キム秘書がなぜそうか? 

あらすじ(ネタバレ)3話

 

ユシクに呼び出されたのに現れたのはヨンジュン。
明るく広いテーマパークは2人だけの時間に。

ジェットコースターに乗りながら楽しめと言うヨンジュン。
しかしキム秘書は絶叫マシンが怖かった。
2回とも怖くなかったと言うヨンジュンに何が怖いかを聞く。
知らなくていいと立ち上がり、君の好きな乗り物へと
向かったのはメリーゴーランド。
ヨンジュンが見える度に手を振り楽しむキム秘書。
子供の頃からの夢が叶ったと喜ぶ。

テーマパークのレストランでステーキ。
こんな事なら服も選んだのにと言うキム秘書に
誰もいないから構わないと言うヨンジュンはテーマパークを
貸し切ったと。
長い間苦労かけたからちゃんと礼をしたかったと言うヨンジュン。
感謝の意味で退職のプレゼントをキム秘書に贈った。

レストランの窓からメリーゴーランドを見るキム秘書。
遊園地になる前は住宅地だったと話し出す。
メリーゴーランドがある辺りが家だったはずと。
また自分の家が遊園地に代わり不思議だったと言いながら
ヨンジュンは子供の頃どうだったのかを質問。
今と変わらずどの分野でも秀才だったが楽しくなかったと答える。
優秀だったため通常より2年上で学校に通っていて
兄と同じクラスだったと言う。
年下のくせに生意気だと言われ、兄とも仲良くなかったと。

テーマパークを出て、船を貸し切りまた花火があがる。
キム秘書はとても喜んだ。
帰りの車の中でお礼を言うが…急に友人と行った
レストランで自分が書いたアンケートを思い出す。
帰宅後、トランクから大きなぬいぐるみを取り出しプレゼント。
自分の書いた通りになり最後のキスは拒否した。

朝、夢を見たキム秘書。
どうしても思い出す事が出来ずモヤモヤ。
着替えを済ませ、昨夜ヨンジュンからもらったぬいぐるみに
お留守番よろしくと声をかける。
ぬいぐるみのポケットにリボンのついた箱を見つけたキム秘書。
箱の中にはネックレスが入っておりビックリする。

出勤してネックレスの事を聞くキム秘書。
ぬいぐるみがネックレスをつけるのか?君のだと言う。
そんなヨンジュンにネクタイを直そうと手を伸ばすキム秘書は
昨夜、ヨンジュンとキスしかけたのを思い出し離れた。

トイレで友人と電話をするキム秘書。
今日はキム秘書のお見合いの日だった。
その会話をジアとポン課長に聞かれてしまった。

ヨンジュンに紅茶を運んだジア。
キム秘書みたいには及ばないがと言いながらサラッと
見合いの話を出してしまった。

キム秘書がお見合いすると聞き仕事に手がつかないヨンジュン。

お見合いに向かったキム秘書。
とんかつを切ってもらった際に、ヨンジュンを思い出す。
お見合い相手が居てもヨンジュンが頭から離れない様子。
とんかつ屋を出てカフェにいる所をユシクの秘書が目撃し
写真を撮られる。

ユシクの携帯にメールが。
キム秘書のお見合いが上手くいっているぞとヨンジュンに見せる。

キム秘書は、ヨンジュンが頭から離れないのを一旦忘れ
過去の事件を聞き調べてもらうことを約束した。
カフェを出てネクタイが歪んでいるのを見て咄嗟に直すキム秘書。
そこへ「キム秘書ーー!」と大きな声で呼ばれる方を見ると
ヨンジュンかいた。

ヨンジュンが来たことに驚いたキム秘書は、何か仕事でミスしたか
それとも見合いをしたからかと聞く。
会社の体育祭前に見合いなどと言うヨンジュンに謝る。
その時、木の葉がたまたまヨンジュンの胸ポケットに落ち
ハンカチのようだと笑うキム秘書は木の葉を取ってあげた。
照れるのを隠し、退職まであと少しだから気を抜くなと。
今後お見合いは退職してからにすると言うキム秘書に
やめろと言い帰って行ったヨンジュンだった。

