愛の不時着 15話 あらすじ(ネタバレ)

スンジュンが屋上へ逃げて、もう終わりだと思ってるシーンから始まる。
終わりだと思ってる時に、ダンのことが頭に浮かぶ。
屋上のドアが開き、入ってきたのは、元々北朝鮮へ助けていた男だった。

少佐が、隠れ家から逃げようとすると、ジョンヒョクがいた。
ただ、そこに警察が来て、ジョンヒョクは、少佐を撃てずにいた。
そこで、ジョンヒョクが撃つのをやめようとすると、少佐がジョンヒョクへ撃とうとした。
その瞬間に警察より少佐が撃たれ倒れる。
少佐は、ジョンヒョクの父親のことを話、ジョンヒョクが北朝鮮に帰っても良いことはないよと言い、死ぬのであった。

北朝鮮のジョンヒョクの村では、マンボクの家族が連れ去られる寸前に、ほかの村の人達により助けられる。
連れ去ろうとしていたのは誰の部隊かは分からないが、なんとか収まった。

韓国の警察に北朝鮮の人が入ってるという話が入ったのか、ジョンヒョクの部下達を捕まえに来ていた。

ジョンヒョクやジョンヒョクの部下は、警察へと連行されるのであった。
通報したのは、セヒョン夫婦であったようだ。

ジョンヒョク達は、何もされず、尋問にあうだけであった。
北朝鮮からきたのかどうかを確認しているだけのようだ。

北朝鮮へも話は、入り、ジョンヒョクの父親は、ジョンヒョクを心配する。

セヒョン夫婦は、今一度セリの父親に話をしに行くが、話を聞いてはもらえない状況ではあった。

警察がジョンヒョクのスパイ的な映像を探していたが、全てにおいて、模範市民の行いをジョンヒョクは行っていた。

セリは、警察の人からジョンヒョクがウソをつき、ジョンヒョク1人が罪を被ろうとしていると話す。
北朝鮮でのジョンヒョクの助けの数々を話していくセリであった。

ジョンヒョクの部下達は、何を答えたかというと、大した内容を話していないため、セリと答えとジョンヒョクの答えに対しての正誤判断ができないのであった。

セリは、警察の人にお願いし、2人で話せるようにする。
セリとジョンヒョクは、2人で話した。
ただ、監視カメラがあるためか、ジョンヒョクは、どうしても本当のことを言わないでいた。
セリは、頑張って、ウソを言わないでというがジョンヒョクは、それでも認めずにいた。
そして、セリはそのまま話に折り合いがつかないまま帰るのであった。
その後すぐにセリは倒れてしまい、病院に運ばれるのである。
それを見て、ジョンヒョクは泣くのであった。

スンジュンは、ジョンヒョクの村に来ていた。
そこで、村の人達にご飯を食べさせてもらい、ジョンヒョクの家に入る。
そこでダンに電話をし、ダンは、ジョンヒョクの家に来た。
ジョンヒョクの家で、2人はロウソクをつけ話す。
スンジュンは、一度セリにあげた指輪をダンの薬指につける。
ダンは、泣くのであった。
スンジュンは、今後、まともな男になってダンの前に現れたらチャンスをくれと言う。

翌日、スンジュンをダンは平壌空港にて見送る。
その後、ダンは、誰かに連れ去られ、スンジュンに電話があり、ダンのところに向かうスンジュンである。

セリが危篤状態に陥る。
ジョンヒョクは、そこに駆けつける。

スンジュンは、ダンを助けに行き、撃たれて倒れる。
ダンは、救急車でスンジュンを見守っていた。

セリは、危篤状態のままであった。

「사랑의 불시착 15화」の画像検索結果

 

  愛の不時着 15話 感想

ジョンヒョクが捕まり、セリの気持ちが持たないですよね。
ただ、ジョンヒョクの考えもあり、セリも困惑するが、死んだらダメですよね。
スンジュンがカッコ良かったです。
ただ、死んだらダメですよね。
残されたダンがかわいそうですよね。
でも助けに行ったのは正解です。
次は最終回となりますが、どういう展開で終わりを告げるのか楽しみです。

 

 

愛の不時着 16話(最終回) あらすじ(ネタバレ)

スンジュンが撃たれて、ダンが駆け寄るところから始まる。
ダンが救急車を呼び、スンジュンが倒れていた。

セリは、危篤状態にあり、ジョンヒョクが駆けつけた時には、かなり危ない状況であった。

スンジュンに声をかけるダンである。
ジョンヒョクの家でダンに言ったことを覚えてる?と話かけ、待とうと思ったんだから、生きて欲しいと願うのである。
スンジュンから言われたことがとても嬉しかったと話すダンであった。
2人でラーメンを食べた時の話をする。
ダンは、その時に、スンジュンが良かったと話す。
その後、スンジュンは意識を失い、亡くなるのであった。
ダンは、スンジュンに寄り、泣き崩れるのである。

