キム秘書がなぜそうか? 

あらすじ(ネタバレ)11話

 

急に全てを思い出してしまったキム秘書。
ソンヨンが現れソンヨンの声も聞こえず
会場で混乱し倒れてしまった…

──過去
夜更けに母を探す幼い頃のキム秘書。
赤い口紅を付けた女性が母の所へ連れて行ってあげると
空き家に連れてこられた。
ソンヒョンという男の子は結束バンドで手足を縛られ
キム秘書も隣に同じように座らされた。
泣くキム秘書をキャラメルをあげ落ち着かせた。

その女性は自分の愛した男を恨み、一緒に死のうと。
ソンヒョンは僕達を逃がしてやり直してと言う。
しかし女性はひとり首を吊り死んでしまったのだった。
目を覚ましたキム秘書は首を吊った女性を見て怖いと泣く。
ソンヒョンは病気の母をもつキム秘書に
「あれは大きな蜘蛛だ」と言い一緒に空き家を出た。
キム秘書を家まで送ったソンヒョンは次はオッパが会いに来ると
指切りをして無事に戻ったが、悪夢だけはソンヒョンを
いつまでも苦しめた。
幼いながらキム秘書の事を気にかけていたソンヒョン。

成長してからも女性には近づく事が出来ず、結束バンドも
恐怖になったが、偶然にもキム秘書に出会った…
自分のことを忘れられ少し寂しかったが、あの出来事を背負うのは
自分だけでいいと思い、秘書にキム秘書を選んだのだった。

ヨンジュンの秘書になってからというものの会社には
賢い人ばかりで挫けそうな日々を送るキム秘書。
それからヨンジュンはキム秘書に、日本語の勉強を徹底的に
教えこんだ。

短期間で成果を見せたキム秘書にプレゼント!
喜びながらプレゼントを見ると、次は中国語のテキスト…

ヨンジュンが社長になった時にはキム秘書がプレゼントを贈った。
誕生日にはキム秘書にケーキを。

そしてキム秘書が秘書を辞めるという日まで
キム秘書の存在が当たり前であり、手放すなど考えてなかった…

病院のベッドで目を閉じたままのキム秘書。
目を開けてくれと願いながら付き添うヨンジュン。
そこへソンヨンがきた。
ヨンジュンはキム秘書に何を言ったと病室の外で聞く。
そんなソンヨンは全部覚えているんだろ?と言う。
僕が誘拐されたのではなくお前だったんだなと。

病室に戻るとキム秘書は起き上がっていた。
キム秘書は、忘れたフリをしてるんですよねと
自分は全部思い出したと涙する。
また何故オッパを探したかったかも分かったと言うキム秘書は
お礼を伝えたかったからだと。
ヨンジュンは、他に誰が君を守れると言い泣くなと言う。
秘密にしていたヨンジュンを怒るキム秘書に
自分がずっと忘れることができない恐怖だから出来るだけ
思い出すことを遠ざけたかったと。
キム秘書は、こんなに申し訳ないのに、こんな配慮せず
いつも通りに身勝手なヨンジュンでいて、これからは
隠し事なしでと言う。
ヨンジュンはあの日の夜のように傍にいると優しく言葉をかけた。

呆然と歩くソンヨン。
あの時、自分がヨンジュンを置き去りにした事を思い出す。

家に戻ったソンヨンは荒れ狂う。
何故真実を今になって話したんだと母を責める。
母は謝り続ける。
ヨンジュンは全て覚えている事を母に教え部屋を出たソンヨン。

 

[여름 오피스룩 코디] 김비서가 왜그럴까 11회 박민영 블라우스 김미소 옷, 패션 #로샤스 프릴 블라우스

 

キム秘書は一時的な貧血で心配いらないと診断され
ヨンジュンはある物を用意する。
キム秘書のいる病室に戻り大事なお客様をお連れしたと口にする。
1994年から2018年にタイムスリップしてきた淑女…
そう言ってナナ人形をプレゼントした。
喜ぶキム秘書を見て、理想の夫だろ?と胸をはるヨンジュン。
何の話?と言うキム秘書は自分がヨンジュンと
結婚すると言ったことも忘れ、少しショックを受けるが
素直に喜んだキム秘書だった。
また嫌な記憶を一緒に埋めようと言うキム秘書は
あの時のオッパがヨンジュンでよかったと言うのだった。

