チョコレート あらすじ(ネタバレ)13、14話

チョコレート あらすじ(ネタバレ)13話

 

ガンとチャヨンの記憶が蘇ってくる。
食堂でのことへと戻ってくる。
ガンは、チャヨンに来ませんでしたよね?と話す。
待っていたのにと言う。
そこに叔父さんの姪が来る。
ガンのことが好きだったんだと話す姪であった。
その上で、好きな気持ちが蘇って来たと言う。
ただ、ガンは、好きな人がいると話す。
そのため、諦めるしかないと姪は言うのであった。
元々、飼っていた犬のサンの息子であるパダに会った。
ガンは、サンのことも思い出していた。
そして、ホスピスの院長へと連絡して、もう少しの間休んでもいいか?と聞き、了承を得るのであった。
電話から戻ったらパダにチャヨンが水を飲ませていた。
ガンは、もう少しいて欲しいと言ったら迷惑ですか?とチャヨンに言うが、黙っていたチャヨンであった。
チョコレートの約束は破ったが、今回は破らないと言う。
パダにご飯を食べさせるチャヨンである。
ガンは、チャヨンに一緒にいてくれてありがとうと話す。
その時にテヒョンより電話がかかってくる。
そこで、色々と聞かれる。
パダに話しかけながら眠るガンであった。
チャヨンは、ガンと母親と叔父さんの写真を見ながら、ガンにまた会えて嬉しいと言う。

ホスピスでは、天国へと旅立った人達の写真を師長と看護師とで見ていた。
スーザンと師長は、マイケルのクイズについて調理場で話す。
コリアンタウンで食べたご飯を食べさせてあげたいという思いからのマイケルのクイズであった。
クイズの答えは白玉であった。
それを師長は、ガンやマイケルの母親に話すのである。

チャヨンが知り合いの家に戻って来た時に、パダは亡くなってしまっていた。
亡くなったパダを毛布で巻いて、待っていたガンであった。

ジュンは、ワンドに来ていた。
叔父さんの姪から場所を聞くのであった。
父親から電話があり、ガンに会いに何で行ってるんだと聞かれる。

院長が来ないからジュンの父親が外に出ていると調理師のおばさんに会う。
そこで、ジュンの父親は、昔の話を色々と話す。
そこに院長が来て、ジュンの父親を殴るのであった。
おばさんは、ここをすぐに出て行くから許して下さいと言い、ジュンの父親は少しの文句言って、帰って行くのである。
おばさんは、泣いていたが、院長はそれに対して何も言わずに去って行くのである。

ガンとチャヨンは、パダのお墓を叔父さんのお墓の横に作っていた。
家に戻るとジュンと会うが、ガンは、眠いと言い、部屋で眠るのであった。

ガンは起きてから海岸にいたチャヨンに話しかけに行く。
ミンソンに心の中で謝りながら、ガンは、チャヨンへと好きになってもいいですか?と聞く。

 

チョコレート 感想 13話

この話の最後にガンの気持ちをようやく伝えることができ良かったなと思いました。
ミンソンに謝るところはガンらしいなと思います。
ジュンは、これまでのことを話すと父親に言ったことはよかったのかなと。
ただ、病院の運営に対して何か変化があるのかと考えると微妙なところですね。
チャヨンは、ガンの気持ちにどのように答えて行くのか気になりますね。
一旦は、何も答えないような気がします!
とりあえず、次を楽しみにしていますね!

 

 

チョコレート あらすじ(ネタバレ)14話

 

コソン大学病院にガンは来ていた。
会長が倒れたことを知るのが遅くなってごめんなさいと言う。
会長と少し喋ることができ、会長はおじさんには会えたのかと話す。
会長はいきなり口うるさくワンドに帰ればいいと叫ぶのであった。

ジュンとジュンの父親は、おじいちゃんのお墓前で2人で話すのであった。
ジュンは、結局のところおじいちゃんが違うという話は、出来なかったのである。

チャヨンは、味見をテヒョンに頼むのであった。
その時にガンがご飯を食べに来る。
テヒョンが気を遣いその場を去る。
ガンは、そのまま料理を作ってと頼む。
その時に、告白したことからの自分の気持ちを話す。
チャヨンは、それに対して何も言わずにいるのであった。

看護師の父親が来て、看護師を連れて帰ってしまうのであった。

連れて帰った後、ガンがその看護師の父親に殴られたということである。
その上で、チャヨンが来て、冷やしてと言う。
ガンは、受け止め方を自分で考えると言う。
チャヨンは、それに対して、また、何も答えられずという状況である。

その後、ジュンからチャヨンに連絡が来て、ジュンから聞きたいことがあるということである。
チャヨンは、何の料理を食べたらいいのかと聞かれたため、教えてあげる。
ジュンは、1人悩みを抱えながら、料理を作り、食べるのであった。

ジュンは、ガンを呼び出す。
ガンが来てからまたキムチご飯を作る。
ガンにジュンは、コソン財団の重鎮の名前を2人教える。
ジュンの母親を気に入っていない人達だと言う。
ガンは、昔ジュンの母親にテストの兼ね合いで、ふくらはぎの裏を定規で叩かれてるのを思い出す。

師長は、調理師のおばさんの家に行くのであった。
そこで、師長は、気晴らしに来た。
師長から院長は、ポッサムキムチに目がないと聞く。
ただ、おばさんは、私の料理は食べないよと言う。
それでも作ってみるおばさんであった。

チャヨンは、母親が住んでいたという住所に行ってみるのであった。
母親は、詐欺を行っていたのである。
チャヨンは、母親をバス停で待っている男性に声をかけに行くのである。

テヒョンは、チャヨンにメールで母親は見つかった?と送る。
返答は、見つからなかったという返答である。

ガンは、ジュンの母親と話している時に、チャヨンから電話をもらい車で迎えに行く。
ホスピスは、閉院させないと言い、そこを去る。

調理師のおばさんは、料理を作りホスピスの前に来るが、そこで認知症が発症してしまう。
最終的には、院長に見つけてもらうのであった。

チャヨンとガンは、海岸沿いを歩くのであった。
チャヨンが昔の話をしながら歩く。

 

チョコレート 感想 14

ガンは、チャヨンのことを考え過ごすところがみててよかったです。
最後も2人の気持ちに素直になれて良かったかなと。
ジュンは、微妙な状況ですね。
母親が暴走してしまってる感が否めないですからね。
父親は父親で頭が良くないっていうところが難点ですね。
ホスピスが今後どうなるのかという部分も気になります。
無くならないで欲しいですね。

 

 

チョコレート あらすじ(ネタバレ)全話

チョコレート あらすじ(ネタバレ)全話

 

 

韓国ドラマ チョコレート 動画

韓国ドラマ チョコレート 動画