セリは、どうにか意識を保つのであった。
セリの両親は、ジョンヒョクをどうにかセリのそばにいさせてあげて欲しいと言う。

ジョンヒョクの父親は、韓国へとどうにか話し合いをしていた。
どうにかして、ジョンヒョク含めて、6人ともを北朝鮮へ帰国させる準備をしていた。

セリの母親より6人の送還が決まったと話す。
セリは良かったと言うが、見送りには行かないと言うセリではあった。
今の怪我の状態だとジョンヒョクを心配させるだけだと話す。
セリの母親は、ジョンヒョクがずっとそばにいたということを言ってくれた。
寝ずに食べずに何日もそばにいたのであった。
セリはそれを聞き、泣いてしまうのであった。
やっぱり会いたいと言う、セリである。

母親によって、ジョンヒョクのところまで行こうとするセリである。

ジョンヒョク達6人は、軍事境界線まで来た。
6人は降りて、境界線を越える準備ができていた。
境界線を渡ろうとしたところにセリが到着する。
セリは走ってジョンヒョクに駆け寄り、ジョンヒョクとセリは抱きしめ合うのであった。
なぜ手錠をかけられるのか?連行されるのか?と聞く、セリである。
ジョンヒョクは、それでも無理をするなと言い、セリと出会えたことを何よりも感謝していると言う。
警察では、セリを傷つけてしまいごめんと言うジョンヒョクである。
会いたいと思ったらどうすればいい?と言うセリである。
ジョンヒョクは、その返答として、会いたいと心から願えば、会えると聞いたことがないか?と言う。
2人とも、愛してると言い合い、ジョンヒョクは北朝鮮へと連行されてしまうのであった。

ジョンヒョク達を軍事部長が襲い、殺そうとする。
それをジョンヒョクの父親に助けられるのであった。

ダンは、セヒョンやスンジュンを殺すよう指示した人へと復讐していた。

セヒョンとセヒョンの妻は、また悪巧みをしていた。
父親の家に行ったときに、セリがいた。
そこで、セヒョン夫婦は、実刑になり警察へと連行された。

セリが寝る前にメールが届く。
警察の人にジョンヒョクが予約のメールの送り方を教えてもらうのであった。
そのメールを楽しみするセリである。

ダンは、スンジュンに貸していた部屋を引き払う際に、スンジュンとの思い出を思い出していた。

その後、ジョンヒョクとダンがジョンヒョクの家で話す。
ダンは、スンジュンのことは死んだことにせず、遠いとこほに行ったとウソをつく。

ダンは、カメラをジョンヒョクに返した。
壊れていたが、直したと言う。
スイスの時の写真を見たが、そこには、セリが写っていた。
ダンは、スイスの時から始まっていたのだと言い、家を後にする。

ジョンヒョクのメールは、1年分しか送れず、セリの誕生日が最後となる。
最後は、会えることを祈ってのメールであった。

ジョンヒョクは、軍を除隊し、交響楽団に入ることとなった。

一年後、セリはスイスに来ていて、街を歩いていた。
何回もスイスに行ったりしていた。
ジョンヒョクと会えるのではないかと思い行っていたのだ。

そして、パラグライダーで着地したところにジョンヒョクが会いに来た。
セリは、ジョンヒョクに抱きつくのであった。

スイスで演奏会に参加し、セリとジョンヒョクは、隣に座り、手を繋ぎ、演奏を見るのであった。

最後は、今後もスイスで2人、過ごすのであった。

「사랑의 불시착 16화」の画像検索結果

 

愛の不時着 16話(最終回) 感想

ジョンヒョクとセリが韓国と北朝鮮という近くて遠い場所で過ごすこととなり寂しい気持ちでした。
ジョンヒョクのメールが1年届くということが見ててものすごく良いなという気持ちになりました。
セリは、毎日が嬉しかったでしょうね。
ダンは、スンジュンのことを思い、最後は、演奏で成功するのも良い話です。
スンジュンが生きていればよかったのに、、、残念。
最後はジョンヒョクとセリが2人仲良くスイスで過ごすという終わり方でしたが、本当に良かったです。
国のあり方を考えさせられるドラマでした。
終わったことが寂しく感じます。

 

『愛の不時着』あらすじ(ネタバレ)第1〜16話(最終回)

 

 

愛の不時着の動画を見たい方は下をクリック

愛の不時着 無料動画