『不滅の恋人』

【あらすじ(ネタバレ)15話】

無事フィと再会したジャヒョン
抱き合う二人を見つめるギトゥクたち
ジャヒョンは遺体を見たと
これまでの経緯を話すフィ
私がなにをしたと?伝えてほしかったとジャヒョン
そんな時間なかった、兄と何があった?とフィ
私から去ったのでガンの側室になったと
これがお望みの答えですか?とジャヒョン
会いたかったとフィ
私を信じていなかったのに?とジャヒョンが家を出ていこうとするが
フィが止め、私が出ていくから休んでとフィ

ガンにジャヒョンが逃げたと報告が入る
ジャヒョンのお守りをしていたものにもう二度と現れるなと
ジャヒョンの父に手紙が来るはずだから見張っとけとガン

ジャヒョンは部屋で泣いていた
どんな話を?とギトゥクはフィに聞き
もう一緒にいることはできないのかなとフィ
ジャヒョンを幸せにする自信があったのに
不幸な新婦にさせてしまったと
ガンが襲ってこなければ幸せに暮らせたはずですとギトゥク
辛く悲しいフィは自分を責め続けていた

ジャヒョンは家族に手紙を書いていて
ルシゲが部屋に入ってくる
帰らないのか?と聞くルシゲに
帰ったら家族に迷惑かかるとジャヒョン
だったらフィと暮せば?とルシゲ
あの日で運命はかわってしまったのとジャヒョン
必ずガンたちに復讐するわと
変わったなと言うルシゲに
フィが私の事信じていなくてとても辛いとジャヒョン
話を変えるルシゲにちょっと明るくなるジャヒョン
護身術を教えてあげるとルシゲ
そのかわり文字を教えてほしいと

ジャヒョンは冷たい川で洗濯をしていて
フィが通りかかり代わってあげる
洗濯もできるんですねとジャヒョン
捕虜として生活していたからなとフィ
洗濯が終わりすぐ買えるジャヒョン
洗濯物を干しているときフィが手伝う
ここは危ないから違うとこに行ってとフィ
計画を立てているから無理ですとジャヒョン
ジャヒョンに何かあったら私が耐えられないとフィ
今まで私が無事だったと?苦痛の連続でしたとジャヒョン

そんな二人を見ていたルシゲは
ジャヒョンがきらいだけどフィと争っている姿みると辛いと
ギトゥクに話していた
大人になったんだよと言い聞かせるギトゥクに
再会したのに全然幸せそうじゃないとルシゲ
まったくだとギトゥクとルシゲは二人を見つめる

また叔父はジャヒョンの父を脅し文を書かせようとしていた
脅され悩むジャヒョンの父

ガンはみんなあざ笑っていると悩んでいた
ガンの部下はそんなことありませんと慰める
ヨギョンを呼べとガン

ナギョムは上王の母に呼ばれ
王宮はなれたかい?と上王母
我が家のように気楽に過ごしてますとナギョム
王には女人がひつようだと言う母に
息子をもうければいい話ですとナギョム

ジャヒョンの安否を知りたくはないですか?と
ジャヒョン父に接触するジョングク
ジャヒョンの手紙を渡しガンの味方についてくださいと
復位が難しくなるから阻止してくださいとジョングク

ヨギョンを拉致したナギョム
王宮に出入りするなと汚れるとナギョム
王様にはまだ私が必要ですとヨギョン
側室になろうとしているだろ、傷があるものは無理だとナギョム
側室にすると言ってくれたし私には傷なんて一つないきれいな体ですとヨギョン
水銀をヨギョンにかけ拷問するナギョム

その頃ジャヒョンの手紙を読んだジャヒョンの母は
クッタンを送って世話させると言う
居場所を知られないようにとジャヒョン父

ジャヒョンの父に文を書かせ嬉しそうにするガン

クッタンは屋敷を出、ジャヒョンの元に向かおうとしていた

ジャヒョンはルシゲに武術を教えてもらっていて
こてんぱにやられる
その場面を目撃したクッタンはルシゲに襲いかかる
止めるジャヒョンと騒ぎを聞きつけたギトゥクとフィがやってくる
大丈夫か?と心配するフィを遠ざけクッタンと部屋に戻るジャヒョン
試練を与えているの?とクッタン
フィが私を信じていないからとジャヒョン