 

김비서가 왜 그럴까 3회 줄거리 다시보기

 

帰宅。
玄関先で姉に会い家でチキンをあてにビールを飲む。
ヨンジュンの話をしたキム秘書に姉は所有欲だと言う。
今まで全て手に入れた男だから辞めると言ったキム秘書に
逃げて欲しくないのよと言う。
そんな事を話しながら姉はキム秘書に申し訳がないと涙。
焼酎も混ぜて飲もうと言う姉は、キム秘書のネックレスを
可愛いと言う。
キム秘書は、ヨンジュンから貰ったことを普通に答えるが
「犬の首輪」と姉は言った。

次の日、会社に出勤したキム秘書。
ジアがモルフェウスの新作の小説を見ている事に反応し
写真まで見せてもらう。
モルフェスウスにはファンクラブまであると聞きながら
ふたりで会話を楽しんだ。

キム秘書ふたりが盛り上がる程のモルフェウスは
有名な作家で、ヨンジュンの兄だった。

体育祭の準備を済ませたキム秘書とジア。
ヨンジュンは、命をかけ1位になるよう気合いを入れさせる。
副会長室へ入ったヨンジュンが、とんでもない声でキム秘書を呼ぶ。
そこには何かに怯えるヨンジュン。
キム秘書は、怯えるものが結束バンドだとわかり直ぐに切る。

失敗をしてしまったジア。
デスクをスッキリした感じに見せようとしたのに
あそこまで怒るなんてと愚痴をこぼすジアに、ミスしたのは
あなたで、そんなあなたがそこまで言う事じゃないとキム秘書は
少し注意をした。
ジアは素直に謝り、モルフェウスの新作の小説でチャラに。

ヨンジュンにカモミュールティーを持って行くキム秘書。
二度と起きませんのでと謝るキム秘書に
辞めるのに何故わかると返すヨンジュン。
その言葉に所有欲ではなく本当に自分が必要なのかもと
思うキム秘書だった。

体育祭本番。
キム秘書は言われた通り、自分の出る種目で1位に。
何事にも一生懸命なのが好きだと言うヨンジュン。
だが次の競技は二人三脚…!
キム秘書のペアは会社人気NO.1のゴ・ギナム。
1位になり「つきあえ!」コールを聞く中、ヨンジュンは
来年から体育祭は廃止だと席を立つが階段を踏み外し
足をケガしてしまう。

冷やせば治ると言うヨンジュンを自宅に連れて来たキム秘書。
靴下を脱ごうとしないヨンジュン。
無理矢理に靴下を下げるが、ヨンジュンの足首には古傷が…
さりげなく靴下をあげ上からアイスを置くキム秘書に
体育祭は楽しかったか?と二人三脚の話になる。
1位になるため必死になったと言うキム秘書に対して
命をかけろと言われて鵜呑みにするバカがいるかと。
その言葉に反応したキム秘書は、言い出しっぺがと呆れる。
必死になるなら体を近づけるのかと、これは?とヨンジュンは
キム秘書に近づく。
平気なキム秘書に更に近づき最後には自分の元に引き寄せた。

 

김비서가 왜그럴까 3회 줄거리 - 질투뿜뿜

 

(感想)

好きなんや〜ん(笑)
キム秘書のこと好きなのが行動に出てますね!
またキム秘書の中にもヨンジュンが残り
自分の印象を与えれたのではないのでしょうか?
結束バンドの跡…かな?
靴下を下げて足首の古傷が見えた時すぐ思いました。
キム秘書の過去とヨンジュンの過去が気になる!!
何気に私はキム秘書が探している人は
ヨンジュンの兄ではないのかな?と思っています。

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!