『不滅の恋人』

【あらすじ(ネタバレ)7話】

ジャヒョンの母は、フィと兄を見送ってきます
と手紙を残しているのに気づき
慌てながらクッタンに遠出していないか確かめるように言う

その頃フィたちはどう進んで行こうか話し合っていた
フィは民を守るため早く行ったほうがいいと
でも叔父はヘトヘトな軍じゃ勝てないから迂回路をと
軍の見回りをするとテントを出たフィ
そんな中寒さに負け、体調を崩す人がたくさん出て来た
病気の兵士も寒空の下野宿していると知ったフィ
病気の兵士はフィのテントで寝かせてとフィ

その頃ジャヒョンはせっせと縫い物をしていた
その時フィがやってきて首元に剣を当て
何者だ?陣営を離れるとはとフィ
振り返った笑顔のジャヒョンを見て慌てふためくフィ
なぜ来たんだ?なんだその服装!ご飯は食べた?
と質問攻めにするフィ
北方は寒いので、と出来上がった防寒着を見せるジャヒョン
少しでもまたお会いしたかったのですと言われ何も言えなくなり抱きしめるフィ
どうするんだ?と聞くフィに歩いて帰りますとジャヒョン
夜道を一人で歩かせられないから泊まっていけとフィ
ジャヒョンを自分のテントにつれてきて端で寝かせるフィ
寝ているフィの顔を触るジャヒョンと目を開けたフィはキスを交わす

朝、ジャヒョンがいると知ったガンが連れ戻しに来る
テントでみんなが出ていくのを待って外に出たジャヒョンとフィ
その時ガンと鉢合わせる
叔父上の元に連れて行かれたジャヒョンとフィ
叔父上とガンに怒られるジャヒョンとフィだが、
防寒着を届けたくてやってきただけなのにだめですか?とジャヒョン
話を聞き、一度だけなら許すと叔父上
無事に都に戻れるように私が同行しますとガン
また離れ離れになるフィとジャヒョン

その頃宮ではガンの協力者を全員左遷したほうがいいと大妃様
叔父がいない間動くのはガンだと

一方ガンは夜通し走ったから疲れてる部下を休ませたいと馬を降りる
ジャヒョンはなら一人で帰りますと言うが
馬も疲れてると言われなにも言えないジャヒョン
部下にジャヒョンの服をもってこいと命令し、
ジャヒョンはこのままで構わないと
その姿だったらご両親が心配すると、無事連れて帰ると
父上と約束したから約束は果たすとガン

朝、無事家に戻ってきたジャヒョンは
母にこっぴどく叱られる

その頃フィたち軍は
熟した時に攻めるのがいいと言う叔父と
待つ間に大勢が犠牲になるとフィ
多少の犠牲は仕方ないと言われ、話し合いを試みては?とフィ
私の提案を拒んだんだから自分で話し合いをしなさいと叔父
行くことを決意し、言い出した私が責任を取るとフィ
敵に会いにきたフィと部下
上手く説得できずに終わるが出ていけと言われていないから大丈夫じゃ?と

敵のアジトでルシゲと言う者にであうフィ
朝鮮の服を着ていたルシゲにヒモの結び方を教えてあげるフィだが
その時部下が入ってきて誤解され、違うんだ!と慌てる

次の日、敵のアジトに攻撃をする朝鮮軍
フィが話し合いをしていたのに叔父が攻撃をしてきて
裏切り者だ!と敵に捕まるフィ

不滅の恋人 7話 感想


ジャヒョンとフィはすごく思い合っているんだなと感じた回でした。
危ないのにフィに会いたくてきたジャヒョン
女なのに危ない橋を渡ってきたジャヒョンに涙でした。
フィが一生懸命話し合いをしていた敵に攻撃を仕掛けた叔父は、ほんとに腹立ってしょうがないですね!
フィがいなくなることだけ考えているのか
よくわかりませんが嫌な人ですよ!
因果応報でおじにもガンにも今までの仕打ちが帰ってくることを願って次回もお楽しみに!