「雲が描いた月明かり」  あらすじ 11話 ラオンの前に現れた尚膳、ハン・サンイク。 そこへ待ち合わせしていた相手、世子がやって来て話を聞かれており 尚膳はラオンに記憶はないが自分と昔に縁があったと答えた。 そして一旦・・・