ヨギョンの元にガンの部下がやってきて都からでて療養しろと
ガンのお手伝いしたのになぜそんなことを?と怒るヨギョンに
お前を殺すこともできたんだぞ?とガンの部下
悔しいけどなにも言えないヨギョン

ナギョムはガンに邪魔者は排除しておきましたと報告するが、
ガンは頼んでないと
非難されないようにしたのですとナギョム
王に逆らうのなら逆心とみなすとガン
なら私を安心させて息子を生ませてほしいとナギョム
王の息子がほしいだけだろう?とガン

ジャヒョンはクッタンが用意したお風呂に入ろうとしなかった
クッタンは手を掴み入れようとするが痛がるジャヒョンに
お見せくださいと袖をめくる
アザがあり驚くクッタンは誰がこんなことを?と悲しむクッタン

フィたちはヨギョンがナギョムから拷問をうけたと報告があり
恐ろしい女だと話していた
そこにクッタンがやってきて話があると
フィにジャヒョンから預かったの手紙を渡す
ジャヒョンの心が書かれた手紙をよんだフィは
これは遺書だろうとクッタンに言う
ジャヒョンの体にはいくつものアザがあります
ジャヒョンはフィ以外の元に行くはずがありませんとクッタン
それを聞きジャヒョンとルシゲの部屋に行くフィ
ルシゲに出ていけと怒るフィに味方なのに!と怒るジャヒョン
そんなジャヒョンを無視して袖をめくり確認するフィ
痛かっただろう、辛かっただろうみんな殺してやると泣くフィ
傷はすぐ癒えますとジャヒョン
ジャヒョンを抱きしめるフィ
ジャヒョンを信じていなかったわけじゃなく
ジャヒョンを守れなかった自分が憎かったんだとフィ
わかってますとジャヒョン
フィならどうします?私を捨てられます?とジャヒョン
死ぬ気だったのか?とフィ
最初はそうだったけどフィが死んだと思って復讐することに
私はフィが愛した昔のジャヒョンではありませんとジャヒョン
抱きしめるフィ

相変わらず喧嘩するクッタンとルシゲ

ヨギョンはジョングクを呼び出す
誰の味方なのか?とヨギョン
誰が真の敵かうかがっているとジョングク
そこにフィが現れ私の真実だとジョングク
驚くヨギョン

ガンが弓の練習をしているとき、弓に毒が塗ってあり
倒れてしまう

ジャヒョンとフィは誰が敵か調べていた
そなたは同士だとフィ武術はできませんがとジャヒョン

ガンは上王を生かしていたせいでこんなことに!と叔父に言われ
甥を死なせたら民は黙っていないとガン
大妃に相談しないですすめたら?とナギョム

上王を守っている人たちがガンを殺そうとしていると大妃に連絡が入る
前王様がガンの手下に連れ去られようとしていて大妃様が守る
私が殺されそうになったと裏切り者は排除せねばとガン
連れて行かれる上王
非難する大妃に私を認めてないんですねとガン

ナギョムは上王の母を追い出そうと計画していた
あのてこの手でガンに頼む

上王は流刑地に送られフィが見守っていた

ジョングクは叔父に会い、毒薬を渡され
殺してほしい人がいると頼まれる
叔父はそれで敵か味方か判断しようとしていた

フィたちは張り紙をしていた
それは王位を奪うための紙だった

不滅の恋人 15話 感想

ジャヒョンとフィ、一時はどうなることかと思いましたが
無事くっつきましたね!
それがほんとに嬉しいです!ジャヒョンのお父さんは
ジョングクを信じたんですかね?だから書いたのかな?
家族思いのいい人なので幸せになってもらいたいと思いますいつも。。
ナギョムもどんどん凶暴化してきてガンじゃ絶対止められないでしょう
ってとこまで来てますよね!?怖い人ですねナギョム
あとクッタンとルシゲの会話が面白くて、いい休憩ができます!