次の日、出勤を否定するヨンジュン。
俺の女だからダメだと言いヨンジュンはひとり出勤をした。

ヨンジュンは会議を早々に終わらせ
ジアに午後の予定をキャンセルするよう言うが
目の前にはキム秘書が。
ヨンジュンは幻じゃないよなと。
笑顔で接するキム秘書に笑うな気に入らないと
副会長室へと入って行った。

ジアが戻りヨンジュンがまともに付き合えないって噂を
キム秘書に話す。
あの性格じゃと言いたい放題のジアを睨みつけ
仕事できない女もイマイチよと言うのだった。

ヨンジュンはキム秘書が倒れたらと心配し
休ませる方法を探す。

ユシクは漢方薬を温めるようソル秘書に頼むが
自分のダイエット漢方薬を飲ませるというミスを犯す。
そんな時、ソル秘書の携帯アラームが鳴る。
ソジン誕生日と。
花を送りますか?と言うソル秘書に元妻だと言う。
ソル秘書はまだ気持ちがあるなら花でもと言ってみるが
一緒にいた男に貰うだろうとユシクは花を贈らなくていいと言った。

ヨンジュンはキム秘書を休ませるため社員全員で
ホテルスパへ行くようチョン部長に言う。
リニューアルしたスパを評価するためだと言うが
チョン部長はキム秘書を置いて向かうと。
キム秘書も連れて行けと言ったヨンジュンだったのだ。

社員の女性陣はエステへ。
恋愛の話で盛り上がる。
その間、ヨンジュンとメールでやり取りをしてラブラブな様子。

ひとりレストランで食事をするユシク。
いつもステーキを妻と食べに来ていたレストラン…
突然ソジンに会ったが、男と一緒でつい怒ってしまうユシク。
軽率な人ねと帰ってしまう。

レストランから戻りヨンジュンの所に行くユシク。
元妻に軽率だと言われた事を口にしながらも
キム秘書と絶対に別れるなと言うのだった。

スパから戻った社員たち。
そのまま退勤し休んで下さいと言い出迎えるヨンジュンは
キム秘書だけ残り明日また頑張るよう言うのだった。

社員を帰らせ、キム秘書と出かけたヨンジュン。
手を繋いで来た場所はテーマパークのメリーゴーランド前。
自分たちが監禁された場所だった。
この場所は自分たちにとったら恐怖なのに今は幸せで
覆われていると言うヨンジュンが次に向かったのは
噴水前。
噴水があった場所はかつてキム秘書が住んでた家だと教えた。
そしてキム秘書はヨンジュンの手を握り
これから私たちは幸せだと言うのだった。

キム秘書を送り届けるが別れるのが嫌で散歩へ。
チューチューアイスを食べながらヨンジュンは
ひとりにしたくないからと、自分の家に泊まるよう言う。
でも平気だと言うキム秘書。
本当に死んだ人を蜘蛛だと思っていたキム秘書は
本当に辛い時は言うから昔のように守ってと言うのだった。

家に帰ったヨンジュンは、キム秘書のお気に入りの
小説を手にキム秘書がどれだけ自分にとって大切か
改めて分かったのだ。

化粧水をつけベッドに入るキム秘書。
家にヨンジュンがやってきた。
自分の家に泊まるのが嫌だと言うから来たと言うヨンジュンは
キム秘書に一緒に寝ようと…..

 

김비서가 왜그럴까 11회 박민영 옷, 김미소 패션 #로샤스 프릴 블라우스&모니카비나더 귀걸이

 

(感想)

めっちゃいい男やん~!!!
ほんまにかっこよい(笑)
ナルシストなところは余計やけども
それ省いたら最高な彼氏ですよね!!
世の中、こんないい人に巡り会えたら苦労しない(笑)
このドラマはラブコメですけど
効果音をうまく使ってるから見応えありで
本当に楽しいです。

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!