『オクニョ 運命の女』あらすじ(ネタバレ)42話

クムオク尚宮に待たされたオクニョ。
散歩がてらジェソと宮内の外に出ていた王は、たまたまオクニョを
見つけてしまう。
そして近くへ行き王はビックリしオクニョもまた、外で会っていた
ファンが王の格好をしておりビックリする。

勅書を見せたオクニョは王に預け、宮を後にするが今までの無礼を
後悔しながらも、オクニョの知るファンが王でよかったと
クムオク尚宮に話す。
今までオクニョは、この世に家族はいないと思っていたと。
事情はどうであれ今まで私を見守ってくれるお兄さんがいたと
嬉しそうに話すオクニョ。
そしてオクニョは当分自分の身分を王に隠すことにした。

日が経つのも早いことで刻々と進んでいく中
大監は次の計画で大尹の処理、王と決着をつけるべく次の行動へ。
王の前に大監や明の使臣が集まり、明の使臣は王に宣戦布告をする。
しかし王は昨晩オクニョより預かったテスの遺品を使臣に見せた。

勅書の内容は…

明の王室は朝鮮の體探人パク・テスが明と朝鮮の国境で女真族を
討伐した功を認める。
又、明の王室はパク・テスの願いを受け入れ女真族討伐の為なら
国境を超えることを許可する。

内容を皆の前で読み上げた明の使臣。
どこから勅書がでて、出所はたしかかと王に尋ねるが王は答えず
明の使臣に答えさせ、確かに先代皇帝陛下の勅書だと答えた。

そして、国境問題について明の王室は勅書で示しているのに
何故自分を脅迫してくるのかと王。
宣戦布告をした使臣に、先代皇帝陛下の勅書を無視するまでの
明の王室の意見が変わる意見は何故だと。
王は大臣たちと明の使臣に間でどんな不当があったのか
必ず明白にすると怒りを表す。

こうしてイ・ジョンミョン大監の無罪が決まり、ジホン、ソンホ
捕まった者が釈放された。
立場が危うくなった大臣たちは、自分たちの行いが分かれば
大変はことになると騒ぐ。

 

大監は勅書を渡したのがオクニョだと分かり、ナンジョンの言う通り
甘く見てはいけない存在だと後悔。
王妃に呼ばれた2人は、王妃に叱られながらも、オクニョの名を出す。
王が外で会っていたのはオクニョだと言うナンジョン。
王妃はオクニョを可愛がっていあため言うことができなかったと
全てを告白し、今回の勅書がテスの物でありオクニョが王に渡し
そして今までも数々の件を邪魔してきたのもオクニョだと。

オクニョの身の危険が増す事となりジホンはじめ皆がオクニョの
心配をする。
そして王妃にまで知れた事でオクニョに対する目は更に鋭くなると。
夜、王に会い王もまたオクニョが危険な目にあう事を予想。
オクニョがテウォンに気を持っているのを知りながらも
宮人になり自分の妾として傍で見守りたいと言う王にオクニョは
突然の事で言葉を失う。

オクニョの願いで王に典獄署の茶母に戻してもらった。
典獄署の中に入るなりオクニョ、オクニョと役員から囚人まで
皆が喜ぶ姿を見せ、オクニョもいっぱいの笑みで返す。

そしてソンホは、政治で立ち向かうのではなく血と刀で
立ち向かう事を決意。
今まで計画してきた事が決行される。

まず初めに翌朝、ナンジョンの食に毒をもる。
ナンジョンは職を口にし苦しむ。
直ぐに医者を呼ばれ毒を吐き出す。
一番に疑われたのはチョングム。しかしチョングムは
つまみ食いをしようとしただけで、ナンジョンの食を用意した者を
探すよう命ずる。

オクニョはヨンデとジョンスに頼みドンチャンを捕える事に。
オクニョは何やらドンチャンと取引をしようとしている。
ソンホに状況を聞くがまだ変化はなく。
そしてオクニョも血と刀で復讐を誓ったのだった。

 

【感想】
オクニョは何でもやり遂げれる女の子と思っている私。
でも、王女の身分を隠しどこまでやっていけるのか
次に王女と分かった皆はどうなるのかが今は気になって
仕方ないです。

 

『オクニョ 運命の女』あらすじ(ネタバレ)&感想 1~51話(最終回)

 

 

無料動画もあります。

韓国ドラマ『オクニョ 運命の女』 

無料動画(日本語字幕なし) 第1~51話(最終回)