「雲が描いた月明かり」  あらすじ 16話 ラオンの帰りを待っていた母。 振り向き目の前に立つのはラオンではなく、生きていてと願った 自分の夫だった。 急いで逃げろと言う夫はラオンはと言いながらも妻を隠し 追われた儀禁府・・・