『フンナムジョンナム』あらすじ(ネタバレ)5、6話

 

【あらすじ】

再び対面するフンナムとジョンウム。

そこにフンナムの義母、ウンニムがやってきて
慌てて部屋に隠れるフンナム。

チャーリーたちは
「蛍がいる」とその場を取り繕う。

ジョンナムを抱きかかえて
部屋を出て行くフンナム。

ウンニムは
「次の選挙が終わったら、卒婚する」
とフンナムに言う。

ジョンウムは、フンナムの部屋で
ブリキの木こりのおもちゃを見つける。

「二度と会わない約束だったが」
と問いかけるフンナムに
「ユクリョンが
フンナムジョンウムの本当の著者を指名したんです」
と話すジョンウム。

「殺人未遂の上に脅迫するのか」
と呆れるフンナムに
「協力してほしいんだけど」と持ちかける。

「私はカップルマネージャーだが
ユクリョンのせいで
ゼロ会員の担当に墜落した。

ゼロ会員を助けてくれる専門家を探していたら
ユクリョンのいとこが
フンナムジョンウムの著者で
恋愛の神様だと聞いた」と
フンナムに打ち明けるジョンウム。

だが、フンナムは
「俺には協力するつもりはない」
と冷たく言う。

「考え直してくれませんか」
と迫るジョンウムに
「休みたいんだ。シャワーして寝る」
と裸になるフンナム。

ジョンウムは慌てて出ていく。

「フンナムに才能があるといつ知ったんですか」
とユクリョンが尋ねると
「兵隊の時」と答えるチャーリー。

昔、後輩の面会にやってきた親友と彼女。

2人はできていた。

その様子を見たフンナムは
「彼女の顔が写真と違うな」などと
わざと言ったことがあった。

それは身を殺して仁をなす
という難しい技だった。

また、ある時は
失恋した後輩に
「忘れてやるのも愛だぞ」
と、忠告したことがあった。

ジョンウムの父、スムリョンは
「ジョンウムはどこに行った」
とジュンスに尋ねる。

「恋愛のコーチに会いに行った」
と答えるジュンス。

「ここを立ち退いて、どこに行くんですか」
と聞くと
「田舎に帰ろうと思うが、
ジョンウムのことを考えると、複雑だ」
とスムリョンは答える。

ジョンウムは
フンナムが何を投げたら食らいつくか
考えていた。

そして、ブリキの木こりのおもちゃだとひらめく。

カップルを成立させる度に
パーツを一つずつ
と、フンナムにメールするジョンウム。

すると、ゼロ会員のプロフィールを送れ
と返事が来た。

ある朝、チーフから
「今日は結婚式よ。忘れたの」と電話がかかり
慌てて、出社するジョンウムだった。

結婚式で食べ物を鞄に詰めて帰るチーフ。

「私は、結婚式を挙げられなかった。
私みたいになっちゃダメ」
とジョンウムに忠告する。

挨拶を終えて、式場を出る2人。

消臭剤で服の匂いを消し
ブランドの服を買いに行く。

そこには、オドリがいた。

お互い張り合うオドリと、ソンファ主任。

そこに、フンナムが現れる。

オドリは
この前、ジョンウムが紹介した
アーティストに会ってみたいと言っていた。

「プロフィールを見ましたか?
どこかで話しませんか」
と、フンナムに声をかけるジョンウム。

次の瞬間、ジョンウムは、転びそうになり
フンナムが腰を抱えて、それを止めてくれた。

「2時間後に、チョコレート屋の前で会おう。
ゼロ会員の中に、いただろ。ショコラティエ」
と答えるフンナム。

ジョンウンは喜び、車に乗り込もうとするが
フンナムは、ドアを閉めて立ち去る。

その時、コーチから電話がかかる。

一方、ジュンスは
おばあさんのリハビリを担当していた。
「40にもなって、一人がいいなんて」
と嘆くお婆さんに
「僕も結婚はまだ」と微笑むジュンス。

ジョンウムは
「ゼロ会員に現実を伝えようとしたけど
一生懸命頑張っているのを見たら
傷つけられなかった。

そこで、恋愛の神という専門家を迎えることにした。
この後、その神様と会うの」
とヤンコーチに話す。

「その神は、クソ野郎のいとこで
コラムの執筆者だった」
と打ち明けるジョンウム。

クソ野郎とは
コーチの運命の人、ユクリョンのことだった。

チョコレート屋で
待ち合わせるフンナムとジョンウム。

ショコラティエの女性は
ジョンウムの顔を覚えていなかった。

「客は挨拶しているだけなのに
話しかけられるんじゃないかと不安がってる。
顔面認識障害より、大きな問題は、それだ。

あの状態じゃ、誰かと付き合っても
傷つくだけだ」と分析するフンナム。

「思いのほか、簡単に終わるかもしれない」
という。

「何をどうするのか、教えてください」
と頼むジョンウムに
「明日ギャラリーに来い」
と言って帰っていくフンナム。

ジョンウムは
閉店寸前の駄菓子屋にやってくる。

ジュンスも、そこに現れた。

ヨーヨーとコマをする2人。
ギャラリーでは
フンナムが兄の子供二人を怒鳴りつけていた。

泣く子供を優しくなだめ
一緒に鬼ごっこをして遊ぶジョンウム。

3人は駒で遊ぶ。

ドゥルの投げたこまが、
サンに当たりそうになり、庇うジョンウム。

その拍子に、展示してあったおもちゃが
ドミノのように倒れていく。

 

「훈남정음 5,6회」の画像検索結果

 

 

【感想】

フンナムが恋愛の神様と言われ始めたのは
軍隊の時のことだったのですね。

恋愛の理念理論については
豊富な知識を持っているフンナム。

でも、自分の恋愛となると
恋愛否定主義者なのですよね。

そこがとってももったいないなと思ってしまいます。

フンナムに抱きかかえられたり
転びそうになったところを支えてもらったり
しているうちに
ジョンウムは、徐々に
フンナムのことを意識し始めたようですね。

幼馴染のジュンスも、イケメンでお医者さん。
イケメン2人に囲まれているジョンウムが
とても羨ましいです。

フンナムとジュンス
どちらがタイプかなと考えたりしながら 
見ています。

私のタイプは、やっぱりフンナムかな。

でも、フンナムは、冷たい雰囲気があるので、
優しいのは、やっぱり、ジュンスかな。
ジュンスもいいな。なんて
私自身がジョンウムになったつもりで
疑似恋愛を楽しんでいます。

コミカルなシーンが沢山あり
軽く楽しく見れるのが
このドラマのいいところだと思います。

これから
フンナムとジョンウムの恋の行方は
どうなっていくのか、
楽しみに見たいと思います。

「恋はドミノのようだ」という
ラストの格言のような言葉。

なるほどな。と納得させられました。

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!