『不滅の恋人』

【あらすじ(ネタバレ)5話】

川に飛び込んだジャヒョンを見たフィは
すぐに船から飛び降りジャヒョンを助けに向かう。
ジャヒョンを抱えて小舟に乗り込むフィ
大丈夫か?泳げないのになぜ飛び込む?と焦るフィ
だって一緒に行こうってとジャヒョン
飛び込めとは言ってない、溺れたらどうする?と怒るフィ
信じていました助けてくれるととジャヒョン
ジャヒョンに抱きつき、もう命を粗末にするなとフィ
そんなふたりを見たガンはジャヒョンの為に
用意したご飯を怒ってぶちまける

船から降りたフィはジャヒョンを抱えてあるき出す
なんのマネですか下ろしてくださいとジャヒョン
抱えたまま小屋に入るフィ
ギトゥクにジャヒョンの服をクッタンにもらってこいと指示を出す
薪をくべて温めてあげるフィは
私では足らないのか?ほかの者の誘いにのるとはとフィ
若様かと思ったんですとジャヒョンに怒るフィ
若様に会いたかった、聞きたいことがあるとジャヒョン
若様は顔料もくれて絵も教えてくれて牧場や
妓楼にも連れて行ってくれ望みを叶えてくれた
のはなぜですか?とジャヒョン
じゃじゃ馬のうえに鈍感だな、喜ばせたかった顔料が欲しがっていたのは青で書きたかった
絵があったんじゃないか?馬も書きたがっていた
青い顔料の他にも贈りたいものがある
菊の花やナツメの実虹が出れば消える前に見せたくなる
美しい石があれば持っていってやりたくなるとフィ
そう思うのはなぜですか?とジャヒョン
それを聞いたフィは突然ジャヒョンにキスをする
これが答えだとフィ
見つめ合うふたりの元にクッタンとギトゥクがやってきて
慌てる二人と驚くギトゥクとクッタン

宮中に戻ってきたフィは後から戻ってきたガンを突然殴り
私の女人に手を出すなとフィ
誤解させてしまったな、意中の人はいないと言っていただろう
私に隠すとは水くさいとガン
いつも私のものを欲しがるとフィ
それらが実は私のものかもしれないのに?とガン
望むものは全部やるからジャヒョンには手を出すなとフィ
まだ誤解を?私がヨンを殺したと、忘れたふりを?とガン
兄上は幼かったから過ちに気づかなかったのだと
自分に言い聞かせてきた、一生かけて償えばいいとフィ
我々は王子だとガン
民を守るのが王子の役目だ、兄上は王じゃない!と怒るフィ
絶対王にはなれないわかったか?とフィ
にらみ合いその場から離れるフィ

毎日フィがジャヒョンに手紙を出しでいて
それを楽しみにしているジャヒョン

一方宮中では産まれたばかりの赤子を守ろうと話していた
ガンは赤子を脅かす存在だと、でもフィは違うと
フィを使ってガンを牽制して赤子を守ろうと。

その頃ナギョムとガンの結婚式が開かれ
ソラとジャヒョンはナギョムに会いに行き
結婚しても友達でいようと話していた
結婚式の場にフィがいるのを見たジャヒョン
ソラにフィはガンの弟だと教えられ戸惑う
ジャヒョンは式場から飛び出す
その後を追ってきたフィに今までの言葉は嘘だったの?と
好きなのはジャヒョンだけだとフィが言っても
嘘で塗り固められた告白を信じろと?とジャヒョン
傷ついているジャヒョンは、私達はもう赤の他人ですといい立ち去る
戸惑うフィはしの後を追っていくが、ギトゥクに式場に戻される

フィはジャヒョンに手紙を送るが6回も突き返されてしまう
正面突破すると決めたフィはジャヒョンの家で開かれた劇で
役者としてお面をかぶり劇をしました
劇の最中仮面を外しジャヒョンの前にひざまずき
あなたなしでは生きていけないと愛の告白をします
そのかいあってジャヒョンと和解し愛を深めあうことができました
フィは母に意中の女性がいると、その女性と結婚したいといい
一回あってみようと大妃様
その時北方に敵が攻めてきたと知らせがあり、
確認に向かうフィの前で
王様が倒れてしまう


不滅の恋人 5話 感想


なんだかんだありましたが無事にくっつきましたねフィとジャヒョン。
フィはガンに手を出されたことすごく嫌だったんですね。
好きな人が他の人につけられると誰でも嫌ですが、
ガンもガンで嫌なんでしょうねきっと。。
料理を用意したり、そんなに嫌か?と聞くほど好きなんだろうな
と思ってしまいます。
王様もいよいよ倒れてしまいました。
やったぜ!って感じでガンと叔父が出てきそうですね!
てことで続きが気になるので次も見てきます!