェハンの応援があり
無事にジェハンは助かる。
助かったジェハンは、スヒョンの元に。
ケガをしている姿を見て狂ったの?て言うスヒョンに
俺は約束を守ったとスヒョンを抱きしめる。

ヘヨンもまた撃たれたはずなのに部屋で目を覚ます。
ヘヨンの人生も変わっていたのだった。

(ジェハンside)
ジェハンはソヌの無実の説明を両親にする。
ソヌは帰らぬ人のままだったが、ソヌの無実は晴らされた。
ジェハンはソヌの家族の前で謝った。
帰り際にヘヨンはジェハンに何度もお礼を言う。

(現)
自分の過去の記憶が変わり、ジェハンが生きてると
ジェハンの実家を訪ねる。
ジェハンの父にジェハンの話をするヘヨンに
息子は行方不明になって15年だと話される。

そう、未解決事件調査班に勤務していたはずだが
誰もヘヨンの事を覚えていない。
自分たちが出会う前に戻っていたのだった。
ヘヨンは無線機を探すが、無線機までもが消えていた。

何がどうなってるのか分からないまま
オムライスを食べていた店に訪れたヘヨン。
一度女を連れてから現れてないと。

(ジェハンside)
ジェハンが生き延びてからは事件、事件。
走り回るジェハンは倉庫の中に。
やっとボムジュを見つけたジェハン。
ジェハンは、インジュ事件の指示をした議員も捕まえると。
ボムジュを狙う者は他にもいた。
スーツを来た男たちは何度もボムジュを殴る。

(現)
その様子がネットにあからさまに載せられ
再び濡れ衣を着せられそうになっているジェハン。
無線機さえあればと思うヘヨン。

ヘヨンは無線機がなくても方法があるかもとジェハンの手帳を
持ち出す。
車の中で手帳を開く。ジェハンはヘヨンにメモを残した。
「32-6」他人に分からない自分だけに分かる数字だと。

それはヘヨンの実家だった。
母にジェハンの事を聞いたヘヨン。
ジェハンは、ヘヨンの実家に郵送で書類を残した。

その書類には長い手紙と、未解決事件のフロッピーだった。
ジェハンは最後の希望とヘヨンに手紙を残したのだった。

スヒョンはジェハンを探す。
スヒョンだけはヘヨンを覚えていたのだった。
また失踪中に戻ったと言うスヒョン。
しかし失踪した時に電話があったと言うスヒョン。
無言電話だったと。
電話番号を調べた場所は公衆電話だったと。
その後もジェハンを探すのをやめなかったと言う。
手紙と電話の位置が同じかもしれないと言う。
死んでいるか、もしくは死んでいないかを話し合う。
少しでも生きてる方に考える2人。

スヒョンとヘヨンはチョンヒョン医療病院へと向かう。
諦めなければ希望はある……

 

関連画像

 

(感想)

ジェハンが生きていたぁ!
これが何より嬉しい事です!
個人的に刑事物は苦手なんです。
ですが、このドラマは見れました。
それほど集中してしまうんですね。
ジェハン最高!
最後まで諦めない姿は
本当にかっこよかったです!

まだ続編があるような終わり方でしたが
あるのか??
あるなら見たいです。

 

 

無料動画

韓国ドラマ『シグナル』 無料動画(日本語字幕付き) 第1~16話(最終回)